団地に住む私は、小の初夏、遊びから帰ってきてエレベーターに自転車に乗ったまま乗り込むと、後ろから駆け込んで乗ってきたお兄さんと二人きりになった。
自宅階につくと、自転車に乗ったまま後ろ向きにエレベーターから出ようとしたんだけど、お兄さんがどいてくれず、「すいません、降りたいんですけどと言うと、私が出るのをふさぐようにたったまま無言で扉を閉めた。
お兄さんは最上階を押していて、私は不安で仕方なかったけど、何も言えなかった。
無言のままエレベーターは最上階に着き扉が開くと、降りたかったんだよねさぁ、降りなと自転車ごと後ろに引っ張られ、エレベーターホールに出された。
エレベー ターホールには、エレベーター横に複数の自転車が乱雑に止めてあり、その中に自転車に乗ったまま押し込められた。
「あのー、帰りたいんですけど。「この階は私の家のある階じゃないし、ここに自転車止められてもと言葉を続けている時、言葉をふさぐようにいきなりキスされた。
びっくりして、自転車から飛び降りようとしたけど、自転車に乗ったまま抱きしめられ、頭を押さえ込まれ口の中に舌をねじ込まれた。
強引なキスの後、小声で「声は出すなよそう言われ、スカートをまくられた。
白いワンピースを胸までまくられ、スカートの裾を襟にねじ込むと、自転車から降ろされ、パンツもそのまま降ろされ両足を抜き取り、お兄さんは、私のパンツのアソコの部分を舐めるようにしていた。
自転車のサドルに片足を乗せさせると、お兄さんは私の股間に顔をうずめて舐め始めました。
いつ人が来るかもわからない場所なのに、こんな時に限って誰も来てくれません。
誰か助けて心で願うけど、結局最後まで、誰も来ませんでした。
しばらく私の股間の舐め続けたお兄さんは立ち上がり、ズボンのチャックを下ろしておっきなおちんちんを出しました。
「しゃがんで俺のこれを舐めろと言われましたが、私が首を横に振ると、「このワンピースも全部剥ぎ取って全裸にするぞ。「服もパンツももらって行くからなと言われました。
私は全裸で家に帰るまでに人に会ったらと思うと、顔から火が出るほど恥ずかしく思い、「したら、裸にしないと聞き返しました。
「それはお前次第だと言われ、仕方なく、棒の横をチロッと舐めました。
すると、頬を押し込み口をこじ開けるようにして、「こうするんだよと言って口の中に棒を押し込んできました。
頭を両手で押さえされ、激しく腰を揺さぶられました。
「口の中で舌を動かしたり、吸ったりしろと乱暴な口調で腰を振り続けました。
言われたとおりに舌を動かしたりしました。
すると、「うっ」と声を上げ、動きが止まり、さらに強く私の頭をおさえると、私の口の中に暖かく苦いものがいっぱいになりました。
口の中で脈打ち、しばらくすると「口をあけろ」と言われあけると、私の口の中を覗き込み、納得したように「飲めと言われました。
できないと首を激しく横に振ると、私のアソコに指先を少し入れられ、「だったらここに今咥えていたものをねじこんで中に出すぞと言われました。
指先だけでも電気が走るような痛みを感じたのに、あんなおっきなモノを入れられたら体が裂けちゃうと思いました。
仕方なく飲み込むと、「いい子だなと私の頭をなでて、「小さくなるまでタマや棒を舐め続けろと言われ、なかなか小さくならないおちんちんを舐め続けました。
硬さもだんだん柔らかくなり、しぼんでいくのがわかった時、もうすぐ終われると少しホッとしました。
お兄さんも納得した様子でおちんちんをしまいこむと、「今日のことはもう少し大きくなったら役に立つことがあるからなと言われました。
そんなはずあるもんかと思いましたが、彼が出来て口でしてあげたとき彼がすごく喜んでくれたのが嬉しかった。
彼が、あのときのお兄さんにどこか似ているのは、なぜだろう。