私は36歳の主婦です。今日、地区の公民館で話し合いがあって、いつもは主人が参加するのですが仕事の都合で私が参加しました。15人ぐらいのお酒を飲みながらの会で最初は固い話でしたが、途中からは和気あいあいと楽しく進んでいきました。その中に28歳の男の子がいて、私の隣りに座って飲んでいました。会は9時ごろにお開きとなり私が片付けていると、他の方はさっさと帰ってしまい、私とその子の二人で、その子は机を、私はコップを最後まで残って片付けていました。片付けを終え、二人で戸締りを確認していると、急に電気が消えました。「えっ、○○君電気が・・・」と言うのと同時に後ろから胸をつかまれました。「えっ、ちょっと冗談 はやめてよ。酔っちゃったの?」と聞いても無言でしつように胸を揉んできます。本気で振りほどこうとすると、私を畳の上に押し倒し、Tシャツの中に手を入れてきてブラの中に手が・・・「ちょっ、いやっ、大声出すよ!」っと言ったのですが、よく考えると公民館の周りは公園で、誰にも聞こえるはずも無く、この時間にはめったに人も通らないような町外れにあるので、どうにもなりませんでした。その子は大胆になり、私のスカートをめくると、いきなりショーツの横からあそこに指を入れてきて、本当に乱暴に中をかき回しました。若い男の力がこんなに強いとはこのとき初めて思い知りました。本当に身動きが取れないのです。押さえつけられたままいとも簡単にショーツを脱がされ、それでももがいているうちに、いつの間にかあそこにはその子の大きなペニスがあてがわれていました。と思うと一気に大きなペニスが私の奥深くへ入ってきて、私は恥ずかしいのですが「ああっ」と大きな声を出していました。もうそれからはがむしゃらに突き上げるその感覚に負け、すぐに二人一緒にイッてしまいました。そのあとさらに公民館の窓際で1回、流し台に手を突き立ちバック、玄関で四つん這いでバックからと計4回、さっきまで犯され続けました。こんなにイかされたのは結婚してから一度も無く、最初は嫌だった気持ちもどっかに行ってしまい、その子のペニスと、このシュチュエーションに快感さえ覚えました。同じ会合が月末にあるのでまた行きたいと思います。