初めてイタズラをされたのは、小学校年の時。
才年下のまりちゃんと近所の空き地で遊んでいたら、
見知らぬおじいさんがやってきて、私とまりちゃんのお尻を触ったり、
太ももを撫でたりし始めました。
嫌だなって思ったんだけど抵抗せずにいたら、おじいさんが
「人がおしっこしている所が見たい」って言い出したので、
怖くなってまりちゃんと走って逃げました。
次にいやらしい事をされたのは、おじいさんに身体を触られてから数ヶ月後。
人でゲームセンターに行った時のことです。
当時小学校ではゲームセンターは立ち入り禁止と言う事になってましたが、
好奇心が押えられず、人でゲームセンターに行ってしまいました。
店内をウロウロしていたら、メガネをかけた宅八郎似のお兄さんに
「君、小学生だろ。子供はこんな所をウロウロしちゃだめじゃないか
ちょっとこっちに来なさい」と手を引っ張られてゲームセンターの奥の
トイレに連れ込まれました。
私は学校にチクられると思ってビクビクしてました。
するとお兄さんが、「他にも悪い事をしていないか、お兄さんが検査するぞ」
と言って、私のパンツの中に手を入れてきました。
しばらく私のアソコを手で弄んだら、「もうここに来ちゃダメだよ」と言って
お兄さんは私を開放してくれました。
今思えば、よくレイプされずに済んだなって思います。

中学年の時でした。
学校から帰ると、名古屋から伯父さんが遊びに来ていました。
伯父さんは制服姿の私を舐めるように見ていました。
中学生処女でしたが「やらしい事を考えてるな」って感じました。
母は店番の為、部屋の中では伯父さんと人きり・・・。
なんか気まずいなーって思いながらも、お茶を出したり学校の話をしていたら、
伯父さんが「あやなちゃんは、好きな男の子いる」って聞いてきました。
いるって答えると、「どうしたら赤ちゃんができるか知ってる」と
続けて聞いてきました。唐突な質問だったのと恥ずかしいのもあって、
モジモジしていたら、伯父さんに押し倒されてしました。
「伯父さん何するの」って抵抗を試みましたが、
伯父さんは元自衛官なのでビクともしません。
口を押えられ、スカートの中に手を入れると、私のアソコを指でいじり始めたので
す。
「あやなちゃんも、大人の仲間入り出来るよ」
伯父さんはクリトリスの辺りを執拗に指で攻めてきました。
犯されるっていう認識はあったんですが、同級生達から「処女捨てた」って
話を聞いていた為性への好奇心もあり、伯父の愛撫に感じ始めてしまいました。
私が声を出さなければ母には気付かれないだろう・・・と思い、
無抵抗となった私は、声も出さずに伯父さんの行為を受け入れました。
ブラウスのボタンを外し、ブラジャーを上にずらすと
「キヨ子私の伯母に似てオッパイ大きいな」と言いながらオッパイを揉んだり
乳首を吸ったりされました。
次にパンツを脱がされ、私の足を大きく開くと中指を入れてきました。
タンポンも入れた事が無かったので、ものすごく不思議な感覚でしたが、
痛くは有りませんでした。
ゆっくり中指を動かしながら、伯父さんは私のアソコを舐め始めました。
恥ずかしかったんだけど感じてしまい、声が出そうになりました。
伯父さんは私のアソコをしばらく舐めた後、私の顔の近くに堅くなっている
チンチンを近づけて来ました。「あやなちゃん、これが男の人のチンチンだよ。
これがあやなちゃんの中に入るからね」と言うと、私のアソコに挿入してきまし
た。
ものすごく濡れていたせいか、友達から聞くほどは痛くなく、ちょっと痛いくらい
でした。でもいやらしい話に聞くほど気持ちいモノでもないかななんて思っていま
したが、だんだん気持ち良くなってきて、初めてなのにイキそうになってしまいま
した。
その後も伯父さんがウチに遊びに来る度に、セックスをするようになりました。