小に私を襲った悲劇をかきます。
夏休みに市営プールに遊びにいった帰りしらないおじさんにいきなり後ろから抱きつかれました。
びっくりして暴れようとすると私の横に大きい車が通りそしてとまって人がおりてきました。
あ、もしかしたら助けてくれるのかなそしたら降りてきたおじさんはニヤニヤしながら近づいてきて足を掴み持ち上げ後ろから抱きついてきたおじさんと二人で私を持ち上げ車の中に押し込みました。
私はわけがわからずでも何人いるかはすぐわかりました。
運転手と抱き上げた二人、そして車にもう一人。
運転手のおじさんがいいました。
「おじさん達を気持ち良くする手伝いし てくれたらすぐ帰してあげるから、ね。
高学年ならできるからね」私はその瞬間体中鳥肌が立ち涙がとまりませんでした。
諦めた私をみて車の中では掴まれませんでした。
そして人気のないところで車を泊めると四人に一気に服をはぎとられ、みんなも脱ぎだして襲い掛かってきました。
やっぱりいやだから泣いて暴れてるとおじさんがいきなり怒って両手を手錠でかたほうずつ車に縛りつけ身動きがとれないようにされ、代わる代わる口やあそこにおじさん達のアレや、おもちゃみたいなものをいれられ地獄のような時間と痛みで気が狂いそうでした。
おじさん達は凄い嬉しそうに水着カバンの私の名前をみて「あいこちゃんのマ○コはつるつるでキツくて最高だね」と高笑いをしながら写真やビデオを撮ったりしていました。
最後は顔や口、あそこにも何回もどろどろしたのをだされ車の中は私の血とおじさん達の液体のにおいでむせ返るほどで解放されたのは夕方五時過ぎでした・・あのおじさん達の顔や行為は忘れたくても忘れれません・・・死んでればいいのに・・