以前、マンション管理委託業者と騙された者です。
悪夢が・・・・数日後に電話が来ました、確認と称し住所と電話番号わ書いてしまったのですから。
脅され、男の言われた場所で待ち合わせし、貸し事務所の様な所につれていかれました。
中は事務所らしからぬ感じで、机が二つ並び、他に二部屋あるようでした。
私は、目の前のソファーに座らされ、待たされました。
ドギドキしながら私を向かえに来た男の人と、何気ない内容の話を暫くされ、少し静かに感じた時にどちらかの部屋から、”声?”と気にしてると女性の喘ぎ声が段々して来ました。
「いやっ・・あっ・・あっ・・」「うっ・・止めて・・・止めて下さい・・・・あっ・・あっ・・あっ・・」と、女性の喘ぎ声が聞こえて来ました。 私は直ぐに数日前の記憶と、この場所から逃げたい気持ち、この後に私がもしかすると・・・と色々と駆け巡りだしました。
私に話し掛けてた男の人も、「社長の特別面接中だからね、あんたも少し待っている間、俺と特別面接するか?」って、横に来て後ろから肩を掴まれ、耳に息を吹きかけながら舌で舐めてて来ました。
私は体が硬直状態で、振るえる気持ちでした。
男の人は、私の唇に舌を移してキスをして来ました。
抵抗も出来ずにブラウスの上に手を這わせて、そのまま胸を揉まれだしてました。
すごく慣れているのです、キスは唇を開けられ舌を入れて絡めるのです。
肩からまわされた手はブラウスの上の隙間から侵入しキャミとブラの内側に這っていて、直に胸を刺激しだして気が付いた時には、スカートから太ももが露わにストッキングの上からアソコの近くへと、恐怖から変な感じに移っててました。
隣の部屋から聞こえる喘ぎ声が段々激しくなって、そこからは、「あぁぁぁん・・・あっ、あっ、いゃぁぁぁぁ~」犯されてるのか、感じているのか解らない女性の声だけが、ギシギシと音と一緒に聞こえてました。
そのような頃には、私の方にそんな状況を気にする余裕が無くなりつつありました。
絶えず空き無く唇と胸を強く弱くと揉まれてて、ブラウスは肌蹴、胸は露わ、男の人の残りの手はストッキングとショーツの内側にアソコの周りを刺激され、恥ずかしくも感じて濡れだしてました。
主人とは無い感触にフラフラ状態、酔わされてる感じに陥りそうでした。
隣の声に翻弄されながら、私もアソコに指を入れられクチュクチュと聞こえてそうな感じでした。
もうアソコに限界が来そうなところで急に止めてしまったのです。
急に男の人は「服を戻しな!社長がの面接が間近だからさ」って、変に火照らされた私の体は、中途半端な状態で妙な感じのまま服を直しました。
気が付いたら、隣の部屋からの声が聞こえなくなって、社長なのでしょうか、「おいっ・・面接終わったぞ!・・次来ているんか?」っと少し低音気味の声がして。
「はいっ、社長・・来ておりますんで・・・」と、右側の部屋に連れられました。
中には、パイプベットだけが有りそこに座らせられ社長を待つのでした。
先ほどの様子とベットの状況から、当然特別面接とはこの社長と行為をする事です。
少しすると、社長は部屋に来ました。
一応ワイシャツにスラックス姿でした。
そして持ってきた封筒から写真が出され、「奥さん綺麗ですな」ってこの前写された写真数枚、キャミ姿やら、見たく無い姿ばかり・・・「家の社員が、確認に覗わせて頂きまして~」ニタニタと顔を覗いて言われ、「こんな人がね~、・・・まぁ・・私の所のバイトをお願いしたいのだが・・・」ってバイトの話をされ、私は何だか判らず、バイトはしたく無いと言うと、「いやぁ~・・今日だけでええんさ~・・集金の手伝いを頼みたいんよ」「男が一人で行くと、印象悪くてな~」「まぁー、少し手伝って貰う前に一応、特別面接しなくてはいかんがなぁー・・」って社長は、先ほどの男の人と同じ様に耳タブに顔を近づけられ、中途半端に火照らされてた状態だった私は、抵抗感も薄れてて軽く耳たぶを噛まれた時に「はぁっ、」っと声を出してしまい、もう気持ちとは別に私の体は、社長を受け入れるのを待つだけの状態でした。
慣れた手つきに、唇を開かれ舌を絡めてよこしベットに横になってました。
胸を左右交互に揉まれ、切れ間無く太ももを開きながらストッキングの上からアソコの周りを刺激し続けて、気が付いた時にはブラウスの前は肌蹴ていて、キャミもブラも肩紐は下ろされ直に胸を揉まれ、ずっと唇を奪われたままで上半身は半裸になってました。
そして、胸の周りの愛撫と下半身に手が集中して来た時にストッキングがビリビリっと破り、ストッキングを開いて、ショーツの横から指を入れて「奥さん、こんなに濡れては何か栓をしないとだめですな~」と笑いながら、指をズブズブと入れ奥にかき回しながら、愛無を休まず続けられ私は陶酔状態でした。
もうその時には先の聞こえてた、喘ぎ声を自分が・・・・・「あっ・・・あっ・・・うっ・・うっ・・゛・」って指を出し入れする度にアソコからは、クチュクチュと聞こえて抵抗する気力は薄れてました。
「特別に、別の栓をして上げますよ、奥さん・・」と言うと、指が抜け社長はスラックを脱ぎ、大きく反り返ったアレを見せて、私の濡れきったアソコの入口に当てられ、ゆっくりと進入して来ました。
恥ずかしいのですが求めてたと思います。
私のアソコは今までにない位に濡れていたと思いますが、アソコに入って来るのは段々抵抗が強まり、ビール瓶が入るのかと思うくらいの物が押し込まれできました。
私は「いゃぁぁぁぁ・・あああ・・・だめぇぇぇ・・あぁぁぁぁぁ」と、もう悶え叫び続けてました。
そして、私のアソコの中が社長ので埋め尽くされ、奥で子宮に当たるのが判りました。
そしてゆっくり腰を動かされ、ズボズボと出入りするのです。
腰を動かされ感じてました、そして社長の腰の動きが激しさを増してきた時には、背中に手を回してました。
社長が「特別面接は合格です・・・その印を・・・奥さんに受け止めて貰います・・・・・」って言い「行きますよ~」って腰の動きが激しくなり、私は「だめぇ~・・いくぅぅぅぅぅ」って叫んでました。
「ほらっ・・・中出しだぁぁぁ~・・・・この前も十分貰っただろ~」っと社長は言葉の口調が乱暴になってました。
「中はだめぇぇぇぇぇ・・・あぁぁぁぁ・・・いゃぁぁぁぁ・・・」と訳判らず状態返しましたが、既に遅くすごい突き上げと共に私の中に結局出されてました。
その後、「奥さん、良いものを持ってるよ・・面接は合格したし、バイト頼むな~」と言い、バイトの内容を説明しだしました。
内容は・社員と一緒に取引先に封筒とバックを持ち集金に行くだけ。
・社員は入り口まで行くが、外で待っている。
・封筒は取引先に渡し、中身を確認して貰いお金を受け取り、バックに確認しし入れる。
バックは軽いのですが、大き目の物でした。
服は、薄いピンクのスーツを与えられ、薄い布地のブラウスなど準備され、着替させられました。
そして、社員の人に連れられ3件を結局周る事に・・・・行った先は、マンションでした。
集金が終わったら、バックの中を見てから戻るように説明され、1件目に着くと、社員の人は番号だけ言い私一人で向かいました。
言われた番号に着き、ベルを鳴らすとドアが開き学生っぽい男の人が出てきました。
「○○社の人?」って、私に聞き「はいっ」と答えると、中に通されました。
「集金に伺ったのですが、この封筒を確認下さい」と渡すと、「ここじゃまずいから、中に入って」と上がると、同じ年位の人が3人居て雑談してたのですが、「○○社の人来たよ」と私を入れると私を見て「綺麗ジャン・・・早速犯るか?」と変な事を言われました。
私は半分???となってると、直ぐにその人達に腕を掴まれ、奥の部屋に連れられ、ベットに抱えて上げられ倒されたのです。
「人妻?」「え?」「違うの?」っていきなり聞かれてると、時間ないぜっ・・・と最初に見た人に言われ気が付きました。
叫び、逃げようと抵抗しましたが男4人の中です、腕を掴まれ押さえられ、部屋の奥に引きずりこまれました。
「いゃー!ただ集金に来ただけですから、止めて下さい!」って何度も、この状態なるまで、訴えてたのですが聞く耳などこの人たちには全くありません。
部屋には敷き布団にシーツしかなく、レースのカーテンはされ、三脚にビデオが何台かセットされていてたと思います。
私はその人達に布団の上に投げ倒され、両脇に一人一人が腕と肩を押さえて一人が私の上に跨り、胸を揉まれだしました。
・・・スーツの上着はすぐに肌蹴けて、薄手のブラウスからは覗く下着を見て、「人妻っ・・人妻っ・・いいー、・・色っぽいぜぇ~・・」って跨っている人が言うと。
「一番最初は、俺が楽しむんだから行き過ぎるなよ」って、玄関での男の人が、下半身だけ裸で私の顔に近づけて顔を横に向けられ、アレを口に強引にねじ込んでよこしました。
その間には、ブラウスの前を開き、キャミとブラをずらし舐めまわし、揉まれ、スカートは捲り上げられストッキング(先程の会社で替えたばかり)をビリビリと破き、ショーツを脱がし残りの人たちの指でいじられ、私のアソコをいじっている人が、「クチョグチョだぜっ、この人妻の”○ま○こ”」「綺麗に見えてもエロ妻!」「早く、してくれ~!」って、私の口にアレを入れてる人に急がさせては指をズブズブと出し入れされてました。
「こいつフェラ下手だぜっ、人妻?新妻?」「さ~て犯るか」って口から抜き取ると、強引に私のアソコに入れて来ます。
「いゃ~、ダメダメっ、・・・あっ・・あっ」っと抵抗しつつも、反応せずには・・・「いや?いや?」「中は最高だぜ!」「生はいい~生は~」 って、激しく腰を振り、突き上げて、ただ欲望を出す事だけに向かってます。
「いゃ~、ダメダメっ・・・あぁぁぁ・・・中はっ・・・中にだけはっ・・・出さないでっ・・・・あっ、、あぁぁ・・・」と叫びました。
若いだけあり、腰の振りは激しく私はただただ「いゃ~、中はっ・・・中にだけは出さないで」と何度も言ってました。
「生は感じるぜ~・・・・奥さん・・・ほれっ・・うっ・・・いい気持ちじゃないかい?・・・・」私はただ・・「うっ・・うっ・・はぁっ・・いゃぁっ・・・」「中には~・・・・いゃぁぁぁぁ・・・」って言ってました。
そして私を犯してる男は、ズンズン押し込むように奥へ奥へと腰を押えこんで・・「二週間溜めたのを・・・たっぷりと濃いのを・・」「いけぇぇぇぇ~」と言うと間もなくそのまま、私の膣の中で出していきました。
私は「いゃぁぁぁ・・・・」と絶叫してました。
男のそれは、長く中でビクンビクンと動いてました。
中に出その男に精子を沢山沢山出されました。
そして、順番待ちの人に交代され、その人は、「おいっ・・出で来ないぜっ・・」「お前かなり濃いのを出したな・・」って笑いながら、また犯されるのです。
今度は残りのブラウス・スカートを脱がし、下着だけにされて・・「オラッオラッ!・・・お次の物だぜっ・・・」「いゃぁぁぁぁ~・・」と言うのも空しく、ズンズンとアソコに入れられ、激しく突かれました。
残りの二人は待つのが長く感じてか、私の耳を舐めたり胸を揉みまくり、舐めまわされ、下腹部では突かれていて、アチコチが敏感になっていて、もう意識が無くなりかけました。
「あっぁっ・・・うっ・・うっ・・・あぁぁぁん・・いゃぁぁ~」絶叫した時に、二人目の男にも・・・中に・・・・そして残りの人達にも・・・全裸で気が付いた時には、抱きかかえられ、下には洗面器があり、アソコにチューブで洗浄をされてました。
洗面器には、白いドロドロとした物が溜まってました。
直ぐに服を着る事を言われ、カバンを開けるとショーツとストッキングの替えがありました。
そして、車に戻り・・・「疲れたのかい?まだ3件あるんだぜっ」と言われ、次の所に向かいました・・・・残りの所は、一人でしたが・・・・行くところで・・犯されて・・・必ず生のままで行為で、当然のように中に出されました。
全部終わった時に、アルバイト料とお金を渡されました。
「まぁ・・今日だけだから・・ありがとさんなっ!」と、自宅近くで下ろされましたが。
もう、悪夢としか・・・・・[体験告白][レイプ][人妻][フェラチオ][巨根][生挿入][中出し][輪姦]