20代のolです。ここは前から知ってましたが、まさか自分も被害者になるなんて、、同じ被害に遭わないで欲しいと思い、書きます。一人暮らしの寂しさについ、パチンコにのめり込んでしまいました。2年蓄えたお金が3ヶ月で無くなり、その日の食事にも困る生活でした。そんな時、某サイトで写真のモデル募集を見つけたんです。アマチュアカメラマンの”背景に溶け込む女性”の募集内容でした。連絡を取り、条件を決めて逢う事になったんです。欲しい金額では”海辺の景色”を選びました。水着は抵抗ありましたが、日中なんで安心した私が愚かでした。朝10時に約束の海岸で待ち合わせましたが、お腹の大きな中年男性でした。海水浴シーズンは 過ぎてましたし、辞めようかな、、考えましたが、週末に母が尋ねて来る、、食事お金は?心配かけたくない。焼いてる女の子達もいるし大丈夫と思いました。最初にお金を頂き、撮影が始まったんです。ワンピース、ジーンズでの写真(モデルさんのポーズだね~)なんて思って、、女の子達がこっちを見てる。休憩中にはモデルさん?なんて声かけられて、いい気分になってました。そして、最後だと水着になったんです。黒のビキニ(姉から貰ったのを持ってました)を着ました。胸とか自身ないし、1度も着てなかったんで、恥かしかったですね。数枚撮りましたが、Hなポーズを要求される訳でもなく、楽だったと思ったの。あっ、フイルムがない。私はその場に残り、男は車に行ったんです。帰って来ない、、砂浜で一人は不安だったんで、私も車に戻りました。あれ?男の車がない。帰ったの?そう思って見渡すと、キャンプ場の入り口に移動されていました。どうしたんですか?声をかけました。男の手にはお金が、、”3万欲しくない?、、、状況を理解し、断りました。シャワーの方へ歩きましたが、男が後を追って来ました。海岸には人が、、助けてくれる。そう思い逃げましたが、思う様に歩けません。仕方なく、水の中に入りましたが、男も服のまま入って来ました。沖の方に私を連れて行き、いいだろ?そのつもりだろ?って、、他の人達からは、ジャレ逢ってるって思われたのか、誰も見てくれません。私は泳げないので、恐怖で泣きました。疲れて足もフラフラして諦めるしかなかった。キャンプ場の暴風林の奥で、犯されました。砂が入る痛みと、醜いカエルの様な男に犯される屈辱途中ウォーキングのカップルの姿が見えたけど、見られる恐怖に諦める自分の情けなさを感じました。これからも、、勝手に約束させられ去って行きました。どうやってシャワー室に行ったのかも覚えてません。シャワーの痛みで、全身の擦り傷を意識しました。体の傷は消えても、心の傷は、、