一つ前のサトミさんの投稿と重なるんですけど、わたしも似た様な経験があり
ます。
わたしも中学生の時に親しい知人男性からオナニーを無理矢理見せられたりし
てて、当時はやっぱりかなりショックで忘れてしまいたかったです。
わたしは中学の時に水泳部だったんです。
当時、母が離婚して一人っ子だった私は母と二人で県営団地に住んでいて、一
つ下の階には一人暮らしの中年男性が住んでました。
その男性は親切で面倒見の良い人だったので、周りの住人の方達からも慕われ
てるような人で、母やわたしも男性のいない家庭でその男性を頼りにしていた
のは確かでした。
母が離婚する小学年生の頃までは近所のスイミングスクールに通っていて水
泳がすごく好きでした。離婚でスイミングスクールも辞めることになって、中
学では迷わず水泳部に入部しました。
小学生から水泳は得意だったので、中学でも一年生から大会に出たりして結構
活躍してたんです。
そういう大会とかの時に、仕事で忙しい母親の代わりにいつも応援や写真を撮
りに来てくれるのが、その下の階の中年男性でした。
大会の次の日の夜には写真を持って来てくれて、母にわたしの活躍を話して聞
かせてくれたりしてたんです。
最初はわたしも母も中年男性のことを「いい人だね」て話ししたりしててたん
ですけど、それが変わり始めたのはわたしが中学年生くらいの時でした。
水泳部はシーズンオフになると陸上での筋トレや走り込みのみになるので、休
日とかは部活仲間と近所の市営の温水プールみたいな所で泳がせてもらったり
してたんです。
当然、学校のプールではないので一般のお客さんも居るのですが、いつからか
階下の中年男性も温水プールに入って来るようになったんです。
しかもカメラ持参で、わたしが泳いでるのを勝手に撮ったり、プールから上が
らせて水着姿を撮ったりしてくるよになったんです。
当時、友達達よりも発育が早かったわたしは胸の膨らみや陰毛なども気にする
ようになってきていて、そうやって男性に写真を撮られるのにすごく嫌悪感を
抱く様になってました。
それでとうとう我慢出来なくて母親にも相談したんですけど「里奈に喜んで欲
しいだけよ」と真剣に聞く耳持ってくれなくて。
それで中学年生の冬休みの昼間だったと思います。
仕方なく一人で、男性に直接やめてくれるように言いに行くことにしたんです。
でも、男性の家に乗り込むのはイヤだし怖かったので、団地の集会所横にある
喫煙所でいつも団地の友人男性達と休憩しているのをよく見ていたので、そこ
を覗いてみることにしました。
喫煙所はブロックで覆われた四畳ほどの個室になっていて、いつも誰かがタバ
コを吸う時は換気の為にドアが開けっ放しになっているんですけど、その日は
ドアが閉められてる状態でした。中に居るかもしれないと思って、そっとドア
を開けてみたんです。
すると中には階下の中年男性ではなく、別の小太りの若い男性がいたんです。
わたしは男性は居なかったので、その小太りの若い男性に会釈をしてドアを閉
めようとしました。
すると小太りの男性はわたしを呼び止めて、階下の男性がもうすぐ来るから中
で待つ様に言ってきました。
わたしは何の疑いもなく中に入ると男性はドアを閉めました。中は蛍光灯の明
かりと換気の為に屋根と壁の間に隙間があってそこから陽の光が部屋の中を照
らしていました。
そして真ん中に電気ストーブもあって、結構暖かかったのを憶えています。
小太りの男性はわたしに無言で一冊のアルバム現像した時にもらえる紙製の
簡易アルバムみたいなものを渡してきました。
表紙には黒マジックで『里奈ちゃん 競泳水着』て書いてたのを憶えてます。
それで中を見せられてビックリしました・・・
そこには沢山のわたしの水着の写真が貼ってあって、一年生や二年生の夏の大
会の時に撮った水着の胸や股間のアップの写真、温水プールで友達と遊んでる
写真とか、飛び込む時に前屈みになってるお尻の写真とかもあって、見ていて
顔が真っ赤になって火が出そうになりました。
そして、小太りの男性の方を見ると椅子の横にある小さなスチール棚の引き出
しから紺色の布地のような物を取り出して、突然、自分でズボンを降ろし始め
たんです。
わたしは何故か男性の行動よりも見覚えのある紺色の布地が気を取られてて、
その間に小太りの男性はパンツまで降ろして下半身を露出していました。

そして、男性が紺色の布地を広げると・・・
それは紛れもなく、わたしが小学生の時にスイミングスクールで愛用していた
競泳水着でした。
胸の部分の『里奈』というネーム刺繍をわたしの目の前に見せ付けてから、男
性はフランクフルトの様な自分の股間にわたしの競泳水着を擦り付け始めました。
わたしは唖然として見ているしか出来なくて・・・
そしたら、男性の息が荒くなってきて、慌てたようにわたしの競泳水着の股間
の肌色裏地に自分のフランクフルトを押しつけたかと思うと、ものすごい勢い
で白い液体が噴出して、わたしの競泳水着の股間裏地を汚していきました。
小太りの男性は両手でわたしの競泳水着を広げて、「ほら、ほら、里奈ちゃ
ん、里奈ちゃん」と見せ付けてきて、我に返って怖くなったわたしがドアを開
けようとすると、そこに階下の男性が立っていました。
今でもあの時、わたしが受けていた猥褻行為を見つけた階下の男性の声を忘れ
ません。
「里奈ちゃん、水着汚されて、どうやったなぁ里奈ちゃん」
わたしは階下の男性を押しのけて、必死で家に逃げ帰りました。
この後も高校に入るまで、階下の男性に脅されて色々な猥褻行為を受けました。
高校年生の時に、やっと母が気づいてくれて警察に通報してくれ、その団地
は引っ越すことになりました。