私は29才の主婦です。結婚して、3年が経ちますが、 子供もまだいないので、独身の頃から、勤めている会社に今も行っています。

半年前に引っ越しをして通勤は、あの有名な満員電車で通うことになりました。

電車にのると、当たり前のように、お尻を触られます。 私は身長が151しかないので、背の高い人に後ろから、触られると、周りからは、私が隠れてしまい、誰も気づいてくれず、痴漢の人達は、自由に触っています、

もちろん、抵抗したいと、思っているのですが、怖くなってしまって、声も出せません。

いつも、駅に着くまで、じっとガマンしてました、でも、それ がいけなかったのです。

今まではスカートの上から、お尻を触られるだけだったんですが、ある日を境にエスカレートしてきたんです。

その日は、お仕事の後に友達と遊びに行く予定だったので、いつもと違い、かわいい、フリルのついたミニスカートで朝の満員電車に乗ってしまったのです。

乗った瞬間、『エッ!』 いつもとは、まったく違う空気に気づきました 私の周りにいる人達が、なぜか、みんな私の方にからだを向いているんです。

私を囲むように、男の人が7、8人はこっちを向いていました。

逃げようと思いましたが、男の人達に囲まれた状態では、まともに動くこともできずに、電車は動きだしてしまいました。

すでに、スカートをまくられ、パンツの上から お尻を何本かの手で 撫でられたり、強くまれたりしてきます、

そして、前にいた人達も私の胸を触りだしてきました。私は本当に怖くなって、下を向いて、じっとしている事しかできませんでした。

それをいい事に、痴漢達は自由に私の身体を触り、誰かが、私のパンツを脱がし始めました。

私は自分のパンツを必死でつかみましたが、誰かが私の腕を掴んで、パンツを離してしまい、簡単にパンツとスカートをぬがされてしまいました。

さらに、そちらに、気を取られていたら、シャツのボタンが全部外され、ブラも上に捲り上げられて、ほとんど全裸に近い状態になっていました。

しかし、大勢の男達に囲まれた状態で小柄な私は完全に隠れているので、周りの人達は気づきませでした。

そのまま、全裸に近い状態で何本もの手や指が私の胸や乳首をもてあそんで、アソコにも指が入っていました、

嫌なはずなのに、アソコはびしょびしょに濡れていました、そして、大勢の人達に身体中を責められて、だんだんと感じてきてしまったのです

痴漢達に服をぬがされ、全裸に近い状態で責られ、感じてきてしまいました。

私は必死でこらえようとしましたが、痴漢達は容赦なく責め続けてきます。

私の胸を何本もの手が強く、優しくもんでいき、片方の胸は舌でコロコロと転がすよう乳首をに舐め続けられ、太ももやお尻も舐められたりまれたりしてきます。

クリをいじっている人はとても優しく、責めできます。
そして、アソコには、いろんな指が入ってきて、激しく出したり入れたり、する人や、中でグチュグチュ掻き回してくる人もいます。

私はもう、我慢できずに、小さく『 アーン』と、いいながら、前にいた人の胸に抱きついてしまいました。

その瞬間、痴漢達は私に服を着せてきました。
気づけば、電車はホームの中を走っていました。そして、痴漢達は何事もなかったように電車を降りて行きました。 私は痴漢達に解放されました

そして、次の日もお仕事なので、同じ電車に乗ることにしました。

するとホームで電車を待っていると、昨日の痴漢達が私を囲むようにぴったりと密着してきました。

その時から、すでに、私のお尻や胸を触ってくる人もいます。そして、電車がホームに入って、電車に乗った瞬間、痴漢達は私の服を脱がし、あっという間に全裸にされてしまいました。

身体中を触られ、クリをいじられ、指を入れられ昨日の続きのように責められだしたのです。

いきなり、あごをつかまれ顔を上にあげると目の前にメガネを掛けた50代のサラリーマン風の男が、キスをして舌を入れようとしてきました。

私は歯を閉じていました。横にいた人は私の手を掴み、自分のあれを私に掴ませてきました。

それを見ていた反対側にいた人も同じ事をしてきました。
その間も私の身体は何本もの手で責め続けられて、私はイキそうになってしまいました。

痴漢達に責められ、痴漢達の前でイクなんて恥ずかしくてなんとか、こらえようとしましたが痴漢達の指はもの凄くて『ァーン、イクッ』

とうとう私は痴漢達にイカされてしまいました。

それを見た痴漢達はニヤッと笑い、それまで全く無言だった痴漢達は小声でいろいろと私に指示をしてきました。

『足を開け』
『尻をこっちに突き出せ』

私は言われたとおりにしました。

すると痴漢達はニヤニヤ笑いながら、私のその姿をカメラで撮っていました。

駅に着いて、痴漢達は電車を降りて行きましたが、降り際に『明日も来いよ』と言って降りて行きました

それから私は半年間痴漢達のおもちゃにされていました。