私が大学2年のときのことでした。
大学に歩いて通えるところにあるアパートを借りて独り暮らししていた私は、その日もサークル仲間と外食して、ほろ酔い気分で部屋に帰ろうと、夜道を歩いていました。
帰る道途中に公園・・・といっても雑草だらけで公園ともいえないような場所があったのですが、そこに差し掛かったときにいきなり誰かに腕をつかまれて、私はその草むらに引きずりこまれてしまいました。
公園には照明もなく、道路のほうからの薄明かりしかありません。

私は草むらに、黒っぽい人影に押し倒され、口をふさがれました。
その男は、私の口を手でふさぎながら、私の上に覆いか ぶさろうとしてきます。
抵抗して暴れているうちに、口をふさいでる男の指が、私の口の中に入ってきたので、私は思いっきり噛み付いてやりました。
男は「ぎゃっ」みたいな悲鳴をあげて、手を引っ込めたのですが、その後思い切り私の頬を殴りました。
鼻の奥がつーんとなって、なんか例えようのない味みたいなのが鼻の奥にきました。
口の中には、噛み付いた時に出たのであろう男の血の味・・・
その後、男は何度も「殺すぞ、殺すぞ」といいながら私の頬を殴り、髪の毛をつかんで地面に何度も頭を叩きつけられました。
視界が黄色くなるような感覚。何度も打ち付けられたせいか、思考がぼぉっとして、身体に力がはいらなくなりました。

ひとしきり殴られて、頭を打ちつけられて、私がぐったりとなって抵抗できなくなったのがわかったのか、男は私のブラウスを、ボタンを引きちぎるように脱がしました。
キャミソールとブラジャーを押し上げて、乱暴に胸を揉んできます。
気持ちよくもなんともありません。
ざらざらした感覚(今思うとヒゲだったんでしょうね)、力任せに鷲掴みされたり、舐められたり・・・
私は「やめてーやめてー」としか言えませんでした。
でもそう声をあげる度に、また地面に頭を打ち付けられました。
力のはいらなくなった私のスカートに、男の手がかかりました。
スカートをずり上げられ、男は下着に手をかけます。
半ば引きちぎられるように、下着は脱がされてしまいました。

男が私の両足の間に身体を割り込ませ、ズボンを脱ごうとしている半分以上諦めながら、それでもほんの少しの希望にすがって、私は叫びました。
「誰か助けてーーーーーー!」と。
でも叫びにもならなかったのかもしれません。
誰も助けになど来ませんでした。
代わりに、男に思い切りお腹を殴られました。
身動きできないくらい、思い切り。仰向けのまま、赤ちゃんのように丸くなってる私の足を無理矢理開きながら、男は私の中に入ってきました。
ものすごい痛みでした。
全然感じてない身体で、全然濡れていない部分で男のアレを受け入れるのが、
こんなに痛いなんて・・・・
男は、お構いなしにぐい、ぐいと押し込んできます。

私の中に「いっそこのまま殺してくれたらいいのに」と絶望感が渦巻きました。
やがて男は、身体を前後に動かし始めました。
もう、私は抵抗すらする気力も湧かず、男のされるがままになっていました。
激しく腰を動かしながら、男が胸を揉んだり吸ったり、唇や首を舐めまわしても、もう私はなにも感じなくなっていました。
「死にたい、もう殺して欲しい」と「早く終われ」と「これは夢だよね、悪い夢だよね」という気持ちが入り混じって自分が自分じゃないような感覚でした。

男の動きがだんだん早くなっていきます。
男の荒い鼻息が顔にかかって、ものすごく気持ち悪いです。
「中で出されるのだけは絶対にイヤ・・・!」
そう思って、最後の力、本当に最後の力で、
「お願いです、許してください、中だけは許してください」
と何度も何度もお願いしました。
・・・でも、最後の願いもむなしく、男は私の中に射精してしまいました。
「もうだめだ」
絶望感でいっぱいになって、目の前が真っ暗になりました。

男はしばらく射精したままの状態でいたのですが、私を投げ出すようにして立ち上がり、私はものすごい衝撃をお腹に受けて、気絶してしまいました。
多分、お腹を思い切り蹴られたか踏みつけられたかされたんだと思います。
気がつくと、男の姿はなく、草むらに独り倒れていました。
財布と、脱がされた下着がなくなっていました。
ボタンのちぎれたブラウスを着なおし、スカートをなおし、涙と鼻血と嘔吐物で汚れた顔をハンカチで拭いて立ち上がろうとしたときに、股間からつーっと生温かいものが流れ出てきたのはどう見ても精子です。

結局それが元で当時付き合っていた彼とも別れ、大学も中退しました。
予定よりも2週間ほど遅れて生理がきたときには、安堵の涙と悔し涙が止まらなくなりました。