結婚から一年して、私はパートの仕事に出るようになりました。勤め先で
一緒に働いている律子さんと親しくなりました。律子さんは口数が少なく
とても大人しい女性で、同じ主婦で齢も同じという共通点のほかに、性格
もとても似ていることから、とても親しくなりました。一緒に帰る日はい
つも喫茶店に行き、夕方までいろいろ話しました。そのうち、休みの日も
お互いの家へ遊びに行ったり招かれたりするようになりました。
ある日、律子さんの家へ遊びに行った日、彼女はとてつもない秘密を私に
打ち明けました。彼女は私と一緒にしているパートのほかに、性感マッサ
ージの仕事もしていました。日ごろのストレスから、彼女はパソコンでた
またま見つけた女性向けの性感マッサージの店へ行ったのですが、あまり
の快感にすすり泣いてしまい、以後性感マッサージのとりこになってしま
ったそうです。そして彼女は他の人にもマッサージの良さ知ってもらおう
と思い、自らマッサージ嬢となったそうです。そしてその日、私にもその
良さを知ってもらいたいと、恥ずかしさをこらえながら律子さんはそう言
いました。一瞬私は驚きましたが、他ならぬ律子さんの願いなので、彼女
のマッサージを受けることにしました。
寝室で服を脱ぎ、ブラジャーとパンティだけになって私は律子さんを待っ
ていました。なかなか律子さんは現れず、だんだん不安になってきました。
やがて準備を終え、南国風のコスチュームを身にまとった律子さんが部屋
に入ってきました。「リラックスできるわよ」と言って手に持っていたお香
をサイドテーブルの上に置きました。最初は肩や腰を揉みほぐしてくれま
した。彼女が私の脚にまたがって座ったとき、律子さんは下着をつけてい
ないのがわかりました。股間がとても熱くなっていたように思います。
20分ほど経って、律子さんは部屋を暗くしました。その日は曇っていて
昼なのに明かりを消すと部屋は薄暗く、これから起こることに内心とて
もおびえていました。「はじめるわよ…」律子さんが言い、まず背中のブ
ラのホックに手がかかりました。肩紐が外され、ブラは律子さんの手から
ベッドの下に落とされました。手が背中に触れたとたん「うっ…」とう
めき、身体がビクンと震えました。微妙なタッチで、背中が愛撫され、
私はだんだんとうっとりとした気分になり、「あっ、ああ…」とかすか
に喘ぎました。律子さんの手は背中からお尻へ移り、やがてパンティの
ゴムに手がかかりました。とっさに私はパンティを押さえましたが、彼
女の手に優しく払われ、パンティの律子さんの手によって脱がされ、ベ
ッドの舌へと落ちました。「可愛いお尻ね。いい形だわ…」と呟きなが
ら私の尻を撫で回し、手のひらで摑むようにしました。ここまではなん
とも言えない心地よい快感に身を任せてきましたが、ここからが修羅場
でした。
コスチュームを脱ぎ捨てて全裸にった律子さんは、私の背中を乳首で
愛撫しはじめました。俗に「パイずり」というものでしょうか、背中
への乳首のタッチが絶妙で、私はここで初めて「はうっ」と叫びまし
た。乳首が終わると律子さんは優しく口づけしたり舐めたり、再び
背中を責めはじめました。あまりの刺激に私は「あっ、ああっ」と
叫び、上体を反らしました。自分は背中への攻撃に弱いと悟った瞬間
でしたが、すでに両腕は律子さんにしっかり押さえられ、逃れるすべ
を知りませんでした。律子さんの背中責めから解放された瞬間、私は
ぎょっとしました。律子さんの両手が内腿にかかり、私の股間を押し
広げようとしていました。今私の股間は愛液で溢れているのに、そん
なところを見られたら…。しかし、ヌチュッという音とともに、律子
さんの指がアソコに侵入してきました。仰向けに寝かされたまま、惨
々に股間を指で責められ、どうにも堪えられず、悲鳴をあげながら私
は最初の絶頂を迎えました。「令子ちゃん、エッチね…」という律子
さんの囁きが、いつまでも耳に残っていました。
律子さんの責めは、まだまだ序の口でした。しばしの休憩のあと、今
度は仰向けに寝かされ、優しくオッパイを撫でられ、包みこむように
揉まれました。乳首と乳房の先端を指で愛撫されたとき「あああっ」
と叫びながら、2度目の絶頂を迎えました。このときは「まだイッち
ゃダメよ」と叱られました。乳首を優しく吸われ、舌で乳首を転がさ
れると、もう節度もなにもどうでもよくなり、なりふり構わず悲鳴を
あげながら快感にのたうちまわりました。そんな私を見て律子さんは
ますます愛撫に熱がこもり、私もそれに応えるように勃起した乳首を
差しだし、股間を広げました。しまいに律子さんは「人妻とは思えな
いわね…立派な変態女だわ」と言いました。確かに、そう言われても
仕方のない言動や格好でした。
私が全裸で3度目の絶頂の余韻に浸っている頃、律子さんは部屋から
出ていきました。ドアの開く音がして、私は仰天しました。部屋に戻
ってきた律子さんの股間には、黒くて太い、グロテスクなモノが着け
られていました。それはまさに、男性そのものをかたどった道具でし
た。それがベルトで律子さんの腰に固定されていました。おそらくも
う片方の男根が、律子さんの膣の中深く埋められているのでしょう。
私は思わず「いやっ」と悲鳴をあげました。ベッドに近づきながら
律子さんは「ごめんなさい、今日はここまでするつもりはなかったけ
ど…。私のわがままを許して…」と言いました。あんな太いモノで、
しかも女性に挿入されて突かれるなんて怖かったけど、逃げられませ
んでした。ここまで私だけ快感を独り占めしてしまったし、おそらく
あの道具で私と交わることが律子さんの願いだったのでしょう。素直
にベッドに横たわり、律子さんを迎え入れました。彼女は私の両脚を
摑んで股を大きく開き、男根の先端を私のアソコに当てがい、私の両
肩を摑みました。私は大きく息を吸い、目を閉じました。「令子、い
くわよ…」というつぶやきとともに、男根が侵入してきました。夫の
よりも断然太く、あまりの衝撃に「んあああっ」と悲鳴をあげてし
まいました。「これは私には無理よ、入らないわ」と訴えましたが、
律子さんは苦悶の表情で徐々に腰を沈めてきます。律子さんは男の
ように私を突きまくりました。対蹠的に律子さんのあげる悲鳴のよう
な喘ぎ声が、女の私が聞いても美しかったのを憶えています。私の
股間を思いきり突き上げる度、律子さんの乳房が大きく揺れていま
した。