一ヶ月程前、渋谷の酒場で意気投合した高○礼子似の超美人とラブホに入る
ことができた。年は30前半で仕草もセクシーで部屋に入る前から俺の分身は
パンツを突き破る勢いだった。俺が先にシャワーを浴びて出てくると女は下
着だけ身に付けたまま、ベットに横になっていた。女もすぐにシャワーを浴
びるものとばかり思っていたら、いきなり俺をベットに押し倒し、馬乗りに
なってパンツを下ろし、シャワーを浴びていないオ○ン○を、俺の顔に押し
付けてきた。太ももで顔を固定し、俺の鼻を利用してクリト○スを押し付け
てきた。ものすごくイカ臭いオ○ン○で何度も息ができずに顔を背けたが許
してもらえず顔面騎乗オナニーを30分近くやらされた。俺の鼻はイカの臭い
が染み付きしばらく使い物にならなかった。俺も始めての経験でかなり興奮
していて、今にも息子が白い液を吐き出しそうになっていた。女はそんな俺
の息子を愛しそうにしゃぶってきた。5分も持たずにそのまま女の口に精液を
一滴残さず放出した。そしたらその女は俺の精液を口に含んだまま、おもむ
ろに俺の顔を覗き込み、唇を合わせ自分の出したドロドロ精液を流し込んで
きた。飲み込むまで女は唇を離さなかったので全て飲まされてしまった。
その後、風呂場で普通にをしたが異様な体験をした。