何だかよくわからない体験ですが、小学年生の時のことです。
友達と市内のプールへ遊びに行き、泳いでいたとき急にトイレに行きたくなり、私は用を足しにトイレへと行きました。
用を済ませ、手を洗っていると「ごめんね」という女の人の声が聞こえ、振り向こうとした瞬間、後頭部に物凄い衝撃を受け、私は気絶してしまいました。
しばらく経って目を覚ますと私はトイレの個室に座らされており、その時着ていたスクール水着とは違う水着に着替えさせられていました。
ふと見ると太ももの上に手紙と一万円札が置いてあり、手紙には
「気絶させたりしてごめんなさい。私の弟がどうしてもあなたの水着が欲しいっ て言うの。悪いけど、一万円であなたの水着を戴きます」
一字一句まで覚えていませんが、こんな感じの事が書いてありました。

当時私は何が何だかわからずに混乱した事を覚えています。