私は18歳の女子高生です。高校二年のときにどうしても欲しい服があって、援交をしました。Hしたら3万くれるってきいて、会うことになったんです。 思ったよりもおじさんじゃなくてちょっと安心してたんですけど、会うなりいきなりホテルに連れて行かれたんです。Hは初めてじゃなかったけど、ホテルにつくとこわくなって来るんじゃなかったってすごく後悔しました。制服に着替えるように言われてお風呂場で持ってきた制服に着替えていると、お風呂場の外が妙にがやがやしてきたんです。なんだろうと思って戸を開けてみると、そこには一緒にきた人のほかに4,5人の男の人が居たんです。 その人たちはあたしを見るなりニヤニヤしながらあた しの腕をすごい力で引っ張り、ベッドの上に押し倒そうとしました。あたしはすごく怖くなって必死に抵抗したけど、5人の男の人の力になす術も無くそのままベッドに押さえつけられ、着替えたばかりの制服をはだけさせられました。 「きゃあーっ!やめてぇっ!」と叫ぶと一人の人が「うるせぇ!」と言ってあたしの顔を殴り、パンティを脱がせて口の中に押し込んで猿轡を噛ませられました。抵抗もできず、声も出せなくて、こわくてこわくて涙がぼろぼろ流れました。やがてベッドの上で足をM字に固定され、手首も動けないようにベッドの足に縛り付けられました。 ブラジャーは剥ぎ取られ、パンティは口に押し込まれて惨めな姿にされたままただ泣くしかなかったあたしに、あたしをホテルに連れてきた男がニヤニヤしながら「かわいいよ、るみ。これからは俺が御主人様としてるみを立派な性奴隷にしてやるよ。」と言いました。そして真っ赤な蝋燭に火をつけたんです。なんとなくそれがどういう風に使われるか分かって必死にやめてって叫ぼうとしたけど声はでなくて、周りに居た人たちに助けを求める意味の視線を向けたけれど、もちろん助けてくれる人なんて居なくて、「よかったな。たっぷり苦しめよ。」と逆に言われました。そして遂にあたしの乳首の上に蝋がたらされました。あまりの熱さに体をよじらせどうにかこの熱さから逃れようとしました。しかし無常にもどんどんあたしの胸に、お腹に赤い痕はついていきます。声にならない声をあげ涙を流しながらもだえ苦しむあたしを見て男たちはニヤニヤしながら罵るばかりです。まさに拷問でした。恥ずかしさや惨めさを通り越してただただこの熱さから逃れたかったのです。 蝋燭地獄が終わったあとはあたしはもう抵抗する気力も失い、男たちのされるがままでした。天井から縄で吊るされて鞭打ちを何百回となくされ、「私は惨めで汚い雌豚です。どうかこんな私を性奴隷として調教してください」というようなことを何度も言わされました。そして便器となり男たちのおしっこを飲み、性処理玩具となり口にも膣にも男たちのペニスが入りました。中出しをされてももはや抵抗することもできず、ただただ涙を流して我慢するしかありませんでした。 あたしが蝋燭責めでもだえ苦しむ顔も使われ続けて真っ赤にはれたおまんこも全てビデオと写真にとられ、かばんに入っていた生徒手帳から身元がばれたため、写真とビデオをネタに脅されて彼らの所有物になることを強制されました。この文章も御主人様の命令で書いています。あたしはこれからあたしの体が使い物にならなくなるまで、御主人様から逃れることはできません・・・。