わたしは19歳の学生です。去年の夏の出来事でした。蒸し暑い夜に寝付けなかったわたしは、冷たい物が飲みたくなりベットを出て冷蔵庫を開けましたが、麦茶もジュースも切らしていることに気づきました。仕方なく、パジャマを着替えるとマンションを出て、近くのコンビニに向かいました。ノーブラのキャミソールにミニスカートの格好で、ちょっとヤバイかな?と思いましたが、近所のコンビニですぐ帰るから、まーいいかぁとも考えながら足早にコンビニに向かいました。わたし、背が低くて小柄ですが、胸が大きくウエストがくびれてるせいか、良く男の人から声をかけられるのです。コンビニに着いて、ジュースを選んでいる私を、店の中にいた客の 一人の男がジロジロ見てきます。やだなぁと思って、ジュースを買うと急いでお店を出ました。すると、その男が店の中から追いかけてきて「ねぇ、ドライブでも行かない?」とわたしに声をかけてきました。その男は20後半くらいでなかなかのイケメンでしたが、知らない男の車に乗るのは怖かったので、「もう遅いからいいです」と断りましたが、男は「いいじゃん、いいじゃん」と言いながら、わたしの腕を引っぱって車の中に押し込もうとします。あまりのしつこさと男の「10分だけだからさ」の言葉にまけて、車に乗り込んでしまいました。いま考えると「10分だけ」の男の言葉を信じたわたしはバカだったと思います。男は車を走らせながら一人でしゃべり続けていました。気が付いて時計を見ると、時間は20分を過ぎていたので「時間だから帰らせて」と言うと、男は「そうだね」と言いながらも、人気の無い公園の駐車場に車を止めました。「え?何・・?」と私が言うと、男はいきなり私を抱き寄せてキスしてきて舌を私の口の中に入れてこようとします。私はびっくりして、口を固く閉じて必死に両手で男の体を押して抵抗しました。しかし、男はすごい力でわたしを強く抱きしめて、身動き出来ないようにしました。男の手がキャミソールの中に入ってきて、胸を揉まれながら乳首をつままれると、私の固く閉じていた口が一瞬あいて、男の舌がわたしの口の中に入ってくると、そのねっとりした舌の感覚に、わたしの体から力が少し抜けてしまいました。男の舌とわたしの舌が激しく絡み合い、胸を激しく揉まれたりミニスカートの中に手を入れられアソコを触られたりします。わたしは、いけないと思いながらも体が熱くなるのを感じました。男はシートを倒し、わたしに覆いかぶさり、わたしのミニスカートとパンティーをはぎ取ると、自分の大きく反り返ったモノを出しました。ここで、我に返ったわたしは「いやー、やめて!」と大声を出して体をよじりました。しかし、男は力任せにわたしの足を開き強引にアソコにねじ込んできました。「いやー!」わたしは泣きながら叫びました。男は激しくガンガンと私のアソコに突きまくってきます。わたしは感じてきそうになるのを我慢しながら、体をよじり両手で力いっぱい男を押して、必死に抵抗を続けました。そして、男がわたしの両足を深く曲げて、更にアソコの奥深くにグィとねじ込みながら突き上げると、「あー」鋭い快感がわたしの体を貫きました。男は自分の腰を大きく深くグラインドさせながら、わたしはアソコの奥深くを突き上げグリグリされたり、激しくピストンしながらアソコの奥深くをガンガン突かれたり、しゃくり上げられたり「あー、あぁん、あ~ぁん、はぁ~ん」、ものすごい快感に私の体から抵抗する力が完全に抜けました。男はすごい勢いで、いつまでも私のアソコを突きまくって、わたしは腰がぬけそうになる快感に夢中で男の体にしがみついていました。濃厚なディープキスしながも激しく突きまくってきます。「あぁん、あー、イク、イッチャうよ、あー、あーん、イク、あぁーん」わたしの頭の中は真っ白になり、男も思いっきり私の中に放出しました。その後も、ぐったりした私はホテルに連れてかれ、朝まで激しく何回も何回もイカされ、中に出されました。今でも、その男とは時々会ってセックスしています。男の巧みで激しいピストン運動に、いつも何度も何度もイカされてめちゃめちゃにされています。しばらく、この男から離れられそうにありません。