私は会社の部長と不倫関係にありました。あの日はその部長の奥さんに呼ばれました。部長の自宅には仕事で何回か来ていて、奥さんとも会いました。今回もそのようなものと考えていました。家に入ると、奥さんの様子がおかしいのです。そして部長もいません。「主人とは何回かやったの?」そう、不倫がバレていたのです。私は否定しました。すると、奥から、麻縄を持って来て、私を後手に縛りました。すると奥さんは縄尻を柱に固定し、私は柱を背中に固定されるように縛られました。奥さんは私をひら手打ちしました。何度も、何度も私はぶたれました。でも、部長のことを思うと、耐えました。今度は奥さんは、私のブラウスを剥がし、ブラもフロント からハサミで切りました。私は縛られていたので、胸を隠すことはできませんでした。奥さんはデジカメでその姿を撮り始めました。「言わないと、会社の全社員のパソに流す!」と脅しはじめました。でも、それでも耐えました。もし不倫がバレたら、部長は、左遷させられる。そうしたら、ペットボトルのお茶2Lを飲ませ始めました。私は最初、こんなことして・・と思いました。しかし、それは数分後わかりました。そう私は尿意が出てきました。「さぁ、言いなさい、オトイレ行きたいのでしょう?」でも、なんとか我慢できると思い耐えました。10分くらい経ちました。奥さんは、私の限界を察し、ビデオで、撮影しようと、私のスカートの中をずっと撮っています。「す、すみません、関係あったのは事実です」尿意には勝てず、思わず、言ってしまいました。その言葉はビデオに録音されていました。でも、我慢できませんでした。「お願い、は、早く解いてください、我慢の限界です」いくら懇願しても、奥さんは縄を解いてくれません。あっ、もう我慢の限界に達して、もらししてしまいました。その姿はビデオに録画されてます。その時間は、わずかと思いますが、私には1時間にも思えました。その後、シャワーを浴びさせてもらいました。しかし、それで終わりではありませんでした。また縛られ、寝室に連れていかされました。奥さんもいつの間にか全裸になっているどころか、男性器みたいなものがついたのもを履いています。「さぁ主人みたく、私も感じさせなさい」そう、奥さんはレズっ気があったのです。私は抵抗もできず、目をつぶって耐えました。そんな私が解放されたのは3日後でした。その間、ベットに固定され、お風呂どころか、オトイレも、オマルでしました。毎朝、イジジク浣腸もされました。アナルセックスするためです。もちろん、その姿はビデオに撮られました。わたしは、このまま監禁生活が続くと考え、怖くなり、週1回奥さんに犯されることを条件に解放してもらいました。もちろん、約束ですし、ビデオも写真もあるので通っています。