七時過ぎた塾の帰り、いつもの帰り道の先に見たことの無いおじさんが道いっぱいにふらふらしていた。私は気持ち悪くて寄りたくなかったけどそこを通らないと家に行くにはわざわざ遠回りして暗い道へ行かないとならないので、近くの公園で様子を見て通り過ぎるのを待ちました。
するとその人はふらふらもしながら公園の方に近づいてきたのでトイレに隠れて十分くらい待ちました。もういいだろうと思いトイレのドアを開けるとその人は床に張り付き中を覗いていたのです。驚いてドアを閉めようとしたら抑えられ、がんばってドアを押しても押し返され中に入ってくると、ドアと鍵をかけてしまいました。
その人はひどい体臭とお酒の臭い を漂わせて、狭いトイレの中にあっという間に立ち込めました。
私は意識して悲鳴を上げようとしたけど、喉が痛いくらいに痺れて声が出ませんでした。
私は顔を公衆のきつい口で嘗め回され、ごつごつしがさがさな手で体を撫で回されました。怖くて涙がボロボロ出てきても泣き声もあげられませんでした。
パンツを脱がされ、片足を高々と上げさせられその人の肩の架けさせられるとアソコを舐め上げ吸い付かれ、指や舌を捻り込まれました。それだけでもすごく痛かったです。
その後、足を上げたままの体制でとうとう力任せに挿入されてしまいました。体を半分に裂かれたのと思えるくらいの痛み、喉や頭が内側から爆発しそうな痛みが駆け回りました。
体の中でびゅくびゅくと何かが動くのに気付くとその人は荒い息をするだけで動かなくなりました。私は痺れた体をなんとか動かそうとしたら、強く抱きしめられ、捕まってしまいました。すると腰を激しく突き上げてきました。アソコに楔を打たれ、何度も叩かれてるような痛みでした。
また強く抱きしめられ、びゅくびゅくしたのを感じると荒い息だけをして動かなくなりました。今度は私は動きませんでした。
しばらくすると、その人は私からアレを抜きました。私は抱かれてた体を離されるとその場にお尻を突きました。その人はヌラヌラとして反り返ったあれを私の顔に押し付けて「舐めて綺麗にしろ」と言ってきました。
私は舐めると唾が付いてかえって汚くなるのではと思っていると、口をこじ開けてあれを捻りこんできました。やたらと舌を使えとか何か言ってきても私は理解できないでいると、私の頭を掴んで前後に激しく振られました。
喉の奥に何か飛び込んできて激しく咳き込むと頭を離しました。
私は床につっぷしてしばらく咳き込んでると、上からお湯をかけらました。
顔をあげると、それはおしっこでした。
私は逃げようとしても、壁に追い詰められて、手で顔をかばう事しか出来ませんでした。
おしっこが止み、その人はトイレから出て行きました。
私はそこからしばらく動けませんでした。
意を決してトイレから出て家に向かいました。その間に何人か人とすれ違いましたが誰も声をかけてこなく、横目で私を見ていました。
家に着くと親が帰りが遅いと怒鳴りながら出てくると、私を見て真っ青になりました。その後、タクシーで病院に行き、シャワーを浴びてから検査を変な台に乗るように言われました。仰向けになり、足を開くようにされる台です。私は怖くて嫌だと泣くと親に叩かれました。台に乗ると足を固定され、アソコを開かれ弄り回され、生暖かいお湯を入れたり出されたりされ、私は涙を止めることが出来ませんでした。
その後警察の人が私にあれやこれやと聞いてきて、「何で公園にはいったの」「何をされてるのかわかってた」とかえぐり返すようなことばかり聞いてきて。私はなぜそんなことを聞いてくるのかわからずまともに答えることができませんでした。
学校では女子に白い目で見られ男子にはからかわれ、近所では私のうわさで持ちきりになり、あのおじさんは見つからずじまいです。
私はあの人に人生をボロボロにされてしまいました。