ずいぶん前の話しですが。私が中学年の時です。
夏休みが終わりいつものように部活をして帰る予定が田舎からおじいちゃんが来るというので、早く帰る時でした。
帰り道に年のゆうじ先輩と会い一緒に帰ることに。途中で人のいない神社を通った時です。
ゆうじ先輩はいきなり私に好きだって告白しキスしてきました。
もちろん初キスです。
すぐに舌を入れてきて私もどうしていいかわからず、離れようとしたら地面に寝かされ私の下着を取りました。
当時はまだ見せパンなど無くすぐに下着でした。
もうすることはわかりました。
ゆうじ先輩も急いでズボンを脱ぎ私のアソコにすぐに硬くなったチンポを入れてきました。
でもすぐにできるわけもなく、ゆうじ先輩は慌てて何度も動き、そして急にバリバリと音がしたように私の中に全部入りました。
その時はめっちゃ痛かったです。
ゆうじ先輩は入ったことを確認して腰を動かしましたが、すぐに唸って動きは止まりました。
ひろ子、俺はおまえが大好きだ。好きだからひろ子を俺だけの子にしたかった。俺と付き合ってくれ。
そして私の中でまた硬くなってまた動きすぐに止まりました。
ゆうじ先輩は二度私の中で果てるとゆっくり抜いて私のアソコを口で拭いてくれました。
私は帰り道棒が挟まってる感覚でした。
嫌とも何も言えず犯されました。
妊娠はしませんでしたが。