近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。
私にとってはごく普通の妻である。
妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね
保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。

6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は 暑いぐらいの日中
家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。
平凡な毎日に ちょっと気合が入る。
月一回の家庭訪問の準備である。
この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。
実際、 何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。

やりがいも持ち始めている妻は、訪問日誌に目を通す。
申し送り事項が書かれている。
今日の訪問先は、イジメられて登校拒否になってしまった中学一年 淳君である。
春休みの訪問の際は、新学期から登校することを約束してくれていたのに・・・。
淳くんの真剣な眼差しが思い浮かぶ。
淳君は・・・なぜ・・・登校しなかったのかしら・・・。
黒のTシャツ、黒のスーツ、使命感がみなぎる。
妻は家を出て、日曜日の信号待ちにイライラしながらも
車で10分ほどで淳くんの住むマンションに到着した。

車から降りると 外の熱気がムワーっと 包み込む。
マンションに入ると冷やっとした空気。心地よさも感じる妻。
エレベーターに乗り込む。浮遊感が心地いい。
5階に到着した。暗く静かな廊下を進む妻。

508号室・・・。
手で髪を梳かして、スーツの襟元を揃え、チャイムを鳴らす。
「ピンポーン」
黒のTシャツ、黒のスーツ、清楚なイメージの中に可愛らしさが漂う妻。
近所でも評判の美人の妻である。
今日は月に一度のボランティア活動の日。
登校拒否になった中学一年の淳の部屋の前にいた。
「ピンポーン」
返事がない。
もう一度鳴らして、帰ろうかと思った、その時・・・。

足音が かすかに聞こえてきた。
なんだ・・・いるのね。
「ガチャ」鍵を開ける音。少しだけドアが開く。
淳がうつむいたまま、頭を覗かせる。
「淳くん、こんにちは。まだ学校に行ってないんだってね」
「お母さん、いる?」
「今、留守だよ」
淳の元気のない声。
・・・春休みは、笑顔だったのに・・・。
「どんなことでも相談してね」
天使のような笑顔の妻。

「そう・・・、じゃ・・・、また今度寄ってみます」
保護者が留守のときは、帰る規則になっていた。
チラリと淳の顔色を伺う妻。
少し顔が腫れている。
「淳くん、どうしたの? その顔」
優しげな表情が、厳しい視線に変わる。
「なんでもねーーよ」
うつむきながら、妻を遠ざけようとする淳。
「見せてみなさい。その顔」
しゃがみこんで、下から見上げる妻。
顔に青アザが・・・。
「ど、どうしたの?その顔」
「なんでもねーーって」
「ちょっと、訳を聞かせなさい」
妻から優しげな表情が消え、厳しい目つきにかわる。

「上がるわね」
「だめだよ あがんなよーー」
淳の細い身体を押しのけ、入り込む妻。
妻の微かな香水の香りが、玄関に広がる。
何故か・・・何足ものスニーカーが玄関に脱捨ててあった。
奥のリビングに進む妻。
コーラの空き缶が、何本も転がっている。
かすかにタバコの臭いも・・・。
・・・まさか・・・淳くん タバコを・・・?
ソファーに座る妻。
黒のスカートの裾を気にしながら腰を下ろす。
「淳君 座りなさい」
うつむいたまま、向かい側に座る淳。

「その顔の腫れ、どうしたの?」
「関係ねーよ」
「正直に、おっしゃいなさい」
「転んだんだよ」
「顔から、転ぶなんて・・・。殴られたんじゃないの?」
「知らねーよ」
「帰ってくれよ」
「不自然よ、その腫れ」
「正直に、話してごらんなさい」
「悪いようには、しませんから」
「・・・・・・・」

「じゃ、学校のほうに私から報告しておくから」
「だめだよ、そんなの」
「まかせなさい 私に」
「淳君のために、頑張るからね」
「じゃ、今から学校の先生に相談してくるから」
立ち上がる妻。
「コーラの缶、片付けなさいよ」
玄関に向かう妻。
「バタン」
突然、奥のドアが開く。
予期せぬ物音に動きが止まる妻。

「ちょっと待てよ」
見るからに悪そうな少年達3人が出て来た。
今までこんな少年達をテレビでは見たこちはあったが、
実際に言葉をかけられたのは始めてであった。
「なんなの? あなたたち」
「・・・・・・・」
答えようともせず、ニヤニヤ薄笑いを浮べてる少年達。
「淳君を殴ったのは、あなたたちなのね」
「暴力なんかふるって、恥ずかしくないの?」
・・・まくしたてる妻。

にやけたままの少年達。
「よけーーなこと すんじゃねーぞ」
「淳が転んだんだって、言ってんだろーが」
「そうだよな? 淳」
うつむいたままの淳。
詰め寄る少年達。
妻よりはるかに背が高い。
厳しい目つきで、少年達を睨みつける妻。
「・・・・・」
話し合いすら成立しそうにない。
少年達のギラギラした視線が、黒のTシャツの胸元に・・・。
ジャケットを両手で重ねあわせる妻。
真面目な妻にとって許しがたい視線。

「そのオッパイ、毎晩揉まれてんだろ」
「真面目ぶってても、声上げてんだろが」
とても少年達の口から出るとは思えない言葉に、妻は怒りで震えだしている。
「な なんてこと 言うんですか あなたたち」
少年たちなんて、話せば理解しあえると信じてた妻。
自信が揺らぎ始める。
3人に囲まれた妻。
「どきなさい」
少年達を押しのけ、玄関に歩き始める。
内心は恐怖で震えている。
怯えてることを悟られるのは妻のプライドが許さない。
走って逃げ帰りたい恐怖心を無理に抑え、わざとゆっくり歩く妻。

丸やかな肩からのラインが、黒のスラックスのウエスト部分でキュッと締めつけられ、
成熟した大人の女を誇示するかのような骨盤の膨らみ
豊満なヒップが黒のスラックスを盛り上げている。
ストッキングに包まれたくびれた足首。
少年達の視線が、自分の後姿に突き刺さっているのがはっきり感じられた。
淳は何事もないことを祈っていた。

(以下 イジメられっこ淳の視線から)
自分を心配してくれ、訪問してくれた優しく美しい奥様。
憧れさえいだいていた。
何度か奥様を頭の中に浮べながら、布団にペニスを擦りつけ
激しく精液を飛び散らせたことも何度もあった。
でも、いつもその後には罪悪感に包まれた。
この3人組の先輩達は学校でも札付きの悪で、
先生達も見て見ぬ振りするほどの存在なのに。
黒のジャケットの胸元を掴もうと手を伸ばす先輩。
堂々とその手を両手で跳ね除ける奥様。

人妻と少年達1  2  3  4  5  6  7