私は、年前に入社しました。
入社して初めての職場は、受付でした。
ヶ月が経ち仕事にも慣れて来ました。
正面玄関にある受付に誰よりも早く出勤して笑顔で挨拶をしていました。
その頃、一人の男性が私に声を掛けて来ました。
受付でお世話になっている先輩から社長の息子さんと聞いてびっくりしました。
すごく優しくしてくれて気に入られてしまいました。
年目に私は、人事部へ移動になりました。
その部長が社長の三男です。
部長が、私を人事部に移動させたのです。
これから毎日が楽しくなる予定でした。
配属された人事部には、部長室があります。
先輩に聞いてみると会社の重役は、全て社長の身内だからと教えてくれました。
その年に入社した社員は、人事部に入りませんでした。
まだ仕事を教えてもらう年目です。
先輩達も優しく仕事を教えてくれます。
雑用ばかりですが、後輩がいると、なかなか先輩達に聞く事も出来ないので良かったと思っていました。
配属されて週間目でした。
出勤したら私の机がありませんでした。
係長へ聞くと、部長が私に仕事を手伝って欲しいと係長へ言ったみたいで机は、部長室に移動してありました。
部長が、私を必要としてくれたと嬉しくて仕方がありませんでした。
でも部長室に行ってから部長は、私をメイド扱いにしたり、人目を気にする事もなく、体に触ってきます。
部長は、社長の息子だから職場の課長や係長も見て見ぬふりをします。
先輩に助けて欲しいと頼んでも部長の女性に対する異常なまでの性癖を知っていて、先輩達は私に部長が、興味を持って喜んでいるみたいです。
私に給料を貰ってるんだから部長の相手をしなさい。
仕事は、半人前なんだからね。
私達のお尻を触りに部長が来ない様に確りお世話しなさい。
迷惑をかけないでねと言われます。
部長室から私は、無断で出る事も許されません。
勿論、食事やトイレもです。
係長に渡す書類は、内線で呼び出して部長室に先輩達が取りに来ます。
部長室の私は、部長の左側にずっと立たされます。
部長は、席に座り私のお尻や大切なところを触って楽しんでいます。
私は、歯をくいしばり耐える事しか出来ません。
手で払いのけたり、お尻を動かして避けたりするとスカートを切られたりします。
手を前で組みながら涙を流して耐えるしかありません。
私は、部長の好みで膝上まで短いスカートを穿かされたり、丸襟のスケスケなブラウスを着せられます。
私の前に部長の相手をさせられていた女性は、友達の相手をさせられているとその女性の恥ずかしい写真を私に見せて部長が笑いながら言っていました。
課長や係長の写真もあります。
昔、課長と係長は専務の相手をさせられていたみたいでお兄さんの専務が人事部に来ると顔が青ざめています。
私は、アパートにも帰らずに部長のマンションから出勤しています。
お昼も夕食も部長とすませます。
部長の相手をさせられて一年が経った頃からです。
机の下に正座をして部長のモノをしゃぶらされています。
毎日、回ほど飲まされています。
部長のマンションでは、無理矢理というか脅されて色々な格好をさせられています。
部長の一番のお気に入りは、セーラー服とブルマです。
学校は、ブレザーでしたからセーラー服も着た事もないし、ブルマなんか穿いた事もありません。
すごく恥ずかしいです。
会社が休みの日は、部長のお友達が遊びに来ます。
男性が、多いので私の格好を楽しみにしているみたいです。
私は、部長が来年に入社後輩を気に入る事を期待する反面、私は部長のお友達に笑われる生活をするのが嫌です。