私が中三の時でした夏祭りの会場に行くのに
近道をして山道を通りこしている時でした.
藪の中から.女性の声が聞こえて来ました.
それも二人でした.うめき声のような声でした.
私は声のする方向に恐る恐る近ずきました.
次第と声がハッキリと聞こえて来ました.
いい気持ちいいとか.時折男の人の声が
早くしろよ俺もう我慢できねよと聞こえ
て来ました.私はまだ処女でしたが何をしてるか
分かりました.見つかったら私もやられてしまう
と思いながらも好奇心に負けて.その場を離れる
事が出来ませんでした.次第に目も慣れて来て
人影も見える様に成って来て.人の数を数えて
見たら.女性が二人で男性が七人でした.もっと
驚いたのは.女性は輪姦されてるんでは無く.
男性に喜んで体を開いて居たのです.もっと.
もっと驚いたのは女性の一人は私の大好きな
一番上の姉で小学校の先生をしていました.姉と
私とは11歳離れてて独身でした.もう一人の
女性は姉の友達でした.アノ優しい私の姉が
嫌らしく男性達に おまんこ気持ちいいわ
今夜はモットしてとか言ながら泣き声を
上げていました.姉の友達の女性も姉にも
負けず劣らず嫌らしい声を上げていました.
私はその晩はお祭りには行きませんでした.
姉たちは何時終わるのか分からないので私は
家に帰りました.初めてその晩にオナニを覚え
こんなに気持ちの良いことなんだと分かりました.
そして私も輪姦される喜びを高二の時経験を
して.三十三歳に成っても独身でエロの道から
逃れられず.昼間は高校の先生.夜は娼婦まがい
の淫乱おんなを貪って居ます.