当時、沙也香の身体は、まだ、貧弱で、だだの女の子だったが、それでも乳首は
ちゃんと立ち、クリも膨らんで、愛液もでているようだった。
そこで、俺は服を脱いで、沙也香の横に仰向けで寝転がると、

「沙也香ちゃん、叔母ちゃんの代わりをするなら、俺を喜ばせてごらん」
そう言ってやると、沙也香は俺のモノを凝視していた。

「隆司くん、どうすれば、いいの」
「そんなこともわからないようじゃ、叔母ちゃんの代わりはできないよね」
そう言って、脱いだシャツに手を伸ばすと、沙也香は俺の上半身に薄い胸を重ね
俺に唇を重ねてきた。

唇と唇を合わせるだけの幼いキスだった。それでも必死にキスをしてくる姿が
ちょっと意地らしくなって、

「沙也香ちゃん、ちょっと、ベロを出してごらん」
沙也香は、素直に舌を出し、先をとがらせた。
その舌に俺の舌を念入りに絡め、吸ってやると、目を閉じて、
「ん、ん」
と喉から声を出した。

「沙也香ちゃん、今度は俺のおちんちんを触ってごらん」
これにも沙也香は素直に従い、慣れない手つきで俺を撫で始めた。
「もっとしっかり握って、でも力を入れすぎずにゆっくり手を動かして」
沙也香は、いわれるがままに、ゆっくりと手を上下させ、俺に刺激を与え続けた。
俺の先がすこし濡れてきたころ、
「今度はそこ全体を舐めて」
沙也香は、ぎこちなくそれでも一所懸命、俺を舐めまわした。
「そう、そうすると男は気持ちいいんだよ。先の膨らんでいるところも舐めて」
沙也香のまだ幼い舌が、俺のカリを刺激する。
「うん、それじゃ口に含んでみようか」
沙也香が、口を大きく開けて、唇で亀頭を包むと俺はゆっくりと腰を上下させて
リズムの取り方を教えていった。
沙也香の口には、半分くらいまでしか入らなかったが、俺は十分に満足し、沙也香
の口にどくどくと溜まったものを吐き出した。
「沙也香ちゃん、吐き出しちゃダメだよ。ごっくん、ってするんだ」
沙也香は、言われたとおり、ゴクっと喉を鳴らして飲み込むと、俺の顔をじっと
見つめていた。
そんな沙也香のことが、急に愛おしくなって、俺は沙也香を抱き寄せた。
「沙也香ちゃん、叔母ちゃんの代わりができそうだということはわかった。その
代わり、長いお休みの時は、沙也香ちゃんがここへ来るんだよ」
そう言うと、沙也香は、表情を少しだけ緩めて、頷いた。
それから、俺は叔母のところへは顔を出さなくなり、月に一度か二度、沙也香が
俺のところへ通ってくるようになった。
最初は、ぎこちなかったセックスもどんどん俺好みに躾けて、上達していった。
沙也香にとって、俺は最初の男だったが、もう何年も自慰行為には耽っていて、
アクメも知っていた。
初めての時、気丈にも、痛みをこらえ、終わった時には目に涙を溜めていたが、
その姿も俺の心をくすぐった。
1年たち、また、1年たつと、沙也香の身体はだんだんと膨らみをおびてきた。
胸が大きくなり、だんだんと大人の体になってきた。それに伴って、沙也香の
体もどんどん開発されていった。
「隆司くん、奥に、奥にあたってる」「イかせて、イかせて、イかせて下さい」
「でる、でる、でる、でる、でちゃーぅ・・・、ああーっ」
何度も何度もイキ続け、涎を垂らし、潮を吹き、白目を剥いて失神する。俺は、
沙也香の体をそんな風にしてしまった。調教したつもりはないけれど、体を重ね
合ううちに、そうなってしまっていた。同級生なんて、青臭くて、話をする気にも
なれない、と言っていたときには、ちょっとコワいと思った。
沙也香との約束を守るべく、叔母のところには行かなくなったが、年に何度かは
叔母が俺を訪ねてきた。叔母は、エクスタシー中毒になっていたのかもしれない
俺が帰るように促しても、勝手にシャワーを浴びて、俺のベッドに潜り込み、
狂ったように俺を求めてきた。
「隆司くん、女ができたでしょう。若いから仕方がないけど、隆司くんが、悪いん
だからね。」
そう言っては、あの手この手で俺を刺激し、最後にはたっぷりと精液を自分の膣に
受け止めて帰っていく。
ある時は、沙也香にも、
「先週、お母さん、来たでしょう。出かける前は、いそしそとしてて、帰って
きたら帰ってきたで、上機嫌だったから、あたし、直ぐに分かった」
「どうしてそれが、俺のところに来たことになるの」
「・・・だって、あたしと一緒だもん」
俺は、沙也香をなだめるように、ひとつひとつ丁寧に、着ているものを脱がせ、
頭の先から、足の爪の先まで、愛撫をしてやる。沙也香は特に、舌を吸われるのが
好きで、上り詰める前に必ず、舌を伸ばして求めてくる。それを優しく吸ってやり
恥骨をクリに押し当てながら、中をかき回すと、
「隆司くん、これ、これ、これ これが欲しかったの」
と言って、昇天することが、多かった。
アナルを触られるのも、最初は嫌がったが、直ぐに虜になった。今では、シックス
ナインの時にアナルに指を入れられるのを期待しているのが、よくわかる。
叔母は、男の体を知り尽くしていて、極限まで男の射精欲を高めて、出させるのが、
上手い。だが、沙也香は違う。自分がしてほしいことを先に俺にしてくるのだ。
「隆司くん、ここ気持ちいい」
そう聞いてくるところは、沙也香が気持ちいいところだ。ある時、俺のペニスの
右側ばかり舐めるので、試しにクリの右側を中心にクンニしてやると、悶えに
悶えて、絶頂に達し、暫くビクン、ビクンと痙攣が止まらなかった。全身が性感帯
のようになって、脇腹や太ももを触るだけで、体を震わせて感じていた。
「あたし、隆司くんのいうことなら、何でもするよ」
夢物語的に、沙也香にそういわれた時は、アブないなぁ、と思った。でも、俺は
沙也香の身体から離れられなかった。
叔母は、中身重視というか、内容の濃さを求めるが、沙也香は、スポーツ的に回収
重視だ。ただ、エクスタシーの深さは、たぶん同じで、回数が多い分、沙也香の
方が重症だったのだと思う。
大学に入って間もなく、沙也香は、車で事故を起こした。完全に沙也香の落ち度で、
交差点で他の車に突っ込み、相手の車を運転していたお嬢さんに大けがを負わせて
しまった。
命に別状はなかったようだが、顔に大きな傷跡が残るほどの重傷を負わせてしまった
という。
だが、沙也香が、そのことを知ることはなかった。沙也香は、即死だった