女三人、男四人である有名なキャンプ場にいきました。
昼間は久しぶりに思いきり泳ぎ、夜はお決まりのBBQでもりあがりました。
普段はあまり飲まない方なのですがその日はいきおいでつい飲みすぎていました。
親友のかおりが「ヒロシくんかっこいいでしょ」と耳打ちしてきました。
ヒロシは昼間からずっと何かとわたしにかまってきて、わたしもいいなあって思ってたんです。
気付くととなりにいたかおりはいつの間にか席を変わり、わたしはヒロシと、アツシ二人にはさまれていました。
アツシはすごく面白い人でめちゃくちゃ笑わせてくれて、どんどんお酒を勧められました。
わたしはいい気持に酔っぱらってました。
でも、気になって たのは、ヒロシのがずっとわたしの腰を抱いていて、アツシの手がテーブルの下で、ずっとわたしの太股をさわっていたことでした。
その内アツシの手はだんだん半パンの中に入ってきました。
少し抵抗したけどおかまいなくパンティーの中まで。
わたしは触られながら助けを求めて、反対側のヒロシを見ました。
ヒロシは微笑んでわたしの腰をしっかり抱えています。
「気付いて!」わたしはヒロシに体を預けてのけぞるような感じになりました。
するとあつしがわたしの右足を自分の足に持ち上げ開かせました。
テーブルの向こうでは花火の話で盛り上がり「まゆみ、大丈夫?花火できる?」とかおりがきいてきました。
するとアツシが勝手に「まゆみは酔っぱらってるから俺がついてるよ」と断わってしまいました。
ヒロシも「俺もまゆみちゃんについてる」と答え、かおりは「まゆみモテモテじゃん」といってしまいました。
みんなが行ってしまうとヒロシがわたしの左足を開かせあつしがクリをさわりはじました。
二人の思惑に気付いた私が抵抗する間もなくヒロシはキスしてきました。
唾液をどんどんそそぎこまれ、タンクトップに手を入れられおっぱいを思いきりもみくちゃにされ、乳首をクリクリされました。
アツシの指がクチュクチュ嫌らしい音をたてはじめたころ、わたしももう力を抜いてされるがままになってました。
「テントに行こう」男用にたててあったテントにヒロシに抱きかかえられて連れ込まれました。
あっというまにすっぱだかにされ、アツシに足を大きく開かれ、丸見えになったあそこをなめたりすったりいじくられ、ヒロシのものをくわえさせられました。
アツシがガチガチのものをゆっくりねじ込んできて、その後は二人に何度もいかされ、オシリの穴に何度も放出されました。
アツシとヒロシにさんざん、いろんな体位で攻められおしりや口に何度も発射されクタクタになった頃、後の二人がテントに入ってきました。
わたしは調度ヒロシにバックでアナルに突っ込まれ、三度目か四度目のスペルマを受けるところでした。
「お前らかわれよ」アツシの大学の友達のキムラが言いました。
「あっちの二人はどうなんだよ」とアツシ。
「花火から帰ったらこっちのテントでもりあがってたから勢いで持ち込んだけどよう子はキスしかさせてくれないし、かおりはこんなとこでは絶対嫌だって。
もう寝るって追い出された。
」シゲルが服を脱ぎながら言いました。
そして、グチャグチャになったわたしのあそこをテッシュで拭いた後正常位で入ってきました。
激しく腰を振りはじめわたしの奥深くを突いてきました。
敏感になっていたわたしは腰がとまらなくなり、合わせて振り続けそのままいってしまいました。
彼はわたしの奥深くに大量に放出しました。
「中だしはまずいよ」ヒロシがまた大きくなってわたしに握らせながら言いました。
木村がシゲルを押し退けて、四人の中で一番大きなものをあてがってきました。
「もう許して」わたしが泣きながら言うと、アツシが頭をなでながら「まゆみはいい子だなあ、これからもちょくちょく楽しもうな」と言いました。
木村に足を持ち上げられ肩にかけられた格好でイッキにぶちこまれました。
その時アツシが携帯で写真を撮っているのに気付きましたがとめることもできず、すぐに木村のものが出たり入ったりのリズムによいしれあまりの気持ちよさに逝くとどうじに気が遠くなりました。
その後のことはあまり覚えていませんがあかるくなるまで犯され続け、朝方アツシがシャワーできれいに洗ってくれました。
かおりたちとは気まずかったけど、男の子たちは何事もなかったかのようでした。
あれから、毎日メールや電話があり誰かに呼び出されますが一対一です。
みんなでというのを少し期待してるんですけど。