昔、勤務先の社員旅行であったエッチな体験談です。

その時に勤めていた会社は、社員数が300人位の会社でした。

男女の比率が6対4位で、男性の方が多いのですが、比較的女性も多い会社でした。

そんな会社なので、合コンと言う訳ではありませんが、週末には社内の違う部署の方と飲み会がある事がありました。

何回か飲み会を重ねていると、今年の新人の中に“童貞の巨根”がいるという噂を耳にしました。

私はそれを聞くと、ちょっとドキッとしてしまいました。

その時は20代半ばでしたので、(年下の男の子もいいかも!)って思い始めた時でした。

話によると、出張で一緒になった男性社員が、一緒に風俗に行った時に見たらしいのです。

その風俗はピンサロと言っていましたが、暗い所で、個室ではない所で口だけでするらしいのですが、隣にいた新人君の方から、女の子が『こんなの無理ですよ』と言っていたので、良く見てみると、500ミリのペットボトルがあったそうなんです!

皆、「うそーーー」とビックリしていましたが、私一人で興奮していました。

男性社員の話では、『女の子と話をするのが苦手で、良い男なんだけど、彼女が出来なかった』らしいのです。

私は何とかお話してみたいと思ったのですが、チャンスはありませんでした。

そんな話も忘れかけた年末に、社員旅行がありました。

参加社が多いので、毎年箱根の旅館を二つ貸し切って行っていました。

当日、男性のほとんどはゴルフに行き、女性陣は早めに行って温泉でゆっくりしていました。

そして宴会が始まりました。

宴会は旅館が二つで半分に分かれてしまうので、部署に関係なく、くじ引きで、シャッフルされて行います。

安易に席決めをすると派閥的な問題でうるさく言う人が居るみたいでした。

私も最初は知らない人ばかりで、盛り上がりに欠けましたけど、すぐに打ち解けて、逆に知らない人同士の方が盛り上がりました。

私の飲んでいたグループは主に10人位で固まっていましたが、その内の一人が例の“童貞の巨根君”の話をし始めたので、私も思い出しました!

その時はお酒が入っていたので、妙にドキドキしてしまいました。

するとその男の人が、「あいつどこ行った?」と、その童貞君を探し始めました。

どうやらこっち側の旅館にいるみたいです。

そして、「おい、滝沢、こっち来いよ!」と呼ぶと、浴衣姿の若い男の子が現れました。

ブサイク系を想像していたので、意外にかっこ良くてビックリしました。

そして滝沢君を呼んだ男の人が、「お前チンコ見せろよ」と言うと、恥ずかしそうに、「無理っす、それは無理っす」と赤くなっていました。

でも、男の人が無理矢理浴衣を広げて、パンツが一瞬見えたのですが、アソコの膨らみが凄かったんです。

私は一緒に笑っていたんですが、内心はドキドキでした。

そして、(何とかあの男の子を食べてみたい)と思い始めました。

それから滝沢君は私達のグループに入って飲むようになりました。

私もどんどん自分から話し掛けていきましたが、やはり私達女性が話し掛けると、返事をするのがやっとで、全然話が出来ないようでした。

宴会が終わると、その後は各々勝手に2次会をするみたいで、旅館周辺の施設や旅館内の施設へバラバラになって移動していました。

私達も大きなカラオケパブみたいな所に移動して、カラオケをしながら飲みまくりました。

私もかなり酔っぱらって来て、どうしても滝沢君を味わってみたくなったので、滝沢君に「歩けなくなったから」と嘘をついて、部屋に送ってもらいました。

部屋に入ると、私はすぐに布団に倒れ込んで、「滝沢君、お水買って来てー」と言いました。

滝沢君が部屋を出ると、私はブラジャーを外して、見えるような場所に置いておきました。

そして浴衣の帯を緩めて、脚を露出させときました。

私はGカップあるので、浴衣を緩めた時点で、おっぱいがほとんど露出しそうになってしまいます。

横向きに寝て、なるべく谷間を作って、滝沢君が来るのを待ちました。

滝沢君が帰って来て、水を貰いましたが、明らかにブラジャーに目がいっていました。

私は酔っぱらったふりをしながら、ゴロゴロしながら滝沢君と少し話していました。

やっぱり滝沢君は私の谷間をチラチラ見ていました。

私は話の途中に眠くなったフリをして、寝てみました。

寝返りをする感じで、浴衣をドンドン乱れさせました。

胸はほとんど露出して、乳首を隠す程度で、下はパンツが見えていると思います。

しばらく様子を見ていると、滝沢君は部屋を出て行かないで、私の後ろに回りました。

後ろからは、お尻に食い込んだパンツが良く見えていると思います。

私は滝沢君の音だけを聞いていると、何かゴソゴソ動いている感じがしました。

私は少し目を開けて、ガラス越しに滝沢君を見ると、私のお尻を見ながら、自分のアソコを擦っているようでした!

私は凄く興奮してしまい、アソコが凄く濡れるのが分かりました。

ひょっとしたら滝沢君にもシミを見られていたのかもしれません。

私は滝沢君の動きが激しくなってくるのを感じて、(このままイカせてはダメ!)と思い、「うーーーん」と声を出して起きました。

滝沢君はビクッっとなって慌てて浴衣を閉じていたようですが、何も気付かないフリをして・・・。

「ねぇ滝沢君、マッサージしてくんない?」と言いました。

「あっ、えっ、ええ、分かりました」

動揺しながらも、滝沢君はマッサージを始めました。

私はうつ伏せになりながら、肩から始めて、腰の方に移動させました。

最後は太ももをマッサージさせたんですが、浴衣を少し上げるふりをしてお尻を丸出しにしました。

私は気付かないフリをしてマッサージを続けさせました。

太ももを揉ませながら、「もっと付け根の方まで揉んでよ!」っと催促すると、躊躇しながらもアソコギリギリまで揉んでいました。

たぶんパンツにはシミが出来ていたと思いますし、アソコの毛もはみ出していたかもしれません。

そうしていると、私の脚の方に硬い物が当たる感じがしました。

私はすぐに(アレだ!)と気付いて・・・。

「ちょっと待って、滝沢君・・何?何かおかしいよ!」

そう言って起き上がりました。

「あっ、えっ、何ですか?」

滝沢君はオドオドしていましたけど、私はズカズカ近付いて、滝沢君のアソコを触りました。

そうしたら信じられない位の硬い塊がありました。

「あっ、ちょっ、まずいっす」

・・・と、滝沢君は隠していましたけど。

「ちょっと私の体見てたの?変態じゃん、皆に言うよ!」

「違います、すいませんコレは・・・」と下を向いてしまったので・・・。

「じゃあソレ見せなさいよ、そしたら許すかも!」と言いました。

滝沢君はかなりビックリしていましたが・・・。

「ホントですか?皆には内緒で・・・」

そう言って、渋々浴衣を広げました。

そしたら凄い物が目に飛び込んで来ました。

すでに、滝沢君のアレがパンツから少し飛び出して見えていたんです!!!

先からは我慢汁が出ていて、私は一瞬でアソコがビショビショになりました。

私はすぐにパンツに手をかけると、パンツを下ろしました。

全部が見えると、改めて凄い大きさに興奮してしまいました。

もうそれだけで全部を征服されたような気になってしまいました。

私は我慢出来なくて、勝手に両手で握ると、我慢汁を広げながらクチュクチュと上下にしごき始めました。

滝沢君は、「ああああ」っと情けない声を出していました。

途中で唾液も垂らして、ヌルヌルの状態でしごいていると、「あああ、出ます」と言い出したので、「ダメよ!まだ!」と言って寸止めしました。

そして少し納まると、今度は口で舐めてあげました。

先の方しか口には入りませんでしたけど、根元の方を両手しごきながら舐めるとすぐに「あああ、出ちゃいます」と言い出すので、何回も寸止めを繰り返しました。

そして私は滝沢君を全裸に脱がせると、私も全裸になりました。

滝沢君はアレをビクビクさせながら、私の体に見入っていました。

私が「女のアソコ見たい?」と言うと、「はっ、えっ、はい、見たいっす!」と呼吸を荒くして言っていました。

私は滝沢君を寝かせると、アソコを手で隠しながら滝沢君の顔を跨いで立ちました。

そしてそのまま、ゆっくりしゃがんでいきました。

滝沢君は「ハァハァ」言っています。

そして隠している手をどかせ、ビッチョビチョのアソコを見せつけました。

滝沢君はメチャクチャじっくり見ていて、「なっ、舐めていいっすか!!」と焦って聞いて来ます。

私が「いいよ」と言い終わらない内に、滝沢君はむしゃぶり付いて来ました。

全然的外れな愛撫でしたけど、童貞君が一生懸命舐めていると思うと、凄く感じてしまい、すぐにイッてしまいました。

滝沢君はそれでも関係なく、もっと愛撫をしてきました。

「ちょっと、ああん、あん、あん、滝沢くん、まっ、ああん、ああん、ダメ、あああ、またイク、ダメ、イク、あああああ、イイ、イクううううううう」

童貞君に2回もイカされてしまいました。

<続く>