クラスの男子が『チンチン、ブーラブラー』と馬鹿みたいに繰り返し歌ってふざけていて、当時の私もあまり意味わからないまま下校時間に『チンチンブーラブラー』と大きな声で友達と歌いながら歩いていました。すると後ろから『スゴイ歌歌ってるね』と声をかけられました。振り返ると、知らないオジサンがニヤニヤして私達に近寄り『意味知ってるの?』と目の前にしゃがみこんで聞きました。『知らない』と答えると『教えてあげるよ』と言われ近くの公園に連れて行かれました。植え込みの奥に行くと、『これは魔法のおまじないだから、誰にも秘密だよ』と念を押され、私たちがうなずくとオジサンはズボンのファスナーを下ろしぺニスを出すと左右に プルプル揺らし『面白い?』と聞き、私たちが『うん、それがチンチン、ブーラブラーなの?』と質問すると『本当はね、もうちょっと違うモノを揺らすんだよ』と言って今度はズボンを脱ぐと下半身裸になり、ペニスのしたのダラーンとした玉袋を指さし、腰をグランドさせました。私たちの目の前で、まさに『チンチンブーラブラー』を見せてくれました。私と友達は面白くて好奇の眼差しでペニスを見ていました。オジサンは『では魔法を始めるよ』と言うので『何の魔法?』と聞くと、オジサンはペニスを上下に動かしながら『君たち女の子がキレイになる魔法だよ』と言いました。オジサンの動く手の中で見る見るうちにペニスは大きくなり、私達は本当に魔法だと信じました。『まずは君』と友達が呼ばれ私に背を向けると、ペニスの前で友達に何かやらせました。私はオジサンのお尻がヒクヒク動くのをポカーンと見ているだけでしたが、『次の魔法の準備してて』と言われ、スカートを脱いで待つように命令されました。友達が終わると私が呼ばれ、長い棒みたいな硬いペニスを両手で握らされて上下に動かすように命令されました。しばらくすると『あの娘もしたよ』とペニスの先を舐めるように言われ、従うと『ウッ、あぁ、出る・二人とも口を開けて』と叫び、私たちの口の中に白濁液を流し込みました。『全部飲まないと魔法が効かずに、呪いになるよ』と脅され、私たちは一生懸命飲みました。飲んでる間中、オジサンは二人の下腹部に手を当て擦ってました。私にはパンツごしに指をアソコのスジに沿ってこすったり、パンツの中まで指を入れたりしました。飲みおわると『魔法が効いてるか調べてみよう』と言われパンツを脱がされ、足を開いてアソコをじっくり見られました。顔を近づけると舌でペロペロ舐められ、『うん、魔法は効いてるね』と言って『最後の魔法…声を出したら呪いに変わるよ』と言われ自分で自分の口を手で塞がれ、足を開いた私のアソコにオジサンのペニスがメリメリ‥と入ってきました。激しい痛みでポロポロ涙が出ましたが、呪いが恐かったので、声を出さずに必死で耐えました。友達も同じ様に犯されました。でも当時は二人とも本物の魔法の儀式だと信じていました。全てが嘘で、それがセックスと気付いたのは小4の時でしたが、実は小2のあの日から、ほとんど毎日、そのオジサンとセックスを続けていたのです。友達は『魔法の儀式では無く幼女への猥褻行為』と理解すると、オジサンを避けて来なくなりましたが、私はその後もオジサンのマンションに通って、セックスをしていました。