今から3年前私は、拉致監禁され何人もの男たちに丸2日間犯され続けました…SM同好会のような男たちに剃毛、浣腸、ラビアピアス…ありとあらゆる事をされ続けました。2日後の夜素っ裸にコートだけ着せられて知らない公園のトイレで開放され警察に保護されたときあそこにはガチャガチャのようなカプセルが入れてあり、手術をせずには取り出すことができませんでした。その新しい職につき、性的なこととはまったく無縁な生活を送ってきましたが、最近転勤になった職場は会社から従業員の駐車場まで歩いて5分位かかるのです。その道筋は幹線道路から狭い脇道に入ります…その風景は片側が倉庫、片側は土手で真っ暗なんです。まるで、ドラマでよ く監禁されてしまうような人気のない倉庫街…一人でその道を歩いていると、あのときの事が思い出されてしまいます。最初は怖くてしかたありませんでしたが、何故か最近誰かが突然飛び出してきて倉庫に連れ込まれまた大勢の男たちにボロボロにされるのを心のどこかで期待している自分に気付きました…あんなに辛い思いをしたはずなのに、身体が求めている??自分の悲しい性に気付き戸惑っている私です。そして今日も何事もなく帰宅…でも疼く思いでイヤらしい言葉をいろいろ検索していたらここにたどりつきました。心が拒否していても身体はあの時のような激しい仕打ちを求めている…