小の時、父と兄と温泉に行き、一緒に男湯に入りました。
父が体を洗っている時に、露天風呂で知らない男に股間を触られました。
それが初めて痴漢に会った時だったと思います。
驚いて父に言いつけたのですが、すぐに犯人はどこかへ逃げてしまいました。
小の時は、学校でスカートめくりが流行ってよくパンツを見られてました。
クラスで一番スケベな男子が、私と掃除当番のグループが一緒だったので、警戒し
てスカートをはかずに体操服の短パンをはいていたのですが、人で焼却炉にゴミ
捨てに行った帰りにパンツごと短パンを下げられて全部見られてしまいました。
担任に言いつけたので、それからスカートめくり禁止令が出ました。
小の時、学校帰りに知らない男に声をかけられて、振り向くといきなりキスをさ
れました。
びっくりして立ちすくんでいると、すぐに車の中に連れ込まれそうになりました。
学校や親からは、そういうことがあったら大きな声で助けを呼ぶように言われてい
ましたが、実際にはとても声なんて出せる状況ではありませんでした。
ただただ怖くて震えるのみだったのですが、たまたま車が近付いてきたので、その
男は私から手を離して逃げていきました。
小の時に生理が始まると、時々父が夜布団の中に入ってきて胸やアソコを触って
くるようになり、なかなか母には言い出せませんでした。
それを兄に目撃され、兄にも私の身体を触られるようになり、数日後なんと私の処
女は兄との近親相姦によって喪失することに。
やがて父もそのことを知り、父と兄の両方からレイプされるようになりました。
数ヶ月、誰にも相談できずに毎日のようにレイプされてついに母にばれました。
その後、母は私を連れて離婚、父と兄が一緒に暮らすことになりました。
そんな経験から、私は男性不信になってしまいました。