ウチの離れに先生が下宿することになりました。私が3年生くらいの頃だったと思います。田舎なのでアパートとか無くて、先生は独身だったのでご飯の支度とか困るし(食堂とかもあまりない)、ウチは父がいなくて母の出稼ぎだけで祖父母と私が生活してたので、経済的にも助かるだろうと、村長さんが決めたらしいです。朝は、私が7時に先生を起こしに行きます。祖父母はすでに畑に行ってていません。先生の朝ごはんのお給仕をして、二人分のお弁当を用意します。8時ごろに、先生の車で一緒に学校に行きます。夜は7時過ぎにご飯を食べてお風呂に入ると離れに戻るのです。祖父母は8時には寝てしまうので、先生がお風呂からあがるまでは私がお世話 しなければなりません。それが、いつしか朝先生を起こす時にフェラ(当時は名前もしりません)して起こすようになり、夜は一緒にお風呂に入り、確か6年生の頃には勉強を教わるという理由で先生にセックスされてました。当時、同級生は三人、女子は私だけで性の知識もなくて、無いってより先生しか先生がいなかったので、教えてくれなければ無知のままでした。先生にとっては都合の良い玩具だったのでしょう。一度、先生の出身地の東京に連れていかれた事がありました。その時先生のお友達が何人かいて、みんなとセックスされました。そして次の日、何故か病院に連れてかれ、気付いたらホテルのベッドの上で、お腹が凄く痛くて気持ちわるかった事がありました。妊娠させられて、堕胎させられたんだと、大人になってわかりました。