ある日の夕方、大学生の俺はいつもは乗らない満員電車の中で身動きひとつとれずにいた。
『あ~、これが通勤電車か~。サラリーマンって、よくこんな電車に乗って通勤してるよな』
大学が終わって街に買い物に出かけた帰り、めったに乗らない満員電車の中で俺は心の中で愚痴っていた。

するとドアの付近で、明らかに他とは違う異様な雰囲気を放った一帯が目に入った。
『あっ、あいつらは!』
そこにいた数人の顔に見覚えがある! そう、ここらでは有名な痴漢グループだ!

前に見た時は、男達が電車を降りたあとに半裸状態の女性が床に泣き崩れていた。
あとでネットで調べた ら、かなり悪質な痴漢グループということだ。
一人の女性を数人で取り囲み、さらにその周りには少し強面の男達が壁となって、少々一般の人に見つかっても誰も注意できないような状況で好き勝手にするのが手口と書いてあった。

俺は満員電車で揉みくちゃになってる不満と少しの興味で、動けないながらも何とかその集団に近づいて、
その中で行われている状況を見ようと努力した。

『もう、誰か餌食にされてるのかな…』
なんとか男達の隙間から中の様子をうかがえる位置に来た時、女性の後姿を確認することが出来た。
既に行為は始まっている…

タイトなスカートを履いたむっちりとした女性のお尻を、男の指が食い込むように鷲掴みにしていた。
女性はその手から逃れようとするかのようにお尻をもそもそと左右に振っていたが、お尻の肉をがっしりと掴んだ手は、決して離れることはなかった。

おまけに女性の両手は左右の男達がそれぞれ押さえているようで、
ただお尻を振るしか逃れる術はないようである。

『何故、助けてって叫ばないんだろう?』
その疑問は、電車がガタンッと揺れて俺の位置がずれた時にわかった。
女性の上半身が斜め前から見える位置に…

すると女性が着ている白いブラウスのボタンが全て外され、その中の白いブラジャーが剥き出しになっていた。
『こいつら、電車の中でここまで…これじゃあ恥ずかしくて声だせないよな…』
そう思いながら少しづつ目線を上げてその女性の顔が目に入った時、俺は驚愕した…
見たこともないような困惑した表情を浮かべる、俺の母だったからだ…

タイル抜群の自慢の母だった。
その母が今、俺の目の前で痴漢グループの餌食になろうとしている…助けなければ…
しかし何故か俺は一言も発せずにいた…

母は胸元を剥き出しにされて恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしながらやめてと言わんばかりに首を左右に振っていた。
しかしどこからか伸びてきた手がブラジャーの下側に指をかけた時、もうこれ以上はと思ったのか今にも口元が叫ぼうとしていた。

「い、いやぁぁぁぁ!」
そう叫ぼうとしたのであろう…しかし男が後から片手を母の顔に回して、その口元を塞いでしまった。
そしてブラジャーはいとも簡単にずり上げられ、ブラジャーの中で窮屈そうにしていた二つの膨らみが、男達の目の前にぷるんっとその姿を現した。

幼いころに見た記憶のある母の胸…あの頃と少しも変わらず、むしろあの頃よりも大きく、しかし重力に逆らうようにつんっと突き出した母の両胸…その母の胸を鷲掴みにする男の手で、その弾力感までが俺に伝わってきた…

いろんなところから伸びてくる手…それぞれの手が母の胸を順序よく触っている。
荒々しく揉みしだく右胸、優しく乳首を摘まみあげる左胸…いつしか母の口元を押さえていた手は外されていたが、もう声は出せずに必死に唇を噛みしめて耐えている母の表情がそこにあった。

後の男は、今度は母のタイトスカートのファスナーに指をかけた。ファスナーが下されると、それと同時にストンッとスカートが床に落ちた。
ストッキング姿の母…そのストッキングの腹の方から中に侵入しようとする男の手…。

ストッキング越しに、その手がパンティの中にまで入っていくのがはっきりとわかる。
今まで以上に首を左右に振り、足をしっかりと閉じようとする母…

ストッキング越しに母の恥丘の辺りで止まっている男の手の形が浮き出ている。その手はさらに強引に下方へ向かい、とうとう男の指が母の秘部を捕らえた。
それは突然体をビクッっと反応させた母の動きで俺は理解した。

すると今度は母の前にいた男が少し腰をかがめ、母の胸に顔を近づけた。そしてその口元からいやらしく伸びた舌が母の乳首をまとわりつくように舐めまわした。
やや陥没気味の母の乳首が、次第に乳首の形をしっかりと浮き出たせ、まるで舐めて下さいと言わんばかりに男に向かって突起してきた。

『母さん、まさか知らない男に舐められて感じてるんじゃ…』
母の表情を確認した俺は、相変わらず唇を噛みしめている母の顔が目に映ったが、しかし俺には必死で声を押さえようとしている風にしか見えなかった。

前の男はじっと母の顔の表情を見ながら乳首を舐めつづけ、母の股間を弄る男の手はその動きを一層激しくし、それと同じように母も唇を噛みしめながら首を左右に激しく振っていた。

『やめろ! もうやめてくれ! 母さんが…母さんが…』
その時、母の動きが一瞬止まり、しかし遠くからでも少し痙攣しているのが確認できた。
後の男はニヤニヤしながら母の股間から手を抜き、そして周りの男達に見せびらかすようにその指を突き上げた。

その指は電車の窓から差し込む夕日に照らされ、濡れてキラキラと光っているのが俺からもよく見えた。

そして微かではあるが男の言うことが俺の耳にも届いた。
「この女、いきやがった!」