6年生の夏休み学校から海水浴に行きました 人で泳いでいたらクラゲに刺されまし
た。毒クラゲだと危ないので検査をすると言われテントへ連れて行かれ水着を脱いで 横
になると 字開脚にされ膝が肩につくくらい曲げられ 毒がしみこんでいないか舌を
を入れてオマコを舐められました。海水の味がする 砂も少し入っている 砂はとった
ほうが良いと言いながらオマコを痛いほど広げてペロペロペロとオマコのすみから
すみまで舐められました 先生は中が赤くて腫れているようだが大丈夫と言いました。
刺されたのは太ももあたりで おかしいなと思いました 先生は自分もクラゲに刺された ので毒を吸って出してくれと言って大きく長いチポを出しました。ほら先のところが
腫れているだろうと言って顔にちかずけてきたのでよく見ると 赤くなって腫れていまし
た。口に入りきれないぐらい腫れていました。入るだけ入れて毒を出そうと思いチュ
チュ吸いました 先生は オもうすぐ毒が出ると叫んで白いカルスみたいな
ものを出しました 私は先生が何故口の中に毒を出したか その時はわかりませんでした。