今日は割と早く帰れて良かった。
なかなか観られなかった、あのDVD観よう…。
そんなこと考えながら、自宅マンションのエントランスを抜けて、エレベータにむかう。
一人暮らしの私にはちょっと家賃は高いけど、セキュリティのしっかりしたマンション。
前のアパートはよく下着も盗まれたりしたし、夜遅く帰ってきてほっと出来るんだから、ここに引っ越してよかった。
エレベーター、上へのボタンを押してしばらく待つ。
ああ、また上の階へ行ったままなんだ。
降りる時には、一階ボタンを押してよね、もう。
家賃高めのマンションのせいで、入居者は中高年夫婦も結構多い。
おじさんおばさんって、マナー知らない。 やっとドアが開いて、中に進んだ時、急に30歳前後の男が一緒に乗り込んできた。
え?さっき立ってた時、この人に気づかなかった…離れて様子を伺ってたの?どきっとしたが、男はさっと最上階のボタンと『閉』ボタンを押す。
ドアがごとん…と音を立てて閉まった。
ドア近くに立った男は、顔を半分こちらに向けて、『何階ですか?』と聞く。
『…2階です』嘘、本当は7階だ。
嫌な予感がする、早く降りよう。
男が『2』を押そうとしないので、私はできるだけ男に近づかないようにしながら手を引き伸ばして、ボタンを…その途端、男が私の腕をつかんだ。
『2階じゃないよね?7階でしょ?』そのまま腕を後ろに捻られてしまう。
『痛いっ…』痴漢!?エントランスはオートロック式だし、管理室もあるのにどうやって入ったの!?気が動?しつつ、そんなことが頭をめぐった。
でも今は早く逃げなきゃ!誰か、乗ってきて!ちらりと天井隅の防犯カメラに目をやった。
作動ランプがついてる。
管理人のおじさんは24時間いるはずだから、気づいてくれれば…!!『カメラに写ってるかな?でも、誰もこないよ。記念に撮ってもらう?』男がくっくっと笑いながら、腕を捻ったまま背後に周り、私の体を防犯カメラに向けた。
気がつくと、エレベーターは最上階に着いていた。
男はがっしりと私の両手を後ろ手につかんだまま、私の口にハンカチを捻りこんだ。
『ウン、ウグゥ…』腕がギリギリと痛む。
そのまま引きずられるように廊下を歩かされ、屋上へと続く階段を男と登る。
男が屋上へ続くドアの鍵を開けた。
この男、鍵まで手に入れて…!ドアが開くと、生暖かい夜の風が剥き出しのおっぱいにあたる。
男は再びドアに鍵をかけ、『来いよ』と金網フェンスまで私を引っ張っていった。
私の両腕は頭の上で、細紐を使ってフェンスに固定される。
男は真正面に立ち、にやにや笑いながら私の全身を眺めた。
割と私の好みの顔なのに、痴漢だなんて…『どこから触ろうかなあ?』つい、と手を伸ばして、私の頬を指先で撫でる。
そのままかすかに触れる程度に、頬から耳、耳から首筋、髪の先をちょっと摘んでつーっ…と鎖骨を撫でていく。
『綺麗な肌だよね。このおっぱいの盛り上がり始めの形なんて、最高だよね』そうつぶやきながら、おっぱいの輪郭を、変わらずソフトなタッチでなぞっていく。
さっきまであんなに乱暴だったのに…嫌、こういう風に触られるの、私すごく弱い。
恐怖で硬くちぢこまっていた体の奥の何かが、ゆっくりほどけるように、溶け出すように膨らんでいくのがわかる。
アンダーバストからすすすっと人差し指が撫であがって、乳首に触れた。
『んっ!』おっぱい全体に鳥肌が立つ。
人差し指と親指が上下から、きゅう、と乳首を摘む。
そのまま何かのスイッチを入れるように、左右にゆっくり捻り始めた。
『んんん、ん、んふっ』『どうしたのかな?声がなんか雰囲気出てきちゃってるよ?見ず知らずの男に乳首いじくられて、感じちゃってるんじゃないよね?』男は余裕たっぷりで、面白そうに私の表情の変化を観察している。
と、おもむろに屈みこみ、乳首をぬぷ、と口に含んだ。
『んーーーーーーーーーーーーーーーっ!』たっぷり唾を乗せた舌で、乳首を転がすように舐りまわす。
と思ったら、硬く尖らせてつんっつんっとつつく。
ちゅ、ちゅ、じゅーわっと音を立てて吸い込む。
『くっうう、くう、ふううう、はぁあ』フェンスに固定された腕をがたがた動かす。
天を仰ぎ、喉をさらけ出す。
そこにもべちょ、と音を立ててキスをされた。
その間も両方の乳首はこりこりといじくられてる。
『乳首だけで感じるんだ?おっぱい全体も感度がいいのか?』今度は力をこめておっぱいを揉み立てられる。
強弱をつけて。
思わず胸を張り出す。
『だいぶ濡れてきたかな?見せろよ』男の言うように、もうショーツはベタベタだった。
とろとろと溢れ出す汁は、お漏らしみたいに両腿を伝って、生足に合わせたミュールにまで届いていた。
足を閉じてもじもじと擦り合わせる度、ミュールと足の裏がぐちぐち音を立てて気持ちが悪いくらい。
その様子を視線を落として眺めた男は、『どうせならうんとエロい格好で見せてもらおうかな』と笑った。
スカートのホックを外し、足元に落とす。
ショーツは濡れてべったりと張り付き、『マンスジまでくっきりしてるよ。全然パンツの意味ないじゃん』男はショーツの脇に両手をかけ、思い切り千切った。
ビビッ!と音を立てて引き裂かれる。
続いて、反対側も。
ミュールを履いたままの左足を持ち上げ、膝をまたフェンスにくくりつける。
『ははは、すっげえいやらしいカッコ。これも記念に撮っておこうね』ポケットからデジカメを出して撮影する。
やめて、こんなとこ撮らないで…涙が出てくるけど、それ以上に、なんだか…『パカッてマンコが開いちゃってるよ。おい、まだどんどんエロ汁が出てきてる。外でこんなポーズして、嬉しいのか?エロ汁が糸引きながら落ちてってるよ』言葉で責められて、もうどうしようも無くなってきた。
益々あそこが熱くなり、じゅんじゅん溢れさせてしまう。
お願い、また触って…『こんな格好させられちゃったら、もう大声出せないね。』言いながら、男は私の口の中のハンカチを取る。
口の周りがふと涼しい。
『恥ずかしい?』『…はい…』『どうにかしてほしい?』『…してほしいです…』『自分で言うんだよ』男は私に恥かしい言葉を言うよう命令する。
違う、どうにかってそういうことじゃない。
解いて欲しいということ…と思うのに、私は言われるまま口にする。
『わ、わたしの、オ…マンコは、触って欲しくて涎を…垂らしてます…オマンコに…指をつっこんで、かき回してください…お願い…しま、す…』消え入りそうな声でおねだりしてしまった。
男は満足そうに私の足元にしゃがむと、人差し指と中指をあそこにゆっくり差し込んだ。
『あん…』そのまま、指を立ててブイサインを作るようにする。
くい、と孔が拡げられる感覚。
指で拡げたり閉じたり。
『パクパク欲しがってる。でも、結構締まるみたいだね。楽しみだな』そう言いながら、今度はもう片方の手でクリを引っ張ったり剥いたり。
オマンコの中の指は、鉤状になってそっと肉壁をこすりたてる。
、『あぁっ!あ、あふう!!くぅ、いやぁん』『クリは弱いんだね。うわあ、指がドロドロだ。きれいにしてよ』立ち上がった男は、二本の指を私のだらしなく開いてしまった唇に突っ込んできた。
自分の愛液を舐めさせられる。
屈辱的なはずなのに、私は鼻をならしながら、ミルクを欲しがる子犬のように音を立てて男の指をしゃぶった。
言われもしないのに、フェラをするように指を吸いたて、舌を絡ませる。
『こんな風にされてる男に奉仕できる女なんだね。変態だな。変態女』言われて、また涙が出てくる。
でも、止まらない。
再び男がしゃがみこみ、舌をあそこに這わせてきた。
『!!ぁあああああ!はぁん!やああ、あはあぁ!』ちゅう、じゅ、じゅじゅっ、とすすっているかと思ったら、しゃぶりつくように顔を左右に揺すりながら舌をこすりつけてくる。
『あああっ、やだ、いや、だめぇ、だめ、いちゃうう!!』全身をがくがく震わせて、泣きながら私は逝ってしまった。
逝ってもしばらく男は舐め続けていた。
もう音は立てず、左右の肉襞を丁寧に唇で伸ばしたり、静かに孔の中に硬くした舌を抜き差ししたり。
『う…うううう…』ぼんやりと暗い空を見上げて、もう身を任せるだけ。
いつのまにか立ち上がった男は、膝の紐を解いた。
夜の空気にさらされて、少し冷たくなったお尻を抱えて引き寄せる。
痺れてしまった左足を、自分の腰に絡ませた。
ゆっくり、とても熱い塊がオマンコの入り口に当てられる。
『どうする?』あてがったまま、男は私の耳に囁いた。
『…入れて…下さい。欲しい…です、おちんちん、入れてください』それでも動かないままの男に、自分から体重を預けるように腰を落としていった。
ぬちゃ、と小さな音がしたけど、両腕は縛られたままなので、これ以上入れられない。
『んん…』もどかしくて、左右に腰を動かしていたら、勢いよく男が入ってきた。
『はうっ!!!』大きい!思い切り押し上げ、奥に強く当たってくる。
そのまま、力いっぱい腰を叩きつけられた。
『はうっ、あんっ、あっ、やっ、い・や、くぅっ、助けて!』『まだどんどん溢れてくる、レイプされて死ぬほど感じてんのか、ええ!?』荒い息を吐きながら、ますます腰を密着させ、片手でおっぱいを揉みながら、私のお尻を抱え上げた。
私も両足を男の腰に絡みつかせる。
ぐちゃっぐちゃっぐちゃっずぷんずぷん…なんて音立ててるんだろう、私。
随分長い時間突き続けられて、男が果てたのは私が3回も逝った後だった。
解放されて部屋に戻って、次の日は会社を休んだ。
忘れたいような、もう一度犯されたいような思いを抱えたまま、出社を決めた朝。
エントランスを出たところで、掃除をしていた管理人がこちらを見た。
『!!』その男は・・・あの夜の…『あ、管理人さん~、うちの駐車スペースに落書きしてあるのよ~』時々見かけるおばちゃんが、その男に声をかける。
『わかりました、見てきますね。』『あなた、前のおじさんよりもマメだから、助かるわあ♪』おばちゃんが笑う。
『…これから、よろしくお願いしますね』男が私の目をまっすぐ見つめて、口元だけで笑った。
[体験告白][レイプ][マンション][指マン][生挿入][痙攣]