始発電車で寝ている女子高生にイタズラしたら感じてきたので・・・エッチ体験談。
日曜の朝、始発の電車に乗り込むと車内はガラガラ。
車両の一番端のボックス席に制服姿の女子高生が1人で寝ていた。
・・・・・かわいい・・・・。
よく寝ていたので隣に置いてあるバッグを拝見。
Tシャツ、タオル、おぉブラジャーにパンツ等等。
察するところ運動部で今日は学校で練習か。
バッグを隣の車両に隠してきてまた戻る。
女子高生はまだよく寝る。
・・・チャンス!10コスプレと14400秒あげる 遠藤ななみ隣に座ってスカートをめくった。
白いパンツが見えた。
おおお、女子高生の白いパンツ。
股間がモッコリしてるぞぉ。
・・・・・写真を1枚・・・・・まだ寝ているので股間のモッコリを手のひらで包み込む。 おおおお、やわらかくてあったかい。
感動・・・そしてゆっくりとわれめを4本の指でさすってみた。
上から下・・下から上・・・やさしく扱っていたがなんだか股間の温度が上がってきた。
と思うとちょっと湿ってきた。
・・・・濡れてるのか?・・女子高生の顔を見た。
相変わらず寝ているようだが顔が赤い。
・・・ちょっと試してみよう・・・女子高生の股間を強く握った。
そして強くもんでみた。
モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ・・グチュグチョグチュグチョグチュグチョグチュグチョ・・すげえ完全に濡れている。
女子高生は目を閉じてはいるけどさらに顔を赤くして息が荒くなってきた。
・・・いいぞぉ、もう起きてるけどこの娘は恥ずかしくて声を出せないタイプだな、よしっ・・・パンツの中に手を入れた。
女子高生の生肌を味わうようにおへそから下へさすっていく。
そしてすこし薄めの陰毛を楽しむ。
おおおお、マン毛だよ、マン毛。
さらに手を下ろしてついにマンコに到着。
うおおおおお、マンコだよマンコ、女子高生のマンコだよ。
しょうじき言ってオレ初めて。
超超感動だ。
しかもグチョグチョだしい~。
ようし穴に入れるぞぉ・・・そう思った瞬間女子高生が目を開けてこっちをにらんだ。
「やめてください。」オレはビビッた。
超ビビッた。
しかしひらめいた。
バッグのことだ。
女子高生に言った・・「バッグないでしょう。オレ知ってるよ。いいのぉ。」女子高生は「あっ」という目をして泣きそうな顔になった。
イケルと思ったオレは握っている生のマンコに指を少し入れた。
・・じゅぶうう・・女子高生は「ハア~~・・」ッと息をした。
そして何回もグチュグチュグチュグチュ手マンコを繰り返した。
目を閉じて悔しそうな女子高生。
口を軽くあけて小さくはあ・・はあ・・はあ・・はあ・・と喘いでいる。
女子高生に言った・・オレ   「気持ちイイのぉ」女子高生「・・・・・・・よくないです」オレ   「バッグなくなっちゃうよぉ。どう気持ちイイ」女子高生「・・・・・・・・・・・・・・・はい」オレ   「セックスしたことあるぅ」女子高生「・・・・・・・・・・・・・・ないです」オレ   「オナニーくらいはあるでしょぉ、正直に」女子高生「・・・・・・・・・は、はい」オレ   「週に何回くらいしてるのぉ」女子高生「・・・・・・・・・・・・・・2回くらい」オレ   「マンコもっと強くもむから俺の耳で喘いで」女子高生のマンコの穴をぐちゃぐちゃに攻めた。
女子高生「・・あっ、あんっ、あっ、あんっ、・・ああああ、あ、あ~~ん・・・は、はああ、はっ、はひい~~~・・ひいっ、あっ、あっはあ~~~ん、あああ~~・・・・」女子高生の生マンをたっぷりと楽しみながら濃厚なキスをプレゼントした。
キスした後女子高生は大きく息をした。
女子高生「・・・あっ、あっ、ああああ~~~~~ん」どうやら女子高生はイったようだ。
パンツから手を抜いてやると女子高生は体を小さくして下を向いてしまった。
真っ赤な顔をして涙を流している。
駅についたのでかわいそうだからバッグを返してあげた。
一目散に走って逃げる女子高生。
しかしバッグのパンツとブラジャーはいただいた。
10コスプレと14400秒あげる 遠藤ななみ