まだ経験なかった中の夏。
友達と海に遊びに行った。
向こうでヤッパリというかたくさんナンパされたけど、友達のゆいが胸も結構あったので、声をかけてくる男もたくさんでした。
お昼過ぎて、疲れたねってビーチで休んでたら、ちょっとオジサンの人がかき氷を持って疲れたねって話かけてきた。
向こうも二人でちょい悪おやじ風でゆいは一目惚れみたいな感じになっちゃってた。
しばらく話てたら、むこうが近くに別荘あるからシャワーでも浴びて着替えて帰ればって誘われた。
ゆいは乗り気でりか、行こうよ。
って感じて渋々ついて行った。
車てつれていってもらって、別荘っていうか普通の家だった。
シャワーを浴びてゆいにじゃあ帰ろうっていったけど、ゆいがちょっとご馳走してくれるって、食べようって聞かないから、出前のお寿司を食べた。
勧められてワインものんだらいつの間にか寝ちゃってた。
起きるとゆいはいなくて、オジサンが、起きた
と言ったので、ゆいはと聞くと、
隣。って教えてくれた。
隣の部屋からゆいの声が聞こえた。あーとか、気持ちいいとか。
ヤバいって思ったけど、オジサンがゆいちゃんも仲良くなってるから、こっちも仲良くしようね。っていいながら服を脱いでりかを脱がそうとしてきた。
え、オジサンの体に刺青。
そう、ヤクザだったみたい。
もう、抵抗しても無理と諦めて、自分から脱いで、初めてだから痛くしないで。って言ったら、すごく喜んで、初めてなのにいい娘だねって言われた。
初めてクンニされて、初めてフェラして、初めてのチンコが真珠入り。
オジサンはこれは女の人が一度味わうと病みつきになっちゃう良いものだよって、真珠入りのチンコを自慢してた。
チョーグロかった。
じゃあ、りかちゃんも大人になろうねって、足を開かされ、入ってきた。
お酒のせいもあるかも知れないけど、すごく痛くはなかった。
でもメリメリっと入ってきて、りかちゃん、全部入ったよ。って言われて、あんなチンコも入っちゃう自分に驚きました。
ヤッパリ動かされると痛みがあるけど、オジサンはお構い無しでどんどんつきまくった。
りかはなんだかすごく気持ち良くなって、ゆいはみたいに気持ちいいーとかなってた。
オジサンとしてるときに、ゆいともう一人のオジサンも部屋に入ってきて、ゆいに、ねっ、りかちゃんも気持ちよくなってるから、一緒にしょうよ、って隣でセックスし始めた。