「あの子だ・・・」

横浜から東京行きの満員電車に乗ると、俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。

彼女は昨日もこの電車で見かけた。

品川駅で下車し、山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたので、おそらくS女子大に通っているのではないかと思った。

彼女は白い薄手のブラウスに紺のフレアスカート姿といった清楚な服装で、身長は155cmくらい。

乳房は良い形に隆起し、ウエストは細くお尻はやや大き目でとてもそそられる体つきだ。

スリーサイズは84-56-88といった感じ。

フレアスカートから覗いているストッキングを穿いていない生脚のふくらはぎや、締まった足首の白い肌が艶めかしい。

髪は後ろで結ばれていて顔やうなじも抜けるように白い。

(今時こんな清楚な雰囲気の子がいるとは・・・)

無性に抱き締め手篭めにしたくなるような雰囲気の彼女を見てるだけで、俺の股間は既に勃起し膨らんでいた。

まず様子を見ようと、勃起して膨らんだ股間を彼女のお尻にそっと押し当ててみた。

嫌がる様子はまだ無い。

彼女のお尻はとてもふっくらした感触で気持ちが良い。

これだけで俺のペニスはもうビンビンに怒張していた。

俺はもう少し強く股間を尻に押し付けてみた。

彼女は少し表情を固くしたようだったが特に抵抗はしなかった。

(これはいけそうだ!)

そう思った俺は彼女の腰を軽く抱いてみた。

彼女は少しピクッと反応したが、努めて平静を装い、固い表情のまま外を見つめていた。

俺はさらに尻や腰全体を撫で回し、両手でしっかり腰を抱き寄せ、硬く膨らんだ股間をグイグイと尻の谷間にめり込ませた。

彼女は困ったような表情で唇を噛み締め、身体をよじらせた。

俺は股間を尻に押し付けながら胸に手を廻すと、ブラウスの上から乳房をゆっくりと揉み始めた。

彼女の乳房はとっても弾力豊かで、大きさも手の中に納まるくらいで丁度良く揉み心地も最高だ。

彼女は目を閉じて恐怖と恥ずかしさにじっと耐えていた。

俺は右手で乳房を揉みながら、更に左手で薄手のフレアスカートの下から手を中に入れ太ももを撫で回した。

彼女の太ももはムチムチして最高の肌触り。

手が太もも内側から脚の付け根に向けて這っていき、パンティの股間部分に到達すると割れ目の部分を指で押すようになぞった。

「んっ・・・うっ・・・んっ・・・」

彼女は目を閉じたまま唇を半開きにして悩ましげな吐息を吐きながら、必死に恥辱と快感に耐えていた。

さらに興奮した俺はパンティの上から手を入れ彼女の割れ目に指を這わせた。

彼女の陰毛は薄く割れ目は既に濡れていた。

濡れている割れ目に指をヌプリと沈めると彼女は、「んっ」と呻き、たまらなそうな感じで両脚をくねらせた。

(入れたい・・・!)

彼女の中に入れたくて我慢できなくなった俺は、ズボンのチャックを下ろし、硬直した肉棒を取り出した。

俺は彼女の白く小さい手を取り、ビクンビクンと脈打っている太いペニスに導いて無理やり握らせた。

彼女はびっくりして手を引っ込めようとしたが、俺は彼女の手首を掴んだままペニスをしごかせた。

まだ男性経験の無さそうな彼女は、泣きそうになりながら小さな掌に収まりきれないほど太すぎる俺のペニスをしごいた。

しごかれたペニスが極限まで膨張したところで、俺は彼女のフレアスカートと白いスリップを腰の所まで捲りあげ、白いパンティを脱がそうと手を掛けた。

彼女はパンティを手で押さえ首を振りながら抵抗した。

俺はその手を払い、パンティをゆっくりと膝の上まで脱がし、彼女の脚の間に膝を割り込ませて脚を開かせた。

そして後ろから彼女の腰をしっかりと抱きかかえ、割れ目にペニスを押し当てズズッと挿入した。

彼女は微かに、「うっ」と呻いて顔を歪め唇を噛み締めた。

しかし彼女の膣はとても狭く、亀頭部分から先はすぐには入らず、俺は太くて長いペニスを少しずつ、ズッズッと押し込んでいった。

ペニスが奥に進むたびに彼女は小さく、「うっ」と呻いた。

余りの膣の狭さに、(やはり処女だな!)と確信した。

彼女はなすすべも無くドアの手すりに掴まって、白く美しい両脚を懸命に踏ん張らせ、唇を噛み締め痛みに耐えていた。

ペニスが膣の奥に到達するまで彼女はじっと息をこらえていた。

膣の奥までペニスの先端が到達して俺の腰の動きが一旦止まると、彼女は大きく熱い息を吐いて涙を流した。

その時に電車は川崎駅に着いたが、俺と彼女がいる場所は出入口と反対側のドア付近のため全く人の動きは無く、停車している間俺は、ペニスを挿入したまま彼女の体を抱き締めてじっとしていた。

彼女も目を閉じてじっと時が過ぎるのを待っていた。

川崎駅を発車すると俺は再び乳房を揉み始め、ムチムチの太ももを愛撫しながら電車の揺れに合わせてペニスをゆっくりと出し入れして、良く締まる彼女の体を堪能した。

彼女はペニスが動くたびに痛みで顔を歪め両脚を踏ん張らせた。

彼女の膣内はとても温かくてキツく、肉壁がペニスに絡みつくように良く締めつけた。

こんな気持ちの良いセックスは初めてだ。

彼女のムチムチの体の感触と膣の締まり具合が余りに気持ち良すぎたため、俺は思わず「うっ」と呻いて彼女の膣内に、ビュッビュッドクッドクッドクッと、すごい勢いで大量の精液を放出した。

膣内射精された彼女は驚愕の表情を浮かべ、涙を流した。

彼女にとっておそらく初めてと思われるセックスが終わると、俺は一旦ペニスを抜き、膣から流れ出てきた精液をティッシュで拭き取ってやった。

暫く彼女の乳房を揉んでから俺は、処女喪失と中出しのショックでぐったりしている彼女の手を取りペニスを握らせしごかせた。

彼女の小さい白い手で握られしごかれたペニスは、あっという間にカチカチに怒張してきた。

電車が品川に着くまでにはまだ十分時間があったので、俺は彼女の脚を開かせて腰を抱きながらペニスを膣にズッズッと挿入した。

中出しのショックで全く無抵抗になっていた彼女は、「うっ」と呻いて手すりをグッと握りしめ両脚を踏ん張った。

精液のおかげでさっきより少し滑らかになったが、相変わらず気持ち良く締めつける膣内にすぐに出さないように注意しながら、俺は電車の動きに合わせてペニスを出し入れし続けた。

彼女もさっきより痛みは少ないのか、口を半開きにして目を薄く開け両脚をガクガクさせていた。

やがて電車が品川駅に近づいてきたので、俺は彼女の体をしっかりと強く抱き締めて、彼女の体内に大量の精液をビュッドクッドクッと勢い良く放出させた。

満員電車内で痴漢に処女を奪われた上に、2回続けて膣内射精までされた彼女は俺の腕の中でぐったりしていた。

連続中出しを終えて満足した俺は、膣からペニスを抜いてズボンの中に納め、彼女の下着と衣服を元に戻した。

電車が品川駅に着くと俺は、放心状態ですっかり無抵抗になった彼女の手を引いて歩き出し、山手線へ乗り換え五反田で降り、駅近くのラブホテルに連れて行き、彼女を一日中何度も何度も犯した。