小中まで母の彼氏にほぼ毎日エッチな遊びをされていました
続きを書く前に‥
私を装ってコメントした方には申し訳ないのですが
私はその後思春期には性的なものにすごく嫌悪感を抱き
初体験は才までできませんでした
彼氏ができてもセックスを拒否するために別れを繰り返してました

だけど小中までの私はおじさんとするエッチな遊びの虜でした
初めてのイタズラから数日後にはおじさんのおちんちんを舐めてもっと興奮することを覚えました
ちょっと塩っぽい味がするおちんちんを舐めながらの形でおじさんが私のを舐めまわします
今考えるとおじさんは下手でした
でもむやみやたらに舐めまわされて気持ち良く感じていました

とても鮮明に記憶しているのが‥
ある夏休みに親戚含め家族皆で車に乗ってどこかへ出かけました
私は自ら希望しておじさんの車に乗りおじさんと二人だけになりました
助手席に座ってたら期待通りおじさんが私のアソコを弄りだします
私はスカートをまくり
パンツの上からじゃ足りず腰をくねらせたら
おじさんがパンツの脇から指を入れてクチュクチュ音をたてるように弄ってきました
パンツの脇からだから微妙に動かし辛い感に
ガマンできなくなってどちらからもなく私はパンツを脱ぐ感じになりました
車は走ってます
横に車が通ります
今スッゴいエッチ
と思ったんです
小の女の子が助手席でパンツを脱いで
親子ほど年の差のおじさんが手を毛も生えていない股間に伸ばしてます
横を見るとおじさんのおちんちんがズボンの中でパンパンに大きくなっています
私は自分から手を伸ばしておじさんのズボンのチャックを下ろしました
固くて太いおじさんのおちんちんが飛び出します
思わず体を折っておちんちんをくわえました
初めてすごく美味しく感じたんです
私のアソコからもたくさん溢れてグチョ‥クチュ‥チュ‥って音が鳴ります
頭が真っ白になるほど興奮しました
そしたらおじさんが
もうあかん
と私の行為を止めました
車は信号待ちで横にトラック
前に母の車
でおじさんはヤバいと思ったみたいです
私は普通に座り直し
青になって走りだしたらおじさんがまた触ってくれました
おじさんのを私もおじさんの上着を膝に乗せてかくしながらムニムニ触ってました
いつまでもイカない刺激に体がすごく熱くなってました