俺は飲食店の店長をしている。
昼のピークは正社員人とパートのおばさん一人、バイトの女の子人(20才の子人と22才)で頑張ってる。
昼のピーク後から夕方時までは、俺と20才のバイトの子の一人、智恵美と二人っきりで仕込みや掃除をしてる。(正社員は階で睡眠)
今日は時分くらいから暇になったので、智恵美が料理の勉強がしたいというので、材料の仕込みを手伝わせたのだが、包丁の扱いがあんまり良くないので、手取り足取り教えていくうちに、股間が智恵美の可愛いお尻に当たっていて、だんだんムラムラしてきてしまったので、たまらなくなってしまい、後ろから胸を触ってしまった…
すると智恵美は一瞬ビ クッと身を強張らせ、「店長…駄目ですよ…」と小さな声で呟いた。
普段は元気いっぱいな彼女ですが、この時はおとなしかったので、包丁を置かせてからこちらに向かせてディープキスをしながら制服を捲りあげ、ブラをずり上げて生のオッパイを揉みしだいた。
しばらくすると、「んふぅ...んっ..んっんっ...」って感じ始めたので、キスを止め、顎から首へ、首からオッパイへと舌先で舐めていき、綺麗なピンク色した乳首にたどり着く頃には智恵美は敏感に感じるようになった。
乳首を舐めると「ひゃんっ!! ああん...あっ...んんっ...だめ...気持ち良いです...」と言ったので萌えに萌えてしまい、優しく丁寧に舐め、時には激しく吸ったりした。
すると智恵美は「ああん!!! いいっ!!!」と声をあげて喜んだ。
そろそろセックスをするためにズボンを脱がそうとした時に駐車場に来客の車が入って来るのが見えたので、ここで終了した。
すっごく残念だったよ…
続きができる日があるといいなぁ…
ちなみに智恵美のスペックは…
身長㌢くらい
体重は㌔くらい
見た目中学生に見えるくらいのロリ体形のギャル。
性格は純粋で優しくて人懐っこいが、少々お喋りがうるさいのがちょっと…