1年前に、自分の彼女と、友人カップルの4人で泊まりでスキーに行ったことがあります。ロッジを借り切っていたので、夜には大騒ぎになり深夜になって、それぞれの部屋に戻りました。当然ながら、彼女とセックスをしましたが友人の部屋が隣だったせいか友人の彼女のあえぎ声も筒抜けになっていました。私の彼女は、ハスキー声でしたので友人の彼女(優香ちゃん)の子供のような声がとてもエロちっくで、こっちのセックスも気合いが入ってしまいました。朝方・・ちょうど4時頃だったと思いますがのどが渇いたので起き、下の部屋にある冷蔵庫にジュースでもと降りていったら友人が、下のソファで寝ていました。 ま、声をかける程でもないなぁと思い2階に戻っていたんですが何となく、セックスしているときの優香ちゃんの声を、思い出してしまい自分の部屋には戻らずに友人の部屋を、そっと覗いてみました。

すると、友人が付けっぱなしにしていったのかベッドの電気がついていてその横に、素っ裸の彼女が毛布を両足で挟み込むように寝ていました。

薄着になった彼女は何度か見たことがあるのですがさすがに、直接彼女の真っ白な尻を見ると私の肉棒が、即座に反応してしまいました。

彼女にゆっくり近づき、ベッドの電気を消しました。

私も下着1枚の格好でしたが、もうこうなってはと決心し、下着を脱いで、ベッドに潜り込みました。

すると夢うつつながら、彼女が近づいてきました。

私は彼女の乳房に触れました・・何の反応もないです。

きっと友人にでも触られているつもりなのでしょう。

私はガマンできずに、腕を彼女の下半身にもっていきいきなりでしたが、オマ○コを触りました。

すると彼女が「うう・・ん」と言いました。

これはイけるんじゃないかと確信した私はこちら側に、横向きになっている彼女の口元に私の肉棒を近づけ・・亀頭を彼女の唇に押しつけました。

彼女は無意識なのか、何の抵抗もなく唇を開いて私の肉棒を口内に導きました。

さすがに半分寝ているのか、フェラチオというほどはしませんが、彼女の口の中では、彼女の舌が肉棒を刺激しています、ゆっくりと舌が回るような感覚が何とも言えない感覚でした。

私はすぐにガマンできなくなり彼女を仰向けにして両足を拡げその間に入り込んで、彼女のオマ○コを舐めまくりました。

昨夜聞いた、彼女のあえぎ声が目の前で出ています。

と同時に、彼女の膣内からは、ヌルヌルした液体がジワジワ出てきます。

もう私の肉棒は限界でしたので彼女の両足を抱え上げ、一気に膣の中に押し込みました。

彼女は「うん・・うん」と可愛い声を出しています。

友人の彼女に生でハメている感覚に、何とも言えない感動と興奮を覚えました。

きっと友人とは長くつき合う事になるでしょうがその彼女にハメる事などは、2度とないでしょう。

私は何を血迷ってしまったのか私の精液を、彼女の膣内で発射してしまいました。

でも、私の肉棒は萎えるそぶりがありません。

結局・・膣内に入れたまま2回中だししてしまい3回目は、彼女の唇に押し込んで口内発射しました。

口内発射の後、彼女はすっかり目が覚めたのかゆっくり頭を前後させて、その可愛い舌で後始末してくれました。

それが終わると、彼女は眠そうな声で「どうしたの?なんかヘンな感じ・・」と言い残してまた眠りに就いてしまいました。

次の日は、みんな仲良くスキーをして帰りました。

スキーをしながら、彼女の膣内に私の精液が残っているのだと考えると、寝不足していたのに勃起してしまいました。

帰りの車内で、自分の彼女にフェラチオさせてガマンしました。