「待ってろ」と男は離れてくと、どこにあったのかパイプ椅子を、持ってきました。私を座らせると、私を椅子の上で字開脚に座らせると         「足を閉じるなよエロいことされるの見て興奮するんだろ」と乳首を指で引っ張ります。      男はカバンからロープを出して、足の付け値と足首を縛り足が伸ばせないようにして、足首に縛ったロープを椅子の背もたれに縛り、足が閉じれないようにされました。        「マン毛邪魔だなぁ」 とハサミを取出して‥‥と切っていきます。「剃刀を用意したほうがよかったなぁ」と言って  短くカットされると   オマンコを広げられましたクリを舌で突かれると、 すぐに剥き出しに ‥ 「クリ少し大きいなぁ」と言われ、今まで付き合って来た人に指摘されて、 コンプレックスで、   「いやぁ‥見ないで」 すると、        「何でいいじゃんクリ大きいと感度いいんだろって聞いたけど‥気持ち良く無いの」      と私を見上げながらクリを吸い付きます。     足がガクガク震えると、 チュパッ‥とクリから口を離して 「どぅ感じない‥訳ないよね椅子にまでマン汁垂らして。」  また、クリを吸い口の中で舌で攻められ、     「もっと‥あっー‥イイあぁ、ダメぇ‥逝く」大きい声で喘いでしまい、声を我慢しようとしても我慢できず、汗だくになり寒いからじゃなく、気持ち良過ぎて、乳首は痛いくらいに堅くなってました。  クリを舐める俺を見下ろして、「ねぇ‥あっオマンコ‥美味しもっと‥っあ激しく吸‥て‥もっ‥と」
男はさらにオマンコに顔強く押し付けて攻めてきました。
何回も軽くだけど、逝き、逝った回数もわからず攻められ続けました。
いきなり、今までよりも、すごく強く、クリを吸い付かれ、そのまま口の中で、舌で激しくクリをレロレロ刺激され、私は頭を振り 「イヤッー‥アゥ‥ダメ逝くっ逝くっあぁぁぁーーー‥」 ‥   と最後に軽く噛まれ   「あっ‥‥」意識が朦朧としてる私にキスをし、乳首をまた‥        「もぅダメッオマンコに入れてぇ‥クリじゃなくオマンコで逝きたい‥」 無視して乳首を攻められ 「お願いします‥オマンコにオチンチン欲しぃ‥っ指でもいいからオマンコ掻き回して‥っ」
ズボンのボタンを外しチャックを下げると、パンツが濡れています。     パンツを下げると、大きく反り上がった、さきっぽから糸をひき汁が垂れて‥
男は足を縛ったロープを切ると、痺れてて立てない私を抱えて木にもたれさせるように立たせると、片足を抱えてオマンコに‥
奥までいっきに‥    太く‥長くて‥。大きい‥私が力を入れてるので  動かずにいてくれました。力を抜くと軽くキスをして激しく突き上げます。  オマンコの中いっぱいで、オマンコを全部を擦られて子宮‥奥の壁を激しく突き上げられて、始め痛く‥苦しく感じたのに、苦しさが快感になってきて、  「あっあっ‥あぁん」‥‥。     ピストンに合わせて、オマンコから、 潮を吹き出し、オマンコがヒクヒクと痙攣し逝きました。男はオチンチンを抜くと椅子にもたれさせて、突き上げたお尻を掴み、入れてきました。覆いかぶさるように抱きつき、右手はクリを攻めて、左手は乳首を‥耳元で      「マンコの中ヒクヒクと痙攣し締め付けてくる‥。」手首も縛っていたのを解かれました。       次は男が椅子に座り私がまたがり腰振っていると、 急に腰を抑えつけられて、男は激しく振り、    「逝くぞうっ‥はぁ」 「あんっダメッ‥逝く逝くぅ‥」
私が服を着終えると男は、「じゃあなっ」    と去って行きました。  フラフラになりながら家につき