昔のこと、田舎の農家に嫁ぎました。当時、冬場は男は
東京の方に出稼ぎに行って半年留守でした。
嫁ぎ先の夫も秋の農作業が終わると出稼ぎに行きました。
数日後の夜、義父が私の部屋に来てあっという間に犯され
ました。数日後、義祖父が来てやはり犯されました。
数日後、こんどは義弟が来て犯されました。
それから人が交互に来て犯されました。
人で打ち合わせしているのか、義弟は日に一度くらい、
義父は日に度くらい、義祖父はヶ月に回くらい
の割合で来ました。
春に夫が出稼ぎから帰って来ると、それはぴたりと止んで
秋に夫が出稼ぎに出ると、またやってくるんです。
大友そのことを分かっていたようです。当時の田舎では
当たり前のことだったようです。