クリスマスの夜、彼と二人でおしゃれなレストランで食事をしました。そこを出て、ドライブしていました。すると後方からすごい爆音が・・・最近多くなった暴走族です。私は一瞬で怖くなりましたが、彼はひるむことなく運転を続けています。お酒を飲んでいたせいか、彼はいつもより強気でした。信号待ちの時、バイクに乗った二人組みが窓から覗き込んでます。彼は窓を開け「何見てんだよ」私は必死で愛想笑いをしましたが、悲劇は起こりました。反対側の窓ガラスを鉄パイプのようなもので割られて、逆上した彼は、勢いよく車外に出ました。私はただ怖くて震えているだけです。彼は数人に組み倒され、意識がありません。リーダー格の人が私を自分達 の車に押し込んで、着ていたものをびりびりに引き裂き、私はあっというまに全裸状態です。私は嫌なのは、この時既に濡れていたのです。目の前に大きなものを出され(彼のより数段大きく硬かった)口では嫌だと言いながら、咥えさせられた瞬間、吸っていました。匂いもきつく私は夢中で舌を使い、同時にアナルも舐めたい気分です。そうこうするうちに、後ろから別の人がいきなり挿入してきました。奥の方まで突かれ、出してはいけない声が大きくなるのが抑えられません。彼はずっと泣きながら私を見ていました。悲しいことに肉欲を抑えられず、いつものように腰を振ってしまします。四人目が入れてきたときは、2分おきにアクメに達しているような状態で、彼はただだまって見入っていました。族の人達は笑いながら「こいつ、ひでー女」って、彼に同情し始めるくらいです。族のメンバーにいた私の好みのタイプの人が、まだいっていなかったので、自分から咥えていかせて飲んであげました。解放されたあと彼氏は一言もしゃべらず帰っていきました。私が一番悪いんです。嫌とおもっても、あのちんちんの匂いと迫力をみたら人格が・・・