この間久しぶりに環状線に乗ったら京橋?大阪間止まらないやつで京橋から体がうくぐらいコミコミみだった(ういてないけど)そのとき私より背の低い(私は低いんです)女子高生がたくさんの大きな男の人に押されて入ってくるのがわかったので、車内にいた僕は彼女の前にうまくポジションを取ると案の定彼女と真正面から抱き合う形になった。
彼女はショートで全体的にスレンダー系?もちろん彼女の後ろにはスーツ男が壁を作るようにしていっぱい。
僕は苦しみながらも前の男の人が彼女の首筋を見ているのをみて「こいつしてる」とおもい、下を見ると、やつの手は見えなかったがスカートの端が腰までめくれあがって水色パンティがかすかに見えた。 その瞬間そいつは僕に目をあわしてきたので僕は目をそらしながらも自分の手を彼女の腰横へ持っていった。
手の甲でタッチしようとしたら多分そいつが、もうパンティをTにしてるみたいで、お尻に直タッチ。
すごく柔らかい。
モーニング娘の矢○に似た彼女の顔は僕の右肩前にうずめてきた。
自分の物を押し付けようと抱きしめるようにして彼女のお尻を両手でぎゅっと引き寄せると小さな声で「あっ…やっ…め……」とかわいく僕に上目遣い。
押し付けたものはかばんを持つ彼女の手にあたり、何とか彼女も手の位置を変えようとするが動けなく、そのぎこちないタッチに僕のものはビックに。
それに気づいた彼女は手を動かすのをやめ、手のひらで触り出した。
やった!OK娘だ!(状況的にそうしたらやめてくれると思ったんだろうが…)後ろの人が2りで片方のお尻ずつ味わってるみたいだったので僕は両手を彼女の腰にかけ、静かにパンティの内側に手を通しました。
彼女は「あっ…」と一瞬大きく息を吸い込み、彼女の僕のモノをさする手が止まると、僕はゆっくりとパンティの内側を伝いながら前へ。
両手で彼女のヘアーを確認すると少し湿っています。
左手を抜き、彼女の手を握ってズボンの上からですがさらにさすらせました。
右手は手の位置が丁度いい位置になり。
彼女のパンティをまたしたぐらいまで脱がして彼女のクリトリスとあそこ十分にたんそうしました。
かなりぬるぬるで、彼女の息もかなり荒くなり、後ろの方もパンティを下ろしたのか手を締め付けるパンティのゴムがゆるくなったので、一気に指を入れると。
僕の手の甲を触る誰かの指が…このときはさすがにゆずれません!彼女は僕に持たれかかり急に僕に顔を上げ、無声で「イクの」と僕に確かに言いました。
その瞬間にあそこがキュと締め付けられました。
さすがに3人がかりだとイクのが早い!ぴぴくしつづけるあそこがたまらない。
そのあとずっと彼女ににらまれ?駅に到着。
彼女はもちろんその後駅でおり…ようとしたら、手を引っ張られまた電車に乗ることに!!おいおい!環状線一週かい!前の車両に連れて行かされそのまま恋人同士のようにいちゃいちゃ。
ラッキー和歌山方面行きになって人が少なくなってきたところで二人同じに個室トイレへ。
はいるなり「がまんできた?」としゃがみこんで僕のズボンを脱がしてお口で。
少し小さめのおっぱいと今度はお尻のほうをたっぷり触らせてもらってパンティを脱がしGET!「よごれたからあげる。すきでしょ」だって!こうなれば僕の息子も元気100倍と彼女を立ちあがらせ、壁に手をつかせて後ろから入れようとゴムをつけようとすると、「もしかして、いれる気?」と急に真剣な顔。
おいおい、まさかここまでして…と思いきや、ゴムを取り上げられお口で装着。
かなり慣れてるらしくOKなんだと思うと、イカシテやると言わんばかりのフェラで僕の息子をしごき始めた。
「いっ、いちゃうよ。」と僕が彼女の顔押さえると、すぐに彼女は息子を口から出し、ゴムを剥ぎ取った。
「口の中に出されるの嫌なの、飲んでっていうから」といいながらトランクスを上げ、ズボンをはかされた。
え?こんな中途半端な?と思いながら彼女を抱きしめ、彼女のあそこをいじっていると、「いま、いま、いま…」というので何事かと思うと電車が動き出したとこだった。
「はやく、ぬいで。」「????」個室から出てすぐ前の4人がけ席に座ると車両はがら透き。
「して。」といって彼女はスカートをめくり上げるとシートに四つん這いになった僕は心臓が止まりそうだったが、さっきのちょうすんどめと制服バック(ノーパン)に一気にチャックを下ろし挿入した。
ゴムは一戸しか持ってなかったので当然生。
濡れたあそこが暖かい僕はすぐイキソウ。
彼女に抱きつくようにして身をかがめてはめつづけているのでいけばなか出し間違い無し。
僕のぴくぴくしてきた息子に気がついて「出していいよ。次ぎ出るまで抜かないでね」というので僕は一気に加速して一発目を出した。
「はやくださないと駅についちゃうよ」と、彼女。
後で聞いたがこれがねらいみたい。
男としては一度出したものを立たせるのはかなりの技!彼女の腰をわしづかみにして僕は今までしたこと無いくらいの速さでピストンした。
少しあそこがこすれてかなり熱かったが何とか無事発射。
すぐに服を来て何事もも無かったかのようにして次の駅についた。
OK娘も考えもんだと思った一日だった。
けど最高の思い。