とある県で仲居をしてます。
温泉旅館でお料理を出したりする仕事です。
普段は宴会場の勤務なのですが、夏休みなどは家族連れや個人のお客様が多い
ので宴会場ではないレストランの助っ人に行く事になります。
夏休みだけじゃなく、年末年始や長い休みはだいたいレストラン勤務なんです
けどね。
ウチの旅館は仲居の年齢が高く、二十代は私ともう一人しかいません。そこで
私ともう一人がレストランに入ります。
レストランは若いスタッフでやるのが決まりらしく、
三十代の社員さんが一人と、十代の社員さんが一人
あとはアルバイト高校生ばかりです。
そこで知り合ったのが雅也です。
高校二年生でつも年したです。
雅也は仕事に手を抜くタイプで、料理も勉強しないし、料理なんか適当にテーブ
ルに置いて来れば良いと思ってるタイプです。
自分の仕事に少しはプライドを持ってる私としてはイヤなタイプでした。
でも、運わるく雅也とペアで仕事をすることになってしまい、
根気強く仕事の段取りを教えて、
やっぱり若いせいかノミコミが早くてどんどん成長してくれました。
私はそれが嬉しくて、雅也のコトを弟みたいに接していました。
雅也も「カズとの仕事が一番やりやすくて楽しい」って言ってくれて、私も雅也
とやってるてると自分が教えたやり方なのでかってが分かって安心でした。
それから夏休みいっぱい雅也とペアで仕事して、九月
に宴会場に帰りました。
会場は違うけど毎日の様に顔は合わせるので、良く喋ってるんですが、十月に
「相談があるからのって」なんて言われました。
ついついお姉さん風をふかせてオッケーし、仕事が終わってから雅也のウチへ。
私は女子寮に入ってるので雅也を入れられないので。
雅也のウチは新しいオウチと古いのがあって家族は新しいオウチで、雅也は古
いオウチ住んでました。
相談は成績が悪くて留年しそうだ
ってコトでした。
私は雅也のコトが弟みたいに思えてたので、勉強教えてあげるからガンバってっ
て言いました。
それから毎日では無いものの結構一緒に勉強して、今回の期末は英語だけ凄い
悪かったけど中間よりかなり点数が上がったのです。
雅也も喜んでたけど私も凄い嬉しかった。
それで、期末のご褒美に仕事終わってからご飯連れて行ってあげました。
それから雅也のおウチに送ってあげたら
「渡したいものがあるから」ってコトで部屋に。
それで渡されたのが足袋ソックスと巾着でした。
仕事が着物なので考えてくれたのだと思います。
それからダラダラと喋っていたのですが、急に眠くなっちゃって…
雅也の家から女子寮までは車で三十分くらいあるので、雅也が「軽く寝てから
帰りなよ」って言ってくれました。
雅也のベッドで横にならせてもらい、寝ました。
枕が臭くて、「男の子って頭に汗かくってきいたもんたなぁ」なんて思いまし
た。
私はホントに寝入ってしまって大分たったのかな、なんかくすぐったくて起きま
した。
目をあけてみると雅也が私の胸を揉んでる
もうパニックです。
「なんで、ちょっとやめてよ」って言いながら抵抗しようとしたんですがうで
が縛られてて。
ばんざいしたあとに真ん中でまとめてあって、それをベッドのふちに縛られてま
した。
雅也は胸を揉んだり舐めてて、何度「やめてよ」って言ってもやめてくれませ
ん。
胸から手を離したと思ったら今度はジーパンに手をかけられてて…
体をヨジッテ抵抗したんですが、体の上には雅也が乗ってるし、手は動かないの
でたいしたことは出来ません。
ジーパンも下着も一気に脱がされてしまい、何を言っても聞いてくれません。
足を開かされて雅也の手が中心に触れてきます。
わたしは恥ずかしながらこの年で処女でした。
学生時代は太ってて、恋愛に縁がなく、卒業してからダイエットして普通体型に
はなったものの、彼氏が出来ても性行為が怖くて口でしたコトまではあるので
すが、それ以上の経験は有りませんでした。
雅也は「カズも気持ち良くしてあげるから」とか言って私の拒絶を聞いてくれな
いので、恐怖で涙がボロボロでてきます。
それでもいじられている場所はぬれてくるみたいで全然気持ち良くなんて感じ
なかったのに雅也は自分の服を脱ぎ、モノを私にあててきました。
「雅也、お願いだから口か手でするからやめて無理だってお願い」
って言ってるのに、とうとう入れて来ちゃったんです。
グググって入ってくると最初に感じたのは圧迫感。
そしたらイキナリ痛くなって、思わず「痛い」
って叫んだんですが、雅也は大丈夫大丈夫って言いながら入って来ます。
痛みに我慢出来なくて私は「私、初めてなの痛いからやめてよ」って言いま
した。
そしたら雅也は「またまたぁ」とか言いながら笑ってます。
でも抜いてくれたんです。
私も安心して、終わったんだ
なんて思いました。
が、雅也は「ホントだ血がついてる」とかいうと、さいど今度は指を入れてきま
した。
なかでうごかされる指が気持ち悪くて「イヤだもうやめて」って言ったんです
が、聞いてくれません。
そしたらイキナリ
「俺がカズの初めての男になってあげるね」って言って再度入れてきたんです。
やっぱり痛くて、逃げたかったんですが、出来なくて、
雅也はゆっくりゆっくり入って来てるんです。
どれくらい苦しんだのかわかりませんが、雅也が動かないので目をあけてみる
とキスされました。
顔を背けると両手で固定されてまたキス。
舌を入れて来ようとしたので歯を噛み締めて拒みました。
下半身はまだ痛くて、でも必死に耐えてるのに、
キスから離れた雅也はグっとまた入れてきました。
それで最後まで入ったんだと思いました。
「入ったよ」なんて言われました。
黙ってると雅也は動き出しました。
凄い痛くて、でも声をだしたら何故か負けだと思って耐えました。
有るのは痛みだけで、気持ち良くなんてなれませんでした。
どれくらいだったかわからないし、途中で気を失ってしまいました。
だからその後がどうなったかはわからないんです。
気づいたら服を来てて、雅也が私を抱きしめながら横に寝てたんです。
手もほどいてありました。
雅也から離れて起き上がると雅也も起きて、
「おはよう」なんて言ってきました。
見たくもなかったし、喋りたくもなかったので無言でベッドから出ようとしまし
た。
立ち上がろうとして足に力をいれたら、ズキっと生理痛をギュっとまとめた様な
痛みがありました。
何秒か動けない位の痛みでした。
雅也は「カズどうかしたの」なんて言って来たので痛みをこらえて自分の荷物
を持って帰りました。
一秒でもその場にいたくなかったから。
そのまま自分の部屋に戻って、いろいろ考えたんですが、
どうして良いかわからないし、
相談出来る相手もいません。周りに知られるのもイヤだし、自分に忘れるしか
ないんだと言い聞かせました。
午後になり出社の時間になって気づいたんですが、雅也の部屋に携帯と財布を
忘れてたんです。
出社して、ちょっと仕事をしたらご飯になります。
私達の仕事では社員の食事は四時半位です。
社員食堂でご飯を食べてると、学校帰りの雅也が出社して来ました。
今はまだ顔を合わせたくなかったから、自分の食器を片付けて外の休憩所に行
きました。
そしたら雅也が追いかけて来ました。
「カズ、話がある」って。
周りに人も居たので了承して旅館の建物のウラに2人で行きました。
そこで雅也から昨日の謝罪と告白をされました。
私にしたら謝られても元には戻せないし、好きな人も居たし、あんな事をされ
て平然と付き合うなんて無理なので、
「昨日のコトはなかった事にしよう。私も忘れるから」
って断りました。
私は板前の人が好きで、それを雅也も知っていたので諦めてくれたみたいでし
た。
重たい空気がイヤで
「あ、昨日雅也の部屋に携帯と財布忘れたから、明日持って来てよ」
って言ったら、取りに来たらって。
部屋に行くのは絶対イヤでした。
その時喋ってるのだって精一杯だったんです。
「今日は仕事終わったら用事があるからさ、お願いね
じゃー仕事戻るね」
って言って逃げました。
その日の仕事中は下半身はまだ何か挟まってる感じするし、
縛られてた腕は跡がついてたので両方に湿布して、周りには転んで捻ったって言
いました。
そして次の日に携帯と財布を渡してもらえました。
仕事終わってから自分の部屋に戻って携帯の電源を入れてビックリしました。
待ち受けが私の写真なんです。
しかも裸なんです。
データフォルダをみるとあの時の写真が何枚か入ってて、
私の裸とか、入れてる写真や口に入れてるものも有りました。
私は気持ち悪くてみんな消しました。
そして雅也に電話しました。
「あれ、どういうこと」
って言うと
「あ、みてくれた記念写真だよ」
って言わました。それから
「カズの携帯、いろんな人のアドレス入ってるんだねー
写真良くとれたから何人かに送ってあげようか」
って。
「それがイヤだったらまた抱かせてよ」
って言われました。
私は何も言えなくて黙ってると、
「さん私の好きな人に送ったらどんな反応するかな」
って言われて。
「雅也と付き合うならそんな事しない」
と聞くと
「自分の女を他人には見せたくないからね」って笑われました。
それて結局了承しました。
どうすれば良かったのかわからないんです。
これからどうすれば良いのかも。