ワンルるムマンションの管理人になると、マスターキーが使い放題。今、管理
していたマンションは、ちょっと洒落たつくりだったので、住人はほとんどが
olか女子大生。
住人の中で一番美人な山○圭子25才olの部屋がおれのお気に入り。彼女が
出勤したのを見計らってマスターキーで部屋に侵入して、昨夜脱ぎ捨てたと思
われるパンティやストッキングの匂いを堪能する。レースのパンティーには
うっすらとシミがついており、汗とおしっことコロンのまざった悩ましい匂い
がたまらない。トッキング、スカート、パンプス、ブーツと匂いをかぎまく
り、最後はブラジャーのカップの中に射精するのが、いつものパターン。アル
バム、アドレス帳などのプライバシーも全て確認している。
年末には、圭子が忘年会の帰りらしく、かなりふらふらになってタクシーで帰
宅した事があった。おそらく家にはいったらだらしなく眠りこけてしまうだろ
うと想像したおれは、彼女が部屋に入った10分後に物音がしないのを確認して
マスターキーで侵入。案の定、圭子は洋服をきたままベットに倒れるように寝
ていた。
かなり酒臭い。ここまで酔っぱらったらなかなか起きるものではなく、又、起
きたとしても次の日には全部忘れてしまっているだろう。おれは勇気を出して
圭子の革のタイトスカートをずりあげて、黒のストッキング越しにあそこの匂
いを嗅ぎ、その後、ストッキング、パンティーブルーのレースを剥いて
いった。下着を剥いでゆくにつれ、女性のむっとした匂いが鼻をかすめる。圭
子のあそこの匂いを嗅いで、ちょろちょろと舌先で舐めた。ちょっとしょぱい
圭子のあそこはたまらなくうまい。また、ブラウスの前をひろげ、ブラジャー
をはずしておっぱいも堪能した。圭子のおっぱいはとても柔らかく、白い肌と
ピンクの乳首のコントラストがとてもエロチックだ。もちろん乳首は舐めまわ
し、脇の下の匂いコロンの香りだが、ちょっと汗臭く、女性のフェロモンを
感じさせる香りを十分楽しませてもらった。
あまりやり過ぎると危険と思い、それ以上の行動は理性で押さえたが、ビデオ
とデジカメでおっぱいやあそこもちろん顔をいれたアングルでをしっかり
撮影した。これを使って圭子を脅迫する事を想像するだけで、興奮してししま
う。実際にやる決心はついていないが。
マン