乱文、駄文、長文ですみません。

私が高校一年の時の体験です。
ようやく学校生活も慣れてきた頃友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。
それでも慣れない事がありそれは痴漢でした。
私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に会い乗る所を替えたり時間を替えても必ず痴漢に会ってしまい痴漢に会っても電車を降りて違う車両に移動するけど其処でも痴漢に会うのでお尻を動かしたりして抵抗をするけどそれでもお尻を触ったり撫でられたりされました。
その頃は自分を可愛らしく見せようとスカートの丈を短くしていたのも原因だと思うけどそれでも同じ路線を使っている友達の中には痴漢 に会わない子もいました。
学校に行くにはその路線を使うしかなく毎日のように痴漢に会い続けながら必死に抵抗をして少しでも痴漢から逃れようとしていました。

あと数日で夏休みになる時でした。
その日は人身事故か何かのトラブルで電車が遅れていて来た電車は凄く混んでいました。
私は、やっと電車に乗ったのは良いけど後から乗ってくる人に押されて大分車両の奥まで流されてしまいました。
背の低い私はそれが苦痛で早く着かないかと思いながら電車はなかなか動く気配がなくドアもまだ閉まらなく人は乗ってくるので私はドンドンと奥の方まで流されてしまい私が流れ着いたのが車両と車両がつながっている付近でした。
その場所は、車いす用のスペースになっていて私は、そのスペースの隅まで流されてしまいました。
やっとドアも閉まったけどなかなか電車は動かなく私の周りには背の高い人たちが囲んでいて唯一窓から外が見えていたのであまり圧迫感は感じなかったけどそれでもオジサン達と触れているのが不愉快で早く着かないかと思いながら外を眺めていました。
やっと電車が動いたけど数分動くとすぐに電車が止まってしまいすると私の周りだけ空間が開いたので不思議に思ったけどそれが悪夢の出来事の始まりでした。
始めは様子見なのかスカートの上からお尻を撫で始めてきたので私は手で振り払うと暫くは、やめてくれたけど暫くすると再びお尻を触り始めてきて私はそれを振り払うといった攻防が繰り返していました。
すると今度は周りの人が見かねたのか私の両手を掴むので私は目を真ん丸にして驚いているとその隙にスカートの上からお尻を撫で始めてきたのでお尻を動かし必死に手から逃れようとしたけど痴漢の手はお尻から離れようとしませんでした。
すると今度はスカートが捲られる感じがするとショーツの上からお尻を撫で始めてきて今までそこまでされた事もなく驚きと羞恥心で今にも泣きそうになっていました。
暫くはお尻を触っていたけど次第にエスカレートし始めてお尻の割れ目に指を這わせながらゆっくりと上下に動かし始めてきて嫌悪感がして早く逃れようとしたけど周りの人達に体を押さえつけられていてその場から動く事もできずにされるがままにされていると今度はその指が前の方に向かって触り始めたので脚に力を入れてそれ以上前を触られないようにすると周りの人達が私の脚を強引に広げられると指が後ろから前に向かって触り始めました。
初めて男性に触られてそれもこんな人達に触られてしまい悔しいのと羞恥心で目から涙が溢れ出てきました。
後ろの男性はそんなのお構いなしに指を前後に動かしていました。
暫くすると今度は、指が前の方に移動すると割れ目に沿って動かし始めると時々クリトリス当たりを刺激してきました。
私はクリトリスを弄られるたびに体が無意識にビックと動いてしまいすると周りから手が伸びてきてブラウスのボタンを上から外されるのをただ見てる事しかできずにいるとブラウスを左右に広げられるとブラジャーが露にされてしまいました。
周りの男性達の出が伸びてくると遠慮無にブラジャーの上から乳房を揉まれ始めると今度は前側のスカートを捲られ日の光でショーツを照らされていました。
男性達の荒い息遣いが聞こえてきて私は早く逃れたい気持ちでいっぱいでした。
電車は私の気持ちと裏腹でゆっくり動いてはすぐに止まるを繰り返すばかりで一向に駅に着く様子はありませんでした。
痴漢達は段々とエスカレートしてきて後ろの人はショーツの横から指を入れてくるとお尻の穴と割れ目を弄り始めてくると上を触っている人はブラジャーを上にずらされると乳房が露わにされると両側から乳房を揉んだり乳首を弄ったりされてしまいました。
乳首は無情にも私の気持ちと裏腹に立ち始めてくるとマン○は濡れてきてるのがわかりました。
私がわかるって事は痴漢にもわかるって事で痴漢の人は濡れてるのがわかると指がゆっくりとマン○に入り始めると痛みが走り思わず声が出てしまいました。
今までマン○には、タンポンしか入れた事もなく男性のゴツゴツした指なんて入れた事もありませんでした。
暫く指を出し入れされていると指が抜かれたのでやっと解放されると思っているとショーツが降ろされてしまい下半身が露わになると今度は、脚を更に広げられてしまいマン○に温かく硬い物が触れてくるのがわかりました。
始めは何が触れているのかがわからなく困惑していると後ろから手が回ってきて下腹部を触りながら割れ目に触れると割れ目を広げるとさっきまで触れていた物を入れようとしてきました。
体勢が悪いのかそれはなかなか入れる事が出来ずに割れ目に沿って反れてしまっているとすると私の腰を掴むとお尻をつきだす格好にされると割れ目を広げてきて再び入れようとしてきました。
それでもなかなか入れる事もできずに割れ目に沿って反れてしまいそれでも痴漢は何度も入れようとすると少し入るとさっき指が入った痛みより激痛が走り「痛い」そう言うと無意識に腰を動かすとそれは抜けてしまい今度はしっかりと腰を掴まれると再び入れようとしてきました。
割れ目が広がり始め入り始めると「イッ、痛い、やめて」そう言うと口を塞がれてしまい更に中に入り始めると耳元で「どうだ俺のチン○は」そう言うと更に奥に入ってきました。
その時初めて私の中に入っているのが男性のチン○○だという事がわかり私の処女がこんな形で奪われてしまい目から目が溢れ出てきて頬を伝っていくのがわかりました。
チン○○は奥まで入っていてお腹を圧迫するほど苦しい感じがしてると周りの人達は乳房を揉んだり乳首を弄ったりしているとゆっくりと腰を動かし始めると再び激痛が襲い始めてきて痛みを必死に耐えていると今度は私の掌に温かい物を握らされるので見るとチン○○でした。
余りにも大きくって驚いて手を離そうとするとその人は離されないように私の手の上から握って前後に動かしていました。
後ろの人は腰を動かし始めると胎内を掻き回され腸を引きずり出される感じでした。
後ろの痴漢はゆっくりと動かしながら私の胎内を楽しんでいるように腰を動かしていました。
暫く動かされていると手に握っている痴漢の手が動くと同じくらいに後ろの痴漢の動きが早くなってきました。
すると手を握っている痴漢のチン○○から白濁した物が飛び出てきてブラウスにかかるのが見えると暫くして後ろの痴漢の動きが止まると胎内で暖かい物が広がり始めるのがわかりました。
電車はまだ駅に着く様子もなく後ろの痴漢はゆっくりとチン○○を抜くと違う痴漢がマン○にチン○○を入れ始めると再び動かし始めました。
次の人に入れられてもさっきほどの痛みはなく耐えられるくらいでした。
電車内の騒音と混ざりながらクチャクチャっと卑猥な音が混ざって聞こえてきて電車はまだまだ駅に着く様子もなく二人目の痴漢は後ろから手を回してくると乳房を揉みながら腰を動かし始めました。
私は耐える事しかできず痴漢達にされるがままにされていると車内アナウンスで私の降りる駅名が告げられると痴漢の腰づかいが激しく動かし始めました。
「イヤァ、ダメ中に出さないで」私は首を横に振りながら懇願したけど痴漢はそのまま奥まで入れると動きが止まると暫くして暖かい感じが広がってくるのがわかりました。
電車の速度がゆっくりと落ち始めるとホームに入ってくると痴漢はゆっくりとチン○○を抜くと降ろされたショーツを履かせられ外されたブラウスのボタンをはめてくれました。
電車がホームに入り停車をすると私はフラフラしながら電車を降りて近くの椅子に崩れ落ちるように座り込むと二人の男性に声をかけられたけど俯いて無視していました。
そのまま数分座っているとショーツが濡れて気持ち悪いのとマン○の中に違和感がありまだ何かが挟まっている感じがしました。
ホームには人がまばらになり始めてきて私はフラフラしながらトイレに向かい歩き始めると私に声をかけていた男性二人が後をついてきました。
トイレは、改札口と反対方向にある為駅のトイレを使う人はめったにいませんでした。
私はフラフラしながらトイレに向かい女子トイレの入り口まで来ると急に男性に手を引っ張られて障害者用のトイレに引きずり込まれました。
私は何が起きたのかがわからなく驚いていると二人の男性はニヤニヤしながら私に近寄ってきました。
私は逃げようとドアの方向に向かい逃げようとすると一人の男性に羽交い絞めにされるともう一人の男性がブラウスのボタンを外し始めると乳房が露わになると男性二人が一斉に揉み始めるので体をくねらせて男性の手から逃れようとしたけど男性達はそんなの関係ない様に揉んだりしてきました。
「イヤァ、やめて」私は懇願したけど男性達は私の声を無視して乳房を揉んだり舐めたりしてきました。
するともう一人の男性がスカートの中に手を入れるとショーツを脱がされてしまいそれを私に見せるとショーツのクロッチの所は血の混ざった白濁した精液が付着していてシミになってきました。
すると後ろの人が私の両足を抱え上げ脚を大きく広げられると恥ずかしい恰好をさせられるとマン○から精液が溢れ出てくる感じがわかりそれを鏡に映して私に見せようとしたけど私は目をつぶって見ないようにしました。
もう一人の男性はいつの間にかズボンを脱いでいてチン○○が露わになり男性はチン○○を握りながら私に近づいてくるとチン○○をマン○に押し込むと簡単に入り始めました。
「ンッ・・痛い」私はそう言うと男性は「凄くキツイよ」そう言いながら腰を動かし始めました。
動かすたびにクチャクチャと卑猥な音が聞こえてきて男性は嬉しそうな顔をしながら乳房を揉んだり舐めたりしてしてくるので嫌悪感がしていました。
「痛い、もうヤダ、ヤメテヨ、痛いよ」
「やめれるわけないだろ電車であんなことされてる所見せられたりしたらさ」
男性はそう言いながら楽しみながら私を弄っていました。
暫く腰を動かしていると段々と乱暴な腰づかいになり始めたので中に出されないように懇願しました。
「お願いします。中には出さないでください」
「うるさい、一回も二回も同じだろ」そう言うと男性は奥まで入れると動きが止まると温かい感じが広がり始めました。
「酷い、中に出すなんて」 「まだ、一人いるの忘れてるだろ」そう言いながら男性はゆっくりとチン○○抜くと私は床に降ろされるとその場に座り込みました。
もう一人の男性が私を強引に立たせると便座に手をつかせると強引に脚を広げさせるとマン○の位置を確認すると強引にチン○○を入れてきました。
「ウッ、痛い、もうヤダぁ」 「本当だ、凄く締め付けてくるな」そう言いながら更に奥に入れてきました。
暫く動かずにそのままでいるとゆっくりと動かし始めました。
私は早く解放してくれないかと思うばかりで男性は一向に終わる気配はありませんでした。
数分腰を動かし続けると段々と乱暴に動かし始めたのでこれで解放されると思っていました。
「中に出すぞ」 「イヤァ、やめて、中には出さないで」私は懇願したけど男性はチン○○を奥まで入れると温かい感じが広がってきました。
男性は最後の一滴さえも出そうと小刻みに腰を動かして出し終わるとゆっくりとチン○○を抜くと私はその場に崩れるようにしゃがみ込みました。
男性達は私を残してその場からいなくなり私はゆっくりと起き上がると隣の女子トイレに向かい一番奥の個室に入り便座に座ると胎内から沢山の精液が出てくる感じがしました。
汚れたマン○を拭くと制服の乱れを直してショーツを履いてから自宅に帰りました。