「有紀ぃー、今日はあれだから…早く帰るのよー」
「はいはいはい」
革の手提げを引っつかんで、半袖のセーラー服姿の女子高生が玄関を飛び出してく
る。肩甲骨の下まで伸びたつややかなストレートヘアが翻る。XX大付属高1年の
15歳、本田有紀は小走りに学校への道を急ぐ。まだ残暑の日差しが強い中を走る
と、すぐに汗が噴き出てくる。長い髪を横から流しただけの清潔なヘアスタイルだ
が、抜けるような白い肌と、タレントの石原さとみをきりっとさせたような美しい
、はっきりした目鼻立ちが人目を引いてしまう美少女だ。

(ああ、もう。今日は用事多すぎ) とぼやきながら急ぐ有紀は、脇からふらふらと
こぎ出してきた自転車には最初気付かなかった。
「…XX高のひと?」
急に横から声をかけられて驚いた。小走りの有紀の脇に、ママチャリに乗った高校
生らしき男がいつのまにか並走していた。
「あ…は、はい」男は寝癖ではねたセットしていない髪で、にこにこしている。
「1年生?」
「え…ええ」(なにこの人…)不良には見えないが、最近は外見ではわからない。
警戒するに越したことはない。顔はちょっと見にはイケメン風だけど…。
「いまそこへ行く途中なんだ」(他校のひとかしら…)
「東京の娘って発育がいいと聞いてたけど、みんな君くらいの胸なの?」
最初、有紀は何を言われたのか理解できなかった。しかし瞬時に頭に血が上る。

「なッ…!!」
「おれ、急ぐから先行くね」と言って男はあっというまに速度を上げて走っていく。
一人残される有紀。思わず立ち止まってしまった。
「なにあれなにあれなにあれ!」朝のさわやかな気分が台なしだ。
(そりゃ…大きくはないけどさ)有紀は小さなブラを買い替えていなかったことを
悔やんだ。実は最近、腰や胸に肉がついてきて、女らしい身体になってきているこ
とを少し恥ずかしく思っていたが、まさかそんな事を言われるとは。
特にブラジャーは65Bが小さくなってCに買い換えようとしていた矢先だった。
(本当は結構あるのよ!)…と言って見せられるわけではないが。

「有紀ぃ。なにむくれてんの」
「なんでもない」ぶっすりとして席につくとすぐ、出席簿を持った担任が教室に入
ってきた。
「起立」あわてて有紀が声を上げる。わらわらと皆が立ち上がり「礼」。
「夏休み明けだが、みんな…変わりはないようでなによりだ」担任が全体を見回す。
「だが、今日は少し変わったお知らせがある。転入生だ」
どっとどよめく。(うちに転入って…?)ひそひそ声があちこちからする。
「はいはい、注意」と担任が手を叩く。

「当校への転入は珍しいが、同じ国立大付属の学校からなら試験を経ればできる。
彼は九州の○大付設高から、君らの入試より難しい選抜を経て入った仲間だ」
全国有数のエリート高であるだけに、同級生の出来には生徒たちは敏感だ。「きみ
、入って」
ゆっくりと壇上に上がる。男の姿を見て、有紀は思わず両手を机に叩きつけそうに
なる。(朝の、あいつ!)
「沢村慎二くんだ」
有紀はさらに大きなショックを受けた。(さわむら…しんじ?)そのあとの彼のあ
いさつもよく耳に入らなかった。
「…本田…ホンダ!!」
「…あ、は、はいッ!」ぼうっとしていた有紀は担任の大声に現実に引き戻される。
「沢村に基本的な学校のことを教えてやってくれ」
「あ…あたし、ですか」
「委員長なんだから、あたりまえだろう。何か不満か」
「い、いえ」
渡り廊下を歩きながら、きょろきょろ校庭を見回している慎二を憎らしそうに見つ
める有紀。

「結構人数いるんだねえ」
「…どういうこと」
「え?」屈託のない笑顔で振り向く。
「なんで…朝言ってくれなかったの」有紀の美しい眉がきりりと上がる。
「お母さんの紹介が午後あるから、と思ってさ」
「それに失礼だわ!あんなことッ」朝のからかいを思い出して声のトーンが上がる。
「ごめんごめん、じゃあまた後で」と言うと、逃げ出していく。
「ちょっとッ…待ちなさい」と言いかけて、有紀はため息をついた。(はあ…少し
は期待してたのに)
有紀の母、由布子が来月再婚する。父が亡くなって13年、まだ38歳の母がよう
やくつかんだ幸せだった。連詩の会で知り合った、7つ上の大手出版社の編集者、
沢村真と恋に落ちたのだった。女手一つで有紀を育ててくれた母が幸福になるこ
とに反対はできなかった。

まだ九州支社に勤めていた真が折りよく東京に戻ることになり、結婚を決めたのだ。
問題は…真の一人息子の慎二。同い年の高校生は学校が忙しいといってなかなか会
えず、ようやく今日、家族での顔合わせに来るというので有紀も少し楽しみにして
いたところだった。新学期を境に東京の学校に転校するとは聞いていたが、まさか
、同じ高校、同じクラスとは!
(黙っておどかすなんて、カンジ悪い!)家族の中に男がいなかった有紀は、お兄
ちゃんのような存在になってくれるかも…という期待も裏切られたことにも腹を立
てていた。(しかも来月の引越しまで、うちにいるわけでしょ。あ?あ、なんか気
が重いわ)

夕方、生徒会の打ち合わせを終えて駆け込んできた有紀とほぼ同時に、出張で来て
いた真がお土産を持ってやってきた。真は優しくダンディーで、いかにも自慢でき
そうな父親になりそうな人だ。それにひきかえ…。
慎二もここではさすがにかしこまっている、有紀は愛想笑いを浮かべながら、あた
りさわりのない会話を交わす。母親の方を見ると、目線は真の方をみつめたままだ。

(べた惚れなのよねえ…)
新しい家族となる4人は、まだぎこちなく気を遣いあいながら由布子の大量の手料
理を腹に収めることに忙殺された。今晩は真も泊まっていくという。有紀は勉強を
口実に、早々に2階の自室に引き上げた。
「なんか疲れたなあ…」今日はいろいろあったし、楽しい休みも終わって学校も始
まった。妙に眠いのも当然だ。有紀は風呂のあとすぐに床についた。

か…らだがなんか重い…いま…何時だろ…。夢なのか現実なのか、ふわふわと雲の
上を飛んでいるような心持ちがする…。有紀はぼんやりと天井を見上げた。スモ
ールランプが付いている。(あれ…あたし消したはずだけどなあ…)それに、手
も足も突っ張っているような気がする…(なんでだろ…)手の先を見る。
手首に紐が巻き付いている。(おかしいな…紐って…ひも???)

正気に返った有紀は、腹の上あたりに見えた人間の姿に姿に気づき、思わず絶叫を
上げようとした。人間の姿のようなものが、あわてて有紀の口を手のひらで押さえ
る。
「ンムムムム!!!」
(「ばか!聞こえるだろ」)ささやき声で強く言った、声はまぎれもなく慎二だ。
そうと気づいた衝撃と、次にそれ以上のショックが有紀を襲った。
(あ、あたしの格好!!!)
自分のシングルベッドの上で、毛一筋も身に着けていないすっぽんぽんだ。美しく
隆起した胸乳もなめらかな腰のくびれも、優美な曲線を描く腿も、淡く翳るデルタ
地帯もすべて晒されていた。
しかも両腕、両足は解剖されたカエルのように四方に全開に伸ばされ、ベッドのお
のおのの支柱に縛り付けられて身動きが取れない。生まれてこの方したことのない、
恥辱の姿勢を強いられていた。

(なんでッ…どうしてッ!!)
口を抑えられながら、目で懸命に訴える。
「大きな声を出すと、下の2人に聞こえるからな」と言って慎二は口を抑えた手を
離す。
「これを見られたら、結婚はご破算だ」(…この人!)有紀の母親が、完全に真に
参っていることを知っている。破談になればそのダメージは計り知れない。浮世離
れしたところもあり、自殺未遂騒動も過去に起こしたことがある。恋に賭ける女で
もある由布子の危ない面を有紀はよくわかっていた。
「ど…どうするつもり」冷静にしゃべろうとするが、声が震えてしまう。
「来月2人が結婚すれば、俺たちはきょうだいだ。4ヶ月早い俺が兄か…」全裸の
有紀の両脇に手をついて見下ろしている。

「その前に、妹の身体をよく知っておこうと思ってね」と笑う。(このひと、どう
かしてる…でも、わたしがここで大声を出したら…)ジレンマに苛まれる有紀。慎
二が続けた。
「心配するな。処女は奪わない。身体を自由にさせてもらうだけだ。それならいい
だろう」
「…!」(そんな…ああ…でも)
「約束するよ。有紀が求めない限り、セックスはしない」
(勝手に呼び捨てにしないで!)怒りに震えるが、身体は動かせない。だいたい、
パジャマと下着をすべて脱がされ、両手足を縛られるまでまるで気づかなかったの
も不思議だった。

「女の身体に興味があるだけなんだ…ちょっと見せてもらうだけだよ…」
(どうしよ…でも…それだけなら我慢できるかしら…ああ…でも恥ずかし過ぎるッ)
大の字に磔にされたまま顔を紅潮させて悩みぬく美少女を見下ろしながら、慎二は
内心でほくそ笑む。
(写真で見たときも美少女だと思ったが、朝見た時は驚いたな…下手なタレントな
ぞぶっ飛ぶくらいの美形じゃないか。親父が妙な母娘に引っ掛かったと聞いた時は
、うぜえと思った…娘も一発やってセックスフレンドにでもするかと思っていたが
…こりゃ作戦変更だ)
キレイな顔の割にヒネた所のある慎二は今回の結婚には反対だったが、娘の写真を
見てがぜん興味がわいた。急遽勉強もして、同じ学校に編入で入り込んだ。同じク
ラスは偶然だったが、さらに好都合だ。すぐにも犯すつもりだったが、余りの美少
女ぶりに眼を奪われた。一度で味わうのは惜しすぎる、時間をかけて徹底的に汚し
てやる…と歳に似合わぬ狒々爺の如き暗い欲望を膨らませていたのだ。
「…好きにすればいいわ」絞り出すように、やっと声を出す有紀。
(やった!)密かに快哉を叫ぶ慎二。

身体を触られたりするぐらいなら、なんとか耐えられるはず…15歳の処女で、男
に触れられたこともキスの経験さえない美少女は、男の責めがどれほどのものか―
―その時は想像すらできなかった。
慎二は昔のガールフレンドに試したことのある、ネットで買った催淫ローションを
取り出して手のひらにあけた。(さて…この美少女がどこまで悶え狂うかな)
有紀はロングヘアをベッドに広げて顔を横にそらし、長い睫毛を伏せてじっと耐え
ている。長い髪が紅くなった頬に垂れ掛かかって清純な美貌がよけいに際立つ。全
裸に剥かれた肌は、まるで北欧系の少女のように白すぎて、血管が浮き出て見えか
ねない。

(ああくそ…身体もなんて綺麗なんだ。朝はああ言ったが、柔らかそうな胸も十分
にでかい。こんな女子高生がいるのか…)先走り液をにじませた怒張をびんびんに
しながら、いますぐにもぶち込みたい欲望を辛うじて抑える。
慎二はローションをたっぷりつけた手で、両手を上げてもなお隆起を保っている美
乳を掴み上げた。
「あぅッ」縛られた両手をピーンと引っ張り、顔がのけぞる。ぬるり、ぬるりとい
やらしく張り切った隆起全体にローションを塗り込んでいくと、有紀の拘束された
四肢がびくんびくんと震える。

「ふふ…なかなか揉み心地のいい乳だ」屈辱にふるえる有紀。だが男の手は双乳全
体に絡みつくように全体を掴み上げ、下からぐっと上げてぷるぷると震わせたり、
形が変わるほど揉み立てたりすると同時に、指の腹で乳首をこすったりする。
「はぅッ」抑えていても変な声を上げてしまう。初めて胸を男の手に任せた恥ずか
しさを感じる前に、その責めは余りに執拗だった。手のひらで尖り始めた乳首の先
を回される。両乳首を指でつまみあげられ、ぽんと放されると隆起はぷるんと柔ら
かく震える。ローションでぬるぬるにされた胸乳をぬりゅん、ぬりゅん、と男の手
で休みなく揉み立てられる。

「くぅッ…あはぁッ…イヤッ」
薄暗い深夜、自分の部屋のベッドに大の字に拘束された美少女女子高生は、ひっき
りなしに上げる喘ぎ声を止められなくなっていた。身体の上にのしかかった男に1
時間近くもひたすらぐにぐにと乳房を揉み続けられ、乳首を吸われ続けて処女の双
乳は真っ赤に染まっていた。
自分の乳房が熱くほてり、途中から触られ、揉まれるとびりびりと快感が走るのを
止められない。胸だけでなく股間もどろどろに溶けていた。女子高生の整った顔は
汗ばみ、真っ赤に紅潮している。

「うううッ…」
慎二がピンと飛び出した乳首をきつく吸い上げても、かえって疼きが増すばかりで
痛みを感じない。歯で甘噛みされると狂ったように腰がはねてしまう。乳首を揉み
潰されても痺れるような快感が全身に走るばかりでどうにもならない。
(どうしてこんなッ…おっぱいだけで感じちゃうのぉッ…)。慎二は尖りきった乳
首をつまんで上に乳房もろとも引っ張り上げるとぐりぐりと指で擦り立てる。有紀
の身体が跳ねまくる。
「ふふ…有紀…胸が感じてどうしようもないだろう」乳首を引っ張ったまま慎二が
責め立てる。

「ああッ…なんかヘンな薬使ったのねッ…ひ、ひどいッ…」羞恥に染め抜いた目元
を恨みっぽく潤ませながら、慎二を見上げる。来月には兄となる男が…夜も更けた
寝室で大の字に拘束されている――妹となるはずの15歳の女子高生の乳房をさん
ざんに揉み立て、ひそやかにいやらしい声を上げさせ続けている。下の寝室では両
親となるはずの2人が、2階の痴態を知る由もなく安らかな眠りについていた。

熱く火照った双乳は痺れきって、このまま男に揉まれ続ければ確実にイカされるこ
とはわかっていたが、ピンに留められた蝶のような状態の女子高生に拒む術はない。
「お願い…慎二さん…見ないでッ…」完全に追い込まれた15歳の美少女は肩に顔
を押し付け、なんとか絶頂する恥ずかしい顔をみられまいとする。
「あぅぅッ…」
乳首を捻り上げながら、片手で顔をこちらに向けさせる。汗にまみれ、被虐の快感
と羞恥に染め抜かれた顔が靄にかすんでいるようにぼんやりとしている。余りの快
感のためか、知的でくっきりとした美貌も淫欲に曇らされ、目線も定かではなくな
ってきた。

「くんッ…あんッ…」
慎二は汗まみれの女子高生の身体にぴったりと身体を重ね、額と額をくっつけて顔
を前向きに固定し、両手を胸の凌辱に戻した。もはや刺激を送り込まれ続ける乳房
と乳首以外に感覚を失っている有紀は、慎二のされるままにびくんとびくんと大の
字のままの全身をひくつかせながら、ぼうっと見つめ合うばかりだ。

「有紀ッ…オッパイだけでイケッ!」
両方の乳首を同時に思いっきり捻り上げた。
「イヤアッ…ダメッ」大声を上げそうになるのを察して、慎二は目の前の美少女の
唇を口でふさぐ。女子高生は拘束された肢体を限界まで反り返らせながら、必死に
男の唇を吸いたてる。つままれた乳首から全身に快感の爆発が走り、男を乗せ上げ
たブリッジのまま固定する。ファーストキスを屈辱的な状況で自ら差し出したこと
にも気づかず、びくんびくんと初の絶頂を味わうばかりだった。

目覚ましが鳴っている。はっとして有紀はアラームを止めた。6時45分。もう朝
になっていた。(もしかして…昨日のアレは夢だったのかも)パジャマもちゃんと
着ている。おそるおそる手を見た。
「!」…夢じゃない。手首に縛られたあとがわずかに赤く残っていた。(ああ…ど
うしよう)家族になるはずの男に初対面の夜に就寝中に侵入され…恥ずかしい格好
に縛られ…胸を…さんざんに弄ばれ…感じさせられてしまった。
「あぅ」胸に手を当てて有紀は顔をしかめる。昨夜揉まれすぎて、15歳の処女乳
がひりひりする。(どんな顔して…みんなに会えばいいの)波打つ心中を押し隠し、
こわごわ階下に下りてみた。

「あら珍しい。自分で起きられたの」朝食の仕度中の由布子が台所で振り返る。
(いない…?)
「…沢村さんは」
「え?…ああ慎二君?なんかねえ、運動部の練習を見学するとかで6時ごろ出てっ
たわよ。熱心よねえ」と由布子が手を休めずに話す。有紀はほっとする。
食欲はないが、トーストをすこしかじる。(私が告げ口しないって確信してるのか
しら…それとも…ほんとうに女の身体を…一度あれしてみたかっただけ…?)後者
であってくれれば――有紀はそう信じたくて、その考えにしがみつこうとした。
学校についた時も、慎二はすでに幾人かの仲間といて、笑い声の中心にいた。有紀
のほうは見ようとしない。

「ねえ有紀」隣の席の優里奈が話し掛ける。
「沢村くんって結構イケてない?」「そ、そう…?」どっきりする有紀。
「なんかクールな感じ…」(クールじゃない。もっと恐ろしい、冷酷な…そうよ)
「あれなに、そのリストバンド」優里奈が有紀の手を見て言った。
「き、きのう急に素振りしたら、腕痛めちゃって」どきっと手を押さえて答える。
6時限目は自習だったが、慎二はもういなくなっていた。結局学校にいる間、一度
も2人の目線が合うことはなかった。有紀はよくわからなくなっていた。(本当は
ものすごく反省してたりして…そうであって欲しい…よく考えれば、犯されなかっ
たのが不思議なくらいなんだから)。
有紀が楽観的な考えに傾こうとしていたとき、慎二は個室ビデオの店にいた。ビデ
オも見ずに、部屋からかっぱらった有紀の写真を見ながらマスをかいていた。

(ああくそ…やりてえ…)。有紀の肉体は余りに魅力的だった。白すぎる、抱きし
めるとしっとりやわらかく包み込まれる肌…年齢にしては十分に膨らんだ胸、どこ
までも男を受け止めてくれそうな肉付きのいい腰…美しく整った顔立ちが羞恥にゆ
がむところ…。
いま抜いておかなければ、とても我慢できない。一度で処女を奪うのはもはや考え
られなかった。(ミネラルウォーターに睡眠薬を仕込んでいることもまだ気づいて
いないだろう)顔が自然ににやけてくる。(ああそうだ)気がついた慎二は、九州
時代の女に電話をし始めた。「おう、舞か…いまどこだ…中州?…いや頼みがある
んだよ…お前のアレをさ、1ヶ月ばかし…」
夜も慎二は、友人と食事をするとかで帰ってこなかった。

凌辱奴隷委員長1  2  3  4  5  6  7  8