私は 小まで父子家庭でした。
当時才の父は才下の初婚の女性と再婚しました。
父と義母は、再婚当初は毎晩SEXをしていました。
DKの団地が我が家でしたので、そのこうけいは私の目に入る事もしばしばでした。
学校が休みの時は、義母の祖父母の所へよく泊まりに行かされました。
小学年の夏休み。いつものように祖父母の所へ行かされた時の出来事です。
義母の姉が来ていて、私を姉の家に連れて行きました。その家もOKの団地でした。
何日か泊まった夜、寝ている私は下腹部に何かが触れていることにきずき
目を覚ましました。 それは、義理の伯母の夫の手でした。
伯母の上に乗ったままの伯父の手が、私の下腹部を弄んでいたのです。
私には、何の事はわかりませんでしたが、声を出すこともできず
されるがままでした。伯母は、そのことに気付いていたのかわかりません