私がまだ結婚する前の話です。
当時お金に困って援助交際してました。
最初はSEXするだけでしたが、正夫さんという男性に会ったとき歯車が狂いました。
正夫さんが信じられない金額を提示してきました。
自分の性奴隷になるのが条件でした。
私は意味も確かめず金額に舞い上がりOKしました。
約束の正夫さんのマンションに行き、他愛もない話をした後、シャワー浴びてきました。
すると正夫さんは鴨居から縄を垂らし私の手を頭上で縛りました。
smは初めてでしたが妙に興奮する私がいました。
正夫さんは鞭でお尻を打ちはじめました。
最初はわざといやらしい声だしてましたが、すごく痛いのです。
おもわずやめてと叫びました。
しかし、正夫さんは奴隷が生意気言うなとさらに強く打ちました。
抵抗すると、こうなる事を体で覚えておけそんな事言われ、初めて奴隷の意味わかりました。
結局一時間は打たれて、私の意識も虚ろになっていました。
次に浣腸されました。
抵抗しましたがまた、鞭で打たれて、仕方なく受け入れました。
そうでもしないと殺されると思いました。
最初は我慢できると思ってましたが、お腹がいたくなりオトイレに行かせてと言いましたが、無理で吊されたままビデオに撮られながら排泄しました。
奴隷の意味わかったか正夫さんが妙な笑い方したのが脳裏にあります。
お金は約束の額もらいましたが、週何回か呼びだされるようになりました。
緊縛撮影会のモデルにされたりsmショーのヒロインになったりもしました。
ショーの時は10数名の前で放尿、排泄もしました。
1週間も監禁状態でSEXぶっ続けもしました。
そんなことが一年も続きました。
AV見たいな事が現実で起こっています。