いまから年ほど前に同僚の送別会がありました。
そのとき本社から出張してきていた上司が隣の席に座りました。
実はこの上司は過去に私の先輩と不倫していた間柄でした。
当時、新卒で入社した私はまだ経験もなく、先輩から聞かされる上司とのセ
ックスの話に興味深深でした。
この日は飲み口のよい北陸の銘酒を飲みすぎたのだと思います。
私は自分からすすんでちょっとエッチな話題で盛り上がりました。
それから、飲みすぎた私はひとりで歩くこともままならず、気がついたら上
司の泊まっているビジネスホテルのベッドの上でした。
上司にキスをされ、私は抵抗することもなく全裸にされました。
身体中を愛撫され、優しく乳首を舌で転がされると敏感に勃って声が漏れて
しまいました。
アソコにキスされるころにはもうかなり濡れていたと思います。
クリを優しく吸われて、舌で転がされて、舌が入ってきて。。。
かなり長い時間、何回もイカされた私は自分から挿れて」とおねだりしてし
まいました。
ゴムを持っていなかったので生で奥まで上司のモノが入ってきたときは、も
のすごく感じて大きな声がでちゃいました。
付き合っている彼よりも上手な大人のセックスでした。
翌朝も自分から上司の胸に顔を埋めて抱いてもらいました。
酔っていたからと思いたいのですが、すべてを鮮明に覚えています。
その後、その上司と顔を合わせる機会が何度があったのですが、恥ずかしく
て顔をみれません。
でも、あのときのセックスは恋人に抱かれるより気持ちよかったと思いま
す。
あれから上司は何も言ってくれませんし、私も結婚を控えていますので、あ
の夜の事はなんとも切ない思い出として、誰にも言えません。