僕と母の最初の子作りの様子です。
僕が母を妊娠させたのは、最初が初めて襲ったときでした。
このときは別に孕ますつもりは無かったのですが、4日間、犯し続けたら妊娠してました。
確かに最初に挿入したとき、母は「だめ!中に出さないで!今日は危険日なの!やめて!ママ妊娠しちゃうでしょ。春樹ちゃんの人生が滅茶苦茶になるのよ。」といってかなり抵抗しました。
僕は「我慢できない。いいんだよ。中に出すよ」というようなことを言ってそのまま射精した記憶があります。
妊娠が分かると急に母の態度が変わりました。
それまでは、それなりに抵抗していたのが、病院から帰ってくるなり、縋りつくような潤んだ瞳で僕に抱きついてきました。 それからは、すっかり従順になり、姉や叔母のレイプにも協力するようになりました。
僕が母より若い姉や叔母の体に夢中になったせいで、母はかなり嫉妬し、他の2人よりも自分を愛して欲しいと言い出しました。
僕は母に、奴隷としてならかまってやるから、その証拠として、自分から進んで妊娠する準備をするように言いました。
その日から、排卵日の計算と体調管理を始めました。
ある日、いつものように姉と母との3Pを終えると、「3日後ぐらいが受胎可能日だから子種を溜めておいてほしいの。」と母が言いました。
驚いたような顔の姉に、「ママね、春樹の奴隷のなるの。ううん、春樹の繁殖用の雌になるの。」と言いました。
当日は、叔母と姉が近親交尾に立ち会いました。
それぞれセクシーなランジェリーを着た3匹のメスのオナニー、レズで交尾の準備ができた母は、ベットの上で4つんばいになり、黒いレースのパンティーを履いた大きな白いヒップを高々と突き出し、奴隷の誓いをたてました。
「今日からママは春樹の雌奴隷になります。いつでも好きなときにママの膣と子宮を使ってください。」「ママは雌奴隷じゃないだろ、僕の繁殖用の雌になるんだろ。」「そう。ママ、春樹ちゃん妊娠させてもらうの。」ペニスをしゃぶっていた姉と叔母を払いのけると、母に自分でパンティーを降ろして、膣口を広げるよう言いました。
「へへ、ママにたっぷり子種を仕込んで孕ませてあげるから。」僕は使い慣れた母の膣にゆっくりとペニスを挿入していきました。
僕も興奮しているせいか、母の膣はいつもより柔らかいような感じでした。
「ふー。春樹ちゃん。ママ、春樹ちゃんが大好きなの。春樹ちゃんがママを妊娠させたければいつでも妊娠させていいのよ。」「あー、ママ、奥が気持ちいよ、死ぬまで孕ませ続けてあげるね。」「くー。」と言いながら母は腰を左右に激しく振りました。
「ママ、ママ、次はお姉ちゃんと叔母さんとどっちを孕ませたらいいと思う?」「春樹ちゃん、ママと赤ちゃん作ってるときにそんなこと言わないで!!」「だめだよ、今決めないと、抜いちゃうよ。今日妊娠しなければ、もう抱いてあげないよ。」「ママ、私はまだ妊娠なんかしたくない!」「お姉さん、私には主人がいるから、春樹ちゃんの子供なんて!!」母はやはり娘が可愛いのでしょう、「春樹ちゃん、静江叔母さんを孕ますなら、ママ手伝ってあげるわ。だから、早く春樹ちゃんの子種をちょうだい!」といいました。
「はー。叔母さんよく見といてよ、赤ちゃんはこうやって作るんだよ。ママ、中に出すよ。孕め、孕め、孕め。」「あっ、あっ、出てる。春樹ちゃんの子種がママの子宮にかかってる。あー、ママ孕んじゃう。」こうして、母と僕の第1回の子作り儀式が終わりました。
<