昨日、風邪をこじらせて会社を休みました。
金曜日は出社したかったので、近所にあるかかりつけの内科に行きました。
この医院は私が生まれたからずぅっと見てもらっているところです。
でもここ年くらいはお陰様で風邪もひかずご無沙汰していました。
私は先生を「おじいちゃん先生」と呼んで、本当のおじいちゃんのように、慕っていました。
医院の中に入ると、患者さんはおらず、受付に奥さんだけ。
診察室にはいったら、子供の時みたいに上半身全裸にされて、心音を聞かれました。
時々先生の指が乳首やおっぱいをつつきます。
段々乳首が硬くなってきて・・・おじいちゃん先生が「レントゲンとろうか」ってレントゲン室導かれて、服を全部脱ぐように言われました。
おじいちゃん先生に背を向けてスカートとパンティーを脱いだら、後ろから抱かれておっぱいもまれて耳元で「綺麗になったね」って。
首筋にキスされて・・・左手でおっぱいもみながら、右手がワレメに・・・診察台に寝かされて、オマンコ舐められて、指でいかされました。
いったあとも、クリトリスを舐めながら、オマンコを綺麗にしてくれました。
先生、おじいちゃんだから勃起してなかったみたいで挿入はなかったけど、気持ちよかった・・・レントゲン撮って、お尻に注射してもらって・・・受付に戻ったら、奥さんが「ゴメンね」だって・・・どういう意味かなぁ・・・でも、奥さん知ってたんだ・・・声聞かれたかなぁ・・・恥ずかしい・・・おじいちゃん先生が「月曜日にまたおいで」って言ったけど、どうしようかなぁ・・・。