私は小4から中学卒業まで、母と不倫相手の大学生に性的虐待を受けました。 10歳の誕生日に母と彼に言われたのです。
「今日から大人だから、私たちと秘密の遊びしようね」
「うん」
私は『大人、秘密』と言う言葉に酔い、その後にくる地獄の日々にわからなかったのです。       母が私の全身に愛撫し、ワレメを拡げ、クリを舐めはじめるとお股が変な感じになり、愛液でヌルヌルになりました。
「今から大人になるからね」
「最初は痛いけど、我慢するのよ、みんなこうして大人になるんだから。」
「うん」
私はわからないまま2人の言うことに返事をしました。 そして、彼のモノが私の中に入ってきました。アソコがジンジンしだし、「痛い、痛い」と叫び、終わった後もヒリヒリしていたのを憶えています。     この処女喪失は写真とビデオで撮影され、私の将来は決まりました。     次の日から、毎日朝から晩まで、2人の玩具として遊ばれました。      母はアソコにリモコンローター入れ、彼はお尻に浣腸やバイブをいれ、パンツをつけることは許されず、日常生活をしました。   そして、5年生の夏休み生理がくると、タンポンを渡され、ナプキンの使用は拒否されました。     アソコの毛は、小5の秋に母の知り合いの人に永久脱毛され、その時にクリの皮が切られ、ピアスもつけられたのです。      私は悔しかったけど、逆らえず、修学旅行は当然キャンセルです。      そして、中学卒業までに2人にアソコとお尻を調教・拡張され、特に後ろは絶望的で、気を抜くと漏れて、オムツなしに生活できなくなりました。      生活が嫌になり、中学卒業とともに就職し、家を出ました。         今は心と体に傷が残り、結婚や将来は諦め、お金を貯めて生きています。   ちなみに2人は捕まり、刑務所で今も生活しています。           ざまあみろ